JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1353
経験:  臨床家
84238367
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

はじめまして。6歳のスコッティッシュフォールドの女の子をかっています。 以前から、時々便に血が付くことがあった

解決済みの質問:

はじめまして。6歳のスコッティッシュフォールドの女の子をかっています。
以前から、時々便に血が付くことがあったのですが、
頻度が増えたように思え、獣医師にみてもらい、ウィルスがいるということで、
悪玉菌をやっつけ、善玉菌を増やすために
抗生剤と整腸剤(獣医さんにはビオフェルミンのようなものと言われました)を処方され、飲ませていました。
改善するのですが、お薬を休んでしばらくするとまた便に血がつくようになるようです。
最近は便もやわらかく、それに鼻水のような粘液に血がついたものがついたりします。
また、以前はトイレのトラブルなどもなかったのですが、時々絨毯の上に便をするようになり、調子が悪いのをうったえているのかもしれません。
食欲はありますし、走ったり元気そうにはしているのですが・・。
慢性的に症状がぶり返すので心配ですが、精密検査など受けさせてほうがいいでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。 血便が出るとのことで心配ですね。 少しご質問ですが、現在までに行った検査とその結果を教えていただいてよろしいでしょうか? また、ウイルスによるものとの診断はどのように行われましたか?
質問者: 返答済み 1 年 前.

触診・採便による検査をしてもらっていて、その際にウィルスによるもの(トリコモナスとあともう一つ名称を覚えていませんが2種のウィルスがあるといわれました)といわれました。

その際の検査の結果のコピーは今手元にないのですが、家にあるので、少し時間をいただければ添付でお送りすることは可能です。

質問者: 返答済み 1 年 前.

触診・採便による検査をしてもらっていて、その際にウィルスによるもの(トリコモナスとあともう一つ名称を覚えていませんが2種のウィルスがあるといわれました)といわれました。

その際の検査の結果のコピーは今手元にないのですが、家にあるので、少し時間をいただければ添付でお送りすることは可能です。

専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。 実のところ、ウィルスは電子顕微鏡や特殊な検査などを行わなければ特定することができないので、寄生虫および細菌の類であると思われます。 トリコモナスは原虫と呼ばれる寄生虫に分類されます。 種類によって治療法なども異なりますので、お急ぎでなければ正確な情報をいただけると幸いです。 また、検便は一度のみでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.

検査は糞便検査(染色検査と浮遊法検査)と猫下痢感染症パネル(PCR)idexx を11/7と12/5にやっています。

検査の結果は残念ながら手元にありませんでしたが2回目の時に悪玉菌が増えているといわれました。

お薬はフラジールとキューテックを処方いただきました。

専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。 12月の検査の段階では、トリコモナスは完全に駆虫できているという結果でしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.

いいえ。そのようには聞いていません。

質問者: 返答済み 1 年 前.

いいえ。そのようには聞いていません。

専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
悪玉菌がどのような種類の細菌かはわかりませんが、トリコモナスが完全に駆虫できていないような場合には、粘血便や軟便を繰り返していてもおかしくないと思います。 基本的にはフラジールがメトロニダゾールという薬剤で第一選択ですが、トリコモナスの中にはこの薬剤に耐性がありしっかりと落ち切らないようなケースも少なからずあります。 一度その他の種類のお薬として、フェバンテルなどが含まれるドロンタールプラスなどの薬剤の検討なども行ったほうが良いと思います。 検査を行うとすれば、まずは再度精密な検便を行って、同時の超音波検査をお勧めします。
atlus302をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問