JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1212
経験:  臨床家
84238367
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

初めて投稿させて頂きます。 1歳のラガマフィンのオス(去勢済)です。 2ヶ月前から血尿があり受診して採血、検尿、

解決済みの質問:

初めて投稿させて頂きます。
1歳のラガマフィンのオス(去勢済)です。
2ヶ月前から血尿があり受診して採血、検尿、レントゲン、echo検査を行いましたが原因が見つからず、初めの頃は抗生物質とステロイド、止血剤を毎日内服していましたが、現在はステロイド、止血剤を毎日内服を続けています。
活気も食欲もありますが、肉眼的血尿は濃淡があったり、みられなかったりを繰り返しています。
ステロイドの内服を続けているのにもかかわらず、症状が軽快しているようには感じられず、対症療法を行うしかないと言われています。
数ヶ月同様の治療を行って治癒したケースもあると聞きましたが、このまま治療を続けて良いのか、もっと精査できる病院へ変わった方がよいのか悩んでいます。
一日も早く治癒させてあげたい!これが本音です。専門家の先生方のご意見お聞かせ下さい。宜しくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
こんばんは、ご質問ありがとうございます。 血液検査で行った項目と、検尿の項目を教えていただいてもよろしいでしょうか?
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
検尿の際に、顕微鏡で確認して血球の有無などは確認されていますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご返答ありがとうございます。
検尿は院内のテステープみたいです。私が知る限り、顕微鏡で確認している様子はありませんでした。
先生のお話では溶血している感じはみられないとのお話しでしたので、膀胱、尿管、腎臓からの出血と考えて良いかと、との事です。
データが今、手元になく帰宅しないとわかりません。申し訳ありません。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
尿中に出ている血球の形状、大きさなどは確認されたほうが良いですね。 また、腎臓などの形態的異常の可能性も考えられるので、できれば大学病院クラスの動物病院で泌尿器科の専門の先生の診察を受けられることをお勧めします。 現在の時点で既に一般的な一次診療の動物病院で行える検査は行っていますので、それらのデータをいただいて、紹介状を書いていただくことをお勧めします。 造影を行ってのCT検査やレントゲン検査、血液凝固系の検査や腎機能の検査などをまずは追加で行っていく必要があるでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご返答ありがとうございます。
血球の形や大きさ等からも考えられる疾患が違うのですね。
echoで左の腎盂が若干拡張してるような気もするとの事でしたが、だからといって血尿の直接的の原因とは考えにくいとはなされていました。
採血や膀胱へ穿刺を行った際に止血に時間がかかるような感じは無くても凝固系の検査を行った方が良いのですね。
データと紹介状をお願いして大学病院ですね!わかりました。
ありがとうございます。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
腎盂腎炎などの可能性ももちろんありますし、できれば尿を培養して抗生剤の感受性試験などを行うことも必要でしょう。
凝固系の検査に関しては、凝固に関する項目が一つではないので、それらのうちの一つに異常がある場合などは採血や穿刺時の止血には問題がなくても、自然出血などは止まりにくいなどの状況となる可能性もあります。
余程遠方などでなければ、できれば大学病院の方が色々と病院をたらい回しとならずに確実だと思います。
それではどうぞお大事になさってください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
詳しく教えて頂きありがとうございました。
若くても腎不全になり、命を落とすこともあると言われ少々落ち込んでおりました。
私自身も春には入院と手術を控えて居まして、できるだけ早く有効な治療をしてあげたいと思います。
大学病院へ紹介状書いてもらおうと思います。ありがとうございました。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
また、新たな検査結果などわかってくることがありましたらいつでもご相談ください。 飼い主様もお体にお気を付けて、無理をせずに猫さんの通院をされてください。
atlus302をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問