JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

issafd3sに今すぐ質問する

issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

ここ10日間頻尿で 以前は1日一回位 しかしていなかったのですが この10日間日に5回位しています。 便は変

解決済みの質問:

ここ10日間頻尿で
以前は1日一回位
しかしていなかったのですが
この10日間日に5回位しています。
便は変わらず1日一回
食欲はあり、ドライフード
ウエットフード(いづれもロイヤルカナン)
食べていますが排尿が多い為
痩せていっている様です。
腎臓疾患でしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 1 年 前.
こんばんは。
13歳の猫ちゃんで、この10日位の間1日に5回位尿をするようになったということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
この10日間の排尿について一回の尿量は多いでしょうか?
この10日間、水を飲む量は明らかに増えましたでしょうか?
今何か持病を持っていますでしょうか?なにか薬を飲んでいるということはないでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 1 年 前.
早々にご返信ありがとうございます。尿量は少なかったり
多かったりマチマチです。
朝方の尿はアンモニウム臭いがしますが
5回目になると臭いがしません。水は二、三倍大く飲んでいます。膀胱炎かとも思い
薬をネット購入しましたが
まだ届いていないので
今現在特段飲ませていません。住まいが北海道旭川で
ここ10日間氷点下10度と冷え込んでいるのも
要因なのかとも………
部屋の温度は24度です。
専門家:  issafd3s 返答済み 1 年 前.
ご返事ありがとうございます。
ご相談者様の猫ちゃんの場合、ご心配されているような腎臓病や膀胱炎などの泌尿器疾患の可能性もありますが、年齢的、また飲水量の増加を考えますと、糖尿病のような内分泌疾患の可能性もあると思います。
できれば、病院を受診されて、尿検査や腎臓の検査をされることが望ましいです。
しかし、糖尿病かどうかを判定するだけであれば、尿中に糖がでているかどうかを調べることは、薬局にて人用の尿糖を調べるウリエースというものがありますので、それで調べてみてからでもよいです。
もし尿糖がでているということであれば、糖尿病の疑いがかなり強くなります。あるいは猫の場合慢性膵炎から二次的に糖尿病になることも多いので、より精密な検査を病院で行う必要があると言えます。それも早急にです。
尿糖が出ていない場合には、膀胱炎や腎臓病の可能性が高くなると思います。
他には可能性は低いですが、甲状腺機能亢進症のような内分泌疾患による代謝亢進の可能性もゼロではないと思います。
このように、尿量の増加や飲水量の増加は、必ずしも腎臓病ではなく、他の病気が原因のこともあり、また糖尿病であった場合にははやめに適切な治療を開始する必要があるため、病院を受診できる状況であれば、なるべく早めに受診されることが望ましいと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。助かりました。
病院に連れて行くか正直迷っていました。それでもし糖尿病という事であれば
定期的に診療しなければいけないと
思いますが、
費用は月に
どれ位かかるものなのでしょうか?
ペット保険に(2割負担)
加入しているので
通常よりは軽減されるかと思いますが……
専門家:  issafd3s 返答済み 1 年 前.
ご返事ありがとうございます。
まだ糖尿病かどうか決まったわけではないので、ご心配されるのはちょっと早いと思いますが、
一般的には、猫の糖尿病の管理は、食事療法(各メーカーで糖尿病の猫用の食事が出ています。糖尿病を管理していく上で非常に重要です)、必要に応じてインスリンの注射を1日2回すること、定期的(できれば月に1回)に病院にて血糖値を調べること、になります。
ほとんど、人の糖尿病の管理の仕方と同じです。
療法食は薬と同じなので、保険が適用されると思います。
どれくらいマメに血糖値のモニタリングをするか、などによっても費用は変わってくると思いますが、薬や検査代、食事を含めて、維持費は月に2万位かかる可能性があります。できるだけ節約しても1.5万位はかかる可能性があると思います。
また最初の検査時には血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査などをされる可能性がありますが、検査費用は各病院にて値段が異なりますので、検査が必要になったときに、主治医の先生にお尋ねされることをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
細やかな説明ありがとうございます。何度もすみませんが
万一糖尿病治療
月費用1.5万円〜2万円は
ペット保険(2割負担)
適用後の金額でしょうか?
専門家:  issafd3s 返答済み 1 年 前.
ご返事ありがとうございます。
私の猫が糖尿病で、実際に食事療法、インスリン、をしています。
ただ私の場合職業柄、ほぼ原価で薬や食事を手に入れることができます。
それでも、月にインスリン、注射針、食事代で、1万円程度かかります。
インスリンの打つ量などで多少薬代などが変わってくるとは思いますが、一般的には原価の3-4倍で販売するため、一般の飼い主様の場合には、保険適用後でも月に1万位かかる可能性があると思います。これに血液検査を月に1回するとなりますと、保険適用後でも月に1万以上はかかる可能性があるかと思います。
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験: 北海道大学獣医学部卒業
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
こちらの情報が大雑把なのに
大変丁寧に
ご回答下さり本当に
ありがとうございます。感謝致します。病院に連れて行って
結果が出ましたら
ご連絡させていただきます。重ね重ねありがとうございました。
質問者: 返答済み 1 年 前.
先程病院から戻ってきました。
本日尿検査出来なかったのですが
血液検査で血糖値が高く
ケトンはあまり見られない為
糖尿病の初期症状では無いかという
診断のもと本日は点滴治療をしました。これを数日行い
また明日持ち込み尿検査で
今後の治療法を決めて行くとの事でした。昨夜遅くにアドバイス頂けて
良かったです。本当にありがとうございます。
専門家:  issafd3s 返答済み 1 年 前.
ご返事ありがとうございます。
ご連絡ありがとうございます。
血糖値が高いため、糖尿病かもしれないということですね。
糖尿病の確定診断の方法の3要件は、尿中の糖の出現、血糖値280以上、糖化アルブミン(2週間前の血糖値を反映する、これが高いと持続的に血糖値が高いことを意味します。)の上昇、の3つがそろっていることです。
猫ちゃんの場合、採血中の興奮によって血糖値が上昇してしまうこともありますので、ご相談者様の猫ちゃんの場合は、まだ糖尿病と確定したわけではないと思います。
そのことはもちろん主治医の先生もご存じだと思います。
容態は安定しているようですので、まずは慎重に治療、検査をされてみて確定診断をされることをお勧めいたします。
お大事にしてください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。確かに今日
トラ子を診て下さった
先生もまだ尿検査次第と
お話なさっておりケトンが見られないので
一時的に血糖値が高いだけかも
しれないとおっしゃっていました。いづれにしても
点滴治療を施していただき
帰ってきたらここ数日
ぐったりだったのに
さっき元気に飛び跳ねています。出来れば今後ご相談の場合
先生に引き続きお願いしたいのですが普通に質問すると
別な先生が対応になるのですが……
専門家:  issafd3s 返答済み 1 年 前.
ご返事ありがとうございます。
しばらく(1週間位)はこの質問欄は開いていますので、またなにかございましたら、ここにご質問していただければ、お答えさせていただけると思います。
ただ、診察中であったり、その他の用事で席を外している場合もございますので、すぐに返答できない場合もあります。
そのときは、別の質問欄を立てていただき、ご質問されるとよろしいかと思います。
他の先生の場合でも丁寧にお答えさせていただけると思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
良かったです。
ありがとうございます(*^_^*)
専門家:  issafd3s 返答済み 1 年 前.
ご返事ありがとうございます。
まずは明日の尿検査次第ということですね。
お大事にしてください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
先程診察及び尿検査から
戻って来ました。結果尿に糖が出ていて
1.2.3の内、3という結果でやはりインスリン治療が必要で
あるとの診断でした。このまま特段
手を施さない方法も
あるけれども寿命が
1年持たないとの話でした。猫の一型(投薬治療可)
二型は中々判断が難しく
大抵は二型だと伺いました。いづれにしても
2/2朝、来院し
8時間お預かりで
インスリンの適合調査
していただく事になりました。先生はしきりにケトンが
出ていない事が幸いだと
言葉の端々におっしゃって
いましたが、
何ともかんともです。参考までに
血液検査及び尿検査の
結果ファイルを送信させて
いただきますので
もし補足的なご指導が
ございましたら
どうぞよろしくお願いします。
専門家:  issafd3s 返答済み 1 年 前.
ご返事ありがとうございます。
尿糖が出ているというとですね。血糖値も400以上ありますので、糖尿病になっている可能性は高いと思います。
糖尿病は血糖値の上昇が問題なのではなくて、糖の細胞内への取り込みが出来ないため細胞が飢餓状態になることが問題です。
細胞が飢餓状態になると、細胞自身の体を維持するために必要な蛋白や脂質を栄養にして自分自身の身を削るという状態になります。その時の代謝産物がケトンです。
ケトンが出る状態ですと、命に関わります。
人で言えば、収入が無くなって、家にあるものを質屋に入れて生活している状態ということです。そのうち質屋に入れるものが無くなれば、生活できなくなるのと同じです。
そのため、血中から糖を細胞に取り込ませるためにはインスリンというホルモンが必要です。
そのホルモンの分泌が減少している場合にはインスリン注射をして補給することで症状が改善することが多いです。
また、糖尿病の猫の場合、免疫力の低下などから感染症にかかっている場合(例えば膀胱炎、歯石、など)があり、それがあると炎症反応物質がでるためインスリンの効きが悪くなります。
またインスリン注射は皮下注射になるため、脱水状態があると、皮下からのインスリンの吸収が悪くなり、思ったように効かないということもあります。そのため、脱水状態を改善するために、最初のうちは皮下点滴をして水和状態をしっかり保ちながらインスリンを打つということも場合によっては必要です。
血液検査の結果からはかなり血液濃縮されていて脱水状態が激しかったことが伺えます。
点滴して元気になったのは、点滴することで脱水が改善されたことと血糖値がすこし下がったため、一時的に元気になったのではないかと思います。高血糖は自体は命に直接かかわりませんが、意識の混濁や倦怠感の原因になります。
2月2日まで、時間があるため、食事療法(m/dや糖コントロールなどの食事)を開始することや、皮下点滴をして脱水状態を改善することをなど今からでもできることをされることをお勧めいたします。皮下点滴がご自宅で出来そうだという場合には、診察のときに先生と一緒に数回練習されてから、ご自宅でされるようにするとよろしいかと思います。
また膵炎の併発などの余病がないかどうかも最初に調べておかれることをお勧めいたします。
併発疾患がありますと、インスリンの効き方にムラがでたり、場合によっては全く効果がないように見えることがあります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
細やかなご返信ありがとうございます。何となく今更ながら
心当たりがある事が
3点あるのですがここ何カ月間で
寝てる時に痙攣
みたいな様子がみられた。この夏
私自身痛風発作が
酷くなり、血圧も上昇し
猫にも悪影響があった様な
気もします。それと12月一時的に
電気毛布で寝ていた。その3点が悔やまれますが
関係無かったら良いなと
今更ながら反省しています。
専門家:  issafd3s 返答済み 1 年 前.
ご返事ありがとうございます。
何が原因なのかは、分からないこともしばしばあります。
ただ高齢になってきますと、猫の場合も、人と同じように病気がいろいろ出てきます。
糖尿病は一旦なってしまうと治る病気ではないですが、治療によってコントロールしていくことができることがしばしばありますので、治療をしっかりされることをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
先日は愛ネコの事で
熱心にご回答
ありがとうございます。今朝から血糖値
検査預かりで掛かりつけの
病院に連れて行き、
朝の血糖値が370で
9:00取り敢えず2メモリの
インスリンを注射し
12:30採血の結果
血糖値59との事でした。先生もあまりの下り過ぎに
脱水症状を十分補填すると
回復するのではとの事で
リセット出来るとの事でしたが嬉しい悲鳴でもありながら
これからの事を考えて
いられる様で今朝は愛ネコへの
インスリンの
打ち方保管の仕方
レクチャー受けたのですがお昼の血糖値の結果を受けてか急に先生が毎日インスリンも
大変なのでは?と
若干話をすり替えて
点滴通院を即す雰囲気でしたが安定する迄は
そうした方が良いのかと
思いますが模索なさっているのは解るのですが
あまりこちらに不安にさせる
言い回しも如何なものかと……(朝と昼の話が一致しない)今後、掛かりつけの先生の言う通り
させていただいて
問題無いでしょうか?今夜引取り時の
血糖値みて
当面のスケジュールを
考えるとの事でしたが、お手数ですが改めてアドバイス
どうぞよろしくお願いします。
専門家:  issafd3s 返答済み 1 年 前.
こんにちは。
糖尿病の猫ちゃんについてのご相談ですね。
少々お尋ねしたいのですが、
今食べてる食事の名前と、本日は朝何時に何グラムの食事を食べたか(与えたかではないです。実際に食べた量です。)教えていただけますでしょうか?
また猫ちゃんの体重は何kgでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 1 年 前.
今朝の測定体重は5.7kg
当初1/25来院測定体重は6.08kgでした。先生が今日の検査来院前に
十分食べさせて下さいとの事で
ウエットフード
いなば 金のだしカップ11歳を
半分35g今朝食べました。昨日一昨日は
これを1日3個づつ
食べました。掛かりつけの先生に
食べられる物を(糖尿食に限らず)
あげて下さいとの事でしたのでこちらでアドバイス受けた通りの
食事療法は行っていません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
自宅点滴についての話も先日お聞きして
即答いただけず
先送りになっています………。
専門家:  issafd3s 返答済み 1 年 前.
ご返事ありがとうございます。
朝食の量は少ないですね。また体重も減ってきていて脱水症状もあるかと思います。
そもそも猫という動物は完全肉食動物です。この事実を知っている飼い主様はあまりいません。
それに対して市販されているフードは嗜好性を重視しているため、炭水化物が中心です。
そのため、炭水化物(特に糖質)の代謝があまり得意ではない猫がこのようなフードを食べることで、過剰に太ってしまったり、高脂血症や糖尿病、慢性膵炎になってしまいます。
そのため、糖尿病の猫には良質のたんぱく質を多く含んだ糖尿病用の食事を与えることが人の場合よりも重要となります。
例えば、ロイヤルカナンの糖コントロールやヒルズのm/dを今までに御愛猫のために一度でも試してあげたのでしょうか?それで食べないということなのでしょうか?
このまま、点滴だけして糖分をどんどん体から排泄させるだけの治療を続けるようでは、体重がどんどん落ちて痩せていく可能性があります。
糖尿病の管理は、運動、食事療法、そして薬(インスリンなど)です。また糖尿病の患者様の本当の主治医は実は飼い主様本人なのです。つまり、糖尿病とは管理の仕方でそのコントロールの良し悪しがほぼ決まります。
まずは基本に立ち返ってください。
食事療法をなによりもまず試してください。そして、インスリンの話になっていきます。
まず食事療法をしてみてはどうでしょうか?
食事療法をされるおつもりはないでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
すみません時間ですが7:30です。
質問者: 返答済み 1 年 前.
主治医の先生は
あくまで食べられる物を
与える様にの事で
全く食事療法について
重要視していません。
食べないと意味が無いからとの事です。こちらで食事療法をしないいう考えでは
いませんし、
まるで相談した当方が
何も考えていない様な言い方ですね。解りました。今後はもうご相談しません。失礼します。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    18
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    11
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    676
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    1497
    動物病院勤務歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    777
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png arinko さんのアバター

    arinko

    獣医師

    満足した利用者:

    68
    コンパニオンアニマルの臨床医療を16年しています。
 
 
 

猫 についての関連する質問