JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

糖尿病の猫についておうかがいします。 一昨年10月にケトン尿症を発症して気が付き、以降、はじめはランタス1単位を2

解決済みの質問:

糖尿病の猫についておうかがいします。
一昨年10月にケトン尿症を発症して気が付き、以降、はじめはランタス1単位を2回、その後2単位に変えて1年は均衡を保っていました。昨年12月に低血糖発作を起こして入院、入院中リバウンドで高血糖になったので、次の日、1単位を2回注射したそうです。その2日後にまた低血糖発作を起こしまし再入院しました。
以降、獣医先生も慎重になり、ランタス1単位をやめ、レメミルを希釈して0.2単位×2回にしましたが、血糖値が高くケトン尿症を発症して入院。1週間後に退院しましたが以降、0.4単位、でも発症、0.6単位でも発症というように1か月間、1週間入院して帰宅してまた1週間でケトン、と繰り返しています。
獣医先生は、入院中に血糖値を朝、昼、夜、と測定し、血糖値は安定していた、ときに100以下に下がるときもあるのでこれ以上は多くできないと考えて、と言われました。
ケトン尿症は一度かかると再発しやすい、ということはあるのでしょうか。
また、ケトン尿症を繰り返す原因は糖尿病以外に考えられるのでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
基本的にケトン体は糖尿病のコントロールがうまくいかない時に出るもので癖になるとかそういうものではありません。
フードは何を食べていますか?
また、再度ランタスに変更するなどの提案はないですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご連絡ありがとうございます。
食事ですが、はじめは糖コントロール食だけにしていましたが、昨年末ケトン尿で入退院をして以降、全く食べず衰弱してきたので、お医者さんと相談して、食事制限をゆるめて、その上で血糖値を上げないようにインスリン量を決めることにしました。5.5キロだったのが3.4キロまで減り、ガリガリで毛艶も悪いので、減量食はかえってよくないかも、と話しあって決めました。
質問者: 返答済み 1 年 前.
レメミルに変えたのは、ランタス1単位でも低血糖になる危険がある、という獣医師の判断で薄めて使えるので、ということでした。
猫にはランタスの方がいいのでしょうか?また、0.6単位と1単位に大きな差があるかも疑問に思っています。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
そうでしたか。
わかりました。
まずレベミルはランタスを同じではありません。
物質も違いますし、吸収のスピードや作用持続時間などは違います。
そのため、単位数も変わってきますし、どちらか片方であればうまくコントロールできるが、買えるとうまくいかないということもよくあります。
ですので、レベミルでうまくいかない場合は蘭タスに戻すことでうまくいくことも多いです。
そして一単位で低血糖のリスクがあるのであれば、0.5単位などに減らしたり、1日一回にしてうまくいくこともあります。
また、レベミルの希釈に関しては、確かに希釈してうまくいくデータは出ていますが、安定性はかなり落ちますので、希釈したものの保存はあまり長くはもちません。
そのあたりが関係している可能性はあります。
それから、糖コントロールは減量にも使えますが、あくまで糖尿病食です。
糖尿病食はダイエットが目的ではなく、炭水化物を減らして、繊維質を多くすることで、血糖値の急な増加を防いで血糖値の変動を小さくする目的のものです。
ですので、そのせいで体重が減るというよりは糖尿病のコントロールがうまくいかないせいで、糖のエネルギーが使えずに体重が減るということがほとんどです。
糖尿病のコントロールがうまくいっている子では、糖コントロールを食べていてもむしろ体重が増えてしまう子も多いです。
ですので、糖尿病のコントロールには
1.適切なインスリンを適切な量投薬する
2.食事をしっかり糖尿病用の食事にする
ということが必要です。
今現在食欲がないのであれば、食べてくれないことには闘病病の治療はできませんので、食事は後回しになると思いますが、私は蘭タスに戻してもう一度血糖コントロールをし直した方がいいかと思います。
また、インスリンの打ち方によっては、皮内に入ってしまい吸収が不安定になったり、打ってすぐにこたつに入ると吸収が速くなりすぎたりなどすることもあるので、もう一度インスリンの打ち方が大丈夫かどうか指導してもらうのもいいかと思います。
一度セカンドオピニオンを聞きに行くのも一つの方法です。
うまくいくとそちらの方がコントロールがうまくいくことがあります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
再度お伺いして恐縮ですが、ケトン尿症はくせになる、というか、一度発症すると起きやすくなることはあるのでしょうか?
1年間バランスがなんとか取れていたのに、1カ月で3回 も治っては発症しているので気になります
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
最初にお答えしていますが、糖尿のコントロールがうまくいかないと出るので、一度出ると出やすくなるというわけではなく、トイ尿のコントロールがうまくいかないと出やすいということです。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問