JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ネコ:ロシアンブルー(2歳8ヶ月) 1匹 ・相談内容 ここ一ヶ月位前から妻に威嚇行動をとるようになりまし

解決済みの質問:

ネコ:ロシアンブルー(2歳8ヶ月) 1匹
・相談内容
ここ一ヶ月位前から妻に威嚇行動をとるようになりました。
シャーという威嚇行動から、ひどい時はかなり凶暴で手が付けられない状態。
私には特に普通に接しています。
原因ははっきりしないが、ブラッシングでしっぽを触ったのが気に障ったかもしれません。
落ち着くと普通にしているが、空腹などが原因で凶暴になる事が多いです。
ごはんは一日朝と夕方の2回。猫缶(タンパク質が低めのもの)+カリカリを10g程度。
家の中には複数のキャットタワーと、爪とぎを用意しています。
元々他人には懐かず、知らない人が居ると同様に凶暴になる事が多かったです。
小さい頃、あまり他のネコとの交流が無かったため、社会性があまりありません。
お聞きしたいのは以下の点です。
・これらの威嚇行動を直すには?
・それらのしつけを行う事ができるかどうか?
この辺りの相談をお願いできればと思います。
ほとほと困っています。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。
回答遅くなり申し訳有りません。
まず、今の症状は時々猫ちゃんに見られるもので、おそらくその子の持って生まれた性格というか性質にプラスして何かのトラウマによるものであり、正直な確実に治す方法がないのが実際のところです。
普段は普通にしているのに何かの時に、ある特定の個人に異常に凶暴になってしまうというのが、時々猫ちゃんにみられます。
何かに恐怖心あるいは興奮するためと思えますが、それがなんなのかを特定するのは難しいです。
その威嚇行動が始まる前と後で奥様に何か変化はないですか?
なんでもいいのですが、香水が変わったとか、家で着る服が変わった、生活リズムが変わったなどなんでいいですがありますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.

こんにちは。

他の猫でも、この様な症状が出る事があるのですか。

この、他人に対して凶暴になるきっかけは、避妊手術後、

お医者さんに対して、異常に攻撃的になったのが最初だったと思います。

それでも私と妻には特に威嚇行動をとることはありませんでした。

色々考えましたが、威嚇行動の前後では妻には特に変化は無いと思います。

きっかけとしてあるかもしれないのが、ご飯をあげていても、

それで満足できずに鳴き続ける事が多く、その時に威嚇行動を

取ることがあるような気がします。

以前よりも体が大きく(現在 2.6kg前後)なったので、もっと量を

食べたいのでしょうか。

妻が猫が威嚇した時に、一度だけ逆に威嚇した事があるのですが、

それなどもありえますでしょうか?

いずれにしても、この威嚇行動を治す方法が知りたいです。

よろしくお願いします。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうでしたか。
返信ありがとうございます。
他の猫ちゃんでも時々見られますよ。
ただし、最初に言った通り、こちらは性格的なものと、精神的なものであり、簡単に治すことはできません。
まず、基本的に威嚇行動をとった時は無視をするしかありません。
その時はいわゆる「きれた」状態ですので、自分が何をしているのかわかっていません。
その時にさらに刺激を与えると逆効果です。
とにかくできる限り刺激を与えないようにしてください。
空腹がイライラを助長させるということも十分かが得られますので、ダイエットフードなど、カロリーを抑えてありある程度食べられる量が多いものに変えてもらってもいいでしょう。
ただし、空腹や刺激のみが原因ではなく、ネコちゃん自体の性質でもあるので、それだけでよくなるというものでもありません。
しばらく威嚇行動を抑えることができれば、お家では元に戻る可能性もあるので、しばらくの間、向精神薬などを処方してもらって飲ませてあげてもいいでしょう。
簡単に治るものではないので、できる限り積極的な治療を早めに相談してもらったほうがいいでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.

こんにちは。

威嚇行動時の対応については、

現在は基本的に相手にしないようにしていますが、対応をとってみます。

> しばらく威嚇行動を抑えることができれば、お家では元に戻る可能性もあるので、
> しばらくの間、向精神薬などを処方してもらって飲ませてあげてもいいでしょう。

この「向精神薬」は、動物病院で処方してもらえるものでしょうか?
いくつか種類はあるものでしょうか?

> 簡単に治るものではないので、できる限り積極的な治療を早めに相談してもらったほうがいいでしょう。

この「積極的な治療」というのは具体的にはどんなものがあるでしょうか?

よろしくお願いします。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
積極的な治療というのは向精神薬のことです。
行動療法のみでは弱いと私は思います。
それから向精神薬は動物病院で出してもらえます。
ただし、この分野はまだなかなか浸透していない分野ではあるので、電話で処方してもらえるか聞いていかれた方がいいでしょう。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問