JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

japavetに今すぐ質問する

japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

糖尿病の猫についておうかがいします。 一昨年10月にケトン尿症を発症して気が付き、以降、はじめはランタス1単位を2

解決済みの質問:

糖尿病の猫についておうかがいします。
一昨年10月にケトン尿症を発症して気が付き、以降、はじめはランタス1単位を2回、その後2単位に変えて1年は均衡を保っていました。昨年12月に低血糖発作を起こして入院、入院中リバウンドで高血糖になったので、次の日、1単位を2回注射したそうです。その2日後にまた低血糖発作を起こしまし再入院しました。
以降、獣医先生も慎重になり、ランタス1単位をやめ、レメミルを希釈して0.2単位×2回にしましたが、血糖値が高くケトン尿症を発症して入院。1週間後に退院しましたが以降、0.4単位、でも発症、0.6単位でも発症というように1か月間、1週間入院して帰宅してまた1週間でケトン、と繰り返しています。
獣医先生は、入院中に血糖値を朝、昼、夜、と測定し、血糖値は安定していた、ときに100以下に下がるときもあるのでこれ以上は多くできないと考えて、と言われました。
ケトン尿症は一度かかると再発しやすい、ということはあるのでしょうか。
また、ケトン尿症を繰り返す原因は糖尿病以外に考えられるのでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
基本的にケトン体は糖尿病のコントロールがうまくいかない時に出るもので癖になるとかそういうものではありません。
フードは何を食べていますか?
また、再度ランタスに変更するなどの提案はないですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご連絡ありがとうございます。
食事ですが、はじめは糖コントロール食だけにしていましたが、昨年末ケトン尿で入退院をして以降、全く食べず衰弱してきたので、お医者さんと相談して、食事制限をゆるめて、その上で血糖値を上げないようにインスリン量を決めることにしました。5.5キロだったのが3.4キロまで減り、ガリガリで毛艶も悪いので、減量食はかえってよくないかも、と話しあって決めました。
質問者: 返答済み 1 年 前.
レメミルに変えたのは、ランタス1単位でも低血糖になる危険がある、という獣医師の判断で薄めて使えるので、ということでした。
猫にはランタスの方がいいのでしょうか?また、0.6単位と1単位に大きな差があるかも疑問に思っています。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
そうでしたか。
わかりました。
まずレベミルはランタスを同じではありません。
物質も違いますし、吸収のスピードや作用持続時間などは違います。
そのため、単位数も変わってきますし、どちらか片方であればうまくコントロールできるが、買えるとうまくいかないということもよくあります。
ですので、レベミルでうまくいかない場合は蘭タスに戻すことでうまくいくことも多いです。
そして一単位で低血糖のリスクがあるのであれば、0.5単位などに減らしたり、1日一回にしてうまくいくこともあります。
また、レベミルの希釈に関しては、確かに希釈してうまくいくデータは出ていますが、安定性はかなり落ちますので、希釈したものの保存はあまり長くはもちません。
そのあたりが関係している可能性はあります。
それから、糖コントロールは減量にも使えますが、あくまで糖尿病食です。
糖尿病食はダイエットが目的ではなく、炭水化物を減らして、繊維質を多くすることで、血糖値の急な増加を防いで血糖値の変動を小さくする目的のものです。
ですので、そのせいで体重が減るというよりは糖尿病のコントロールがうまくいかないせいで、糖のエネルギーが使えずに体重が減るということがほとんどです。
糖尿病のコントロールがうまくいっている子では、糖コントロールを食べていてもむしろ体重が増えてしまう子も多いです。
ですので、糖尿病のコントロールには
1.適切なインスリンを適切な量投薬する
2.食事をしっかり糖尿病用の食事にする
ということが必要です。
今現在食欲がないのであれば、食べてくれないことには闘病病の治療はできませんので、食事は後回しになると思いますが、私は蘭タスに戻してもう一度血糖コントロールをし直した方がいいかと思います。
また、インスリンの打ち方によっては、皮内に入ってしまい吸収が不安定になったり、打ってすぐにこたつに入ると吸収が速くなりすぎたりなどすることもあるので、もう一度インスリンの打ち方が大丈夫かどうか指導してもらうのもいいかと思います。
一度セカンドオピニオンを聞きに行くのも一つの方法です。
うまくいくとそちらの方がコントロールがうまくいくことがあります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
再度お伺いして恐縮ですが、ケトン尿症はくせになる、というか、一度発症すると起きやすくなることはあるのでしょうか?
1年間バランスがなんとか取れていたのに、1カ月で3回 も治っては発症しているので気になります
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
最初にお答えしていますが、糖尿のコントロールがうまくいかないと出るので、一度出ると出やすくなるというわけではなく、トイ尿のコントロールがうまくいかないと出やすいということです。
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 動物病院勤務歴6年
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    18
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    11
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    676
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    1497
    動物病院勤務歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    777
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png arinko さんのアバター

    arinko

    獣医師

    満足した利用者:

    68
    コンパニオンアニマルの臨床医療を16年しています。
 
 
 

猫 についての関連する質問