JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

japavetに今すぐ質問する

japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

猫(2歳3ヶ月 メス 避妊済み)が後ろ足を引きずる症状があります。 考えられる病気・受けるべき検査のアドバイスをお願いします。 過去1年ほどの間に2度、一時的に後ろ片足(どちら

解決済みの質問:

猫(2歳3ヶ月 メス 避妊済み)が後ろ足を引きずる症状があります。
考えられる病気・受けるべき検査のアドバイスをお願いします。
過去1年ほどの間に2度、一時的に後ろ片足(どちらの足だったかはっきり覚えていません)をつけなくなりびっこを引く症状が出ていて、先週木曜日にもまた発生しました。
いずれも夜(帰宅後から就寝までの間)で、毎回じきに症状が消え、もとのように歩いたり、同じ日のうちに走り回ったりします。
びっこを引くのも、そのあと狭いところに入ったり横になったりするのでどのくらいの間が正確にはわかりませんが、見ている範囲では数分程度続き、長くとも30分以内にはまた元気に歩いたりします。(狭いところに入ったり横になること自体は普段からよくあるので異常とは感じませんでした)
先週木曜は、たっている猫の腹部を、太り具合(腹のたるみ具合)を見たくてかるく触ったら、すごく異様な鳴き声をあげて背中を丸め異様な様子で座り込みました。数十秒後立ち上がりましたが後ろ左足を床につけずにふるわせるようにしてびっこを引いて歩きました。やはりじきに普通どおりに戻りましたが、発作?の間は本当に異様な感じです。
調べようと足を触ろうとすると嫌がりますが、(普段から体に触っても平気なときとすごく嫌がる時がある猫です。それも異常のせいかもしれませんが、そうはいってもこの発作以外全く体調不良・食欲不振・便秘などは一度もありません)、嫌がられながら触った範囲では左右の感触の違いや外見の異常はありません。
一時的に足を捻った、足がしびれたなどは猫にでもあるのでしょうか。
たまたま発作が常に夜間であり、週末あるいは翌日に通院を考えるまでもなく、その日のうちに普通に戻るためこれまで通院していません。(またもしかして飼い主の気をひくための芝居ではという疑惑もあります。芝居でそこまでやるかという気もしますが、私はフルタイムで働いており日中留守番で寂しかったのに遅くに帰宅した私が疲れてかまわないために気を引きたいというのはあると思いますが。)
近所の獣医(レントゲンや超音波スキャナーはあり)に行ってレントゲンで骨折などの検査をしてもらい、異常なければそれで終わりとするべきか、最初からもっとよい病院を探して色々な検査をお願いするべきか、猫が元気なのだからこのまま様子を見るか、迷っています。近所の獣医は、前の猫のがんを見落としたり、そのほかいろいろな点であまり知識を持っていない、消毒などもいい加減でいまひとつ信用していません。明白な骨折であればそこでもわかるのでしょうが、血栓・内臓疾患・神経疾患など単純な骨折でない場合、獣医の診断能力にもかかってくるのではと思います。
かといって、そこ以外に行きつけの獣医がなく初めてのところは不安です。(前の猫の時に行ったほかの病院の先生はその病院を退職されています)。不安をあおって不要な検査をあれこれ押し付けれれたり、最悪不必要な治療をされたりしないかという心配もある一方、早期発見するべき大病が隠れていたらという心配もあります。
普段元気であることから様子を見るのもありかと思いますし、かといって発作時の異常な感じを思い出すと、早期に調べるべき大病が隠れていたらという心配もあります。
考えられる症状とその可能性、病院にすぐに連れて行く必要性の程度、病院に行くとしたら受けるべき検査や、猫に対する今後の注意点などのアドバイスをお願いします。
品種はエジプシャンマウのミックスまたは純潔種と思われます。もらう前の検査でFIV・FIP陰性です。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんにちわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
ただし、まず骨折の疑いはないでしょう。
骨折であればそのような間欠的な症状は出ません。
少し質問ですが、その発作の時に何か他に症状(体の震えや異常に敏感になっているなどなんでも良いので)はありませんか?
また一番最近病院へ行ったのはいつですか?
もしその時に何か検査をしていれば結果を教えてください。
よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
この猫は病気をしたことがないので私はこの猫を病院に連れて行ったことがありません。
発作時の他の症状はメールに書いたとおりです。
姿勢・顔つき・態度など異常な感じがするのですが、震えがあったかどうかわかりません。
猫はもともと敏感ですので、異常に敏感になっているかどうかはどうやって判断するのですか。
質問に書いたように、発作時に足を触るのをいやがるというのはありますが、普段でも神経質に嫌がることがあります。同じことをあるときは平気であるときは嫌がるというのは、猫としては普通のことです。(先生は猫のことはよくご存知ないのでしょうか)。
こういう症状は、捻挫、骨折以外にも、血栓がつまった、隠れた内臓疾患、神経異常などが考えられると思いますがいかがでしょうか。
質問者: 返答済み 1 年 前.
猫の骨折に気がつかないということはままあると聞きましたので心配していました。たとえ三本足でも猫は豹のように駆け回れますよね。だから痛い足を実際には使わずに走っている可能性はあるのではと思います。(走っている場合早すぎて見えません)
ただ、歩く場合、左前足を普通に床について歩いているのは確認できています。
質問者: 返答済み 1 年 前.
すいません。左前足は、左後ろ足でした。
普段歩くときは両足お普通につきます。
質問者: 返答済み 1 年 前.
通院経験のことですが、質問に書いたように、かかりつけの医者はなく、里親で猫をもらう前の検査ではFIV/FIP陰性でした。6ヶ月くらいのときにもらったので、約1年半以上前のことになります。もらってからは完全室内飼いで一匹飼いです。普段は完全に健康です。
質問者: 返答済み 1 年 前.
どちらかというと単純な骨折は心配していません。
というか、単純な骨折などはないということはほぼ自分でも判断がついています。外見が正常で症状がすぐに消えていますから。
何か隠れている内科的、神経的な問題で、早期発見しないといけないような重大な疾患が考えられるのか、それらの可能性(めったにない奇病難病などは心配してもあまり意味がないので)を知りたいと思っています。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
まず骨折に関しては、痛みが強いときと弱いときがあるということはありません。
ですので、普通に歩くときと足をつかない時があるというのは骨折の症状とは違います。
小さな骨の骨折ならなんとなくびっこをひくというのはあるかもしれませんが、急に強いびっこがでて、その後普通につくということは骨折ではないです。
血栓症でも、痛みが続くとか徐々に弱くなるあるいは強くなることは多いですが、症状は少し違うように思えます。
それから嫌がることに関しては、異常に敏感にである場合は話が変わってきます。
もちろん猫ちゃんが気まぐれなことくらいはわかっておりますし、病院にも猫ちゃんを数頭かっていて常に触っていますので。
ただし、異常に敏感な場合はてんかん発作や過敏性症候群などのこともあるので聞きました。
これらの病気でびっこが出ることは多くはありませんが可能性はあります。
症状から最も合致するのは関節炎ではあります。
関節炎では休んでいて、動き出した時に痛みが出やすいです。
ただし、そこまできつい痛みはでないので、それが性格的に過敏な子であるから強く症状として出ている可能性はあります。
私は様子を見ても問題ないものと思いますが、今まで一度も病院に行ったことがないのであれば一度全身のチェックはしておいてもらったほうがいいでしょう。
年齢的には少ないですが、糖尿病による神経症でも後ろ足のびっこがでますし、腎結石でも痛みが出ますので、それで痛みが出ない態勢をとろうとしてびっこというのもありますので。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。
とにかくすぐには病院に連れて行くほどではないということですね。
可能性の高いのは関節炎ということですが、若くてもなるのですね。原因はやはり外傷でしょうか。様子を見るとして特に気をつけることはありますか。(足を冷やさないとか、激しい運動を避けるとか、足にさわらないとか)
病院に行ったとして、関節炎の有無はレントゲンでわかるのでしょうか。特に優秀な獣医先生でなくても(近所のいまひとつ不安のある獣医でも)わかるものでしょうか。また、糖尿病や腎臓病の有無は血液検査または尿検査でわかるのでしょうか。
性格的には、複数の猫に詳しい人から、反応や性格が少しかわっているといわれています。
頭はよいが人間との社会性ができておらず、性格的に甘えん坊で自立心がなく臆病なところと、好奇心が強く外猫経験もないため怖いもの知らずのところが混ざり合っているようで、神経質なのか、鈍感なのか、よくわからないタイプです。しかし脳や神経の異常を疑うような異常とは素人目には思えません。もともとは猫好き人嫌いの猫でしたが、室内一匹飼いなのでだんだん私に対する依存心は強くなってきています。発作のときの猫は癲癇のような状態ではありません。前の別の猫が最後に癲癇発作を起こしたおりの感じとは別で、意識がはっきりしていて私の存在を認識しています。(だから甘えの芝居疑惑も残ります)。
医者に連れて行きたくない理由のひとつに、通院はしたことがありませんが、タクシー・列車で移動のときに、大小をたっぷりもらしまくります。
獣医さんに糞尿まみれで連れて行ったら相当いやがられますか。おむつはずしてしまうし、自分の排泄物を踏んでしまうので体も汚れて大変なのです。待合室で拭くとしても完全にきれいにはなりません。迷惑ですよね...。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
まず、関節炎は相当ひどくならないと診断は難しいです。
若くても起こることがあり、これは外傷性以外にも遺伝性のものや生まれつき関節の構造が弱いなどのこともあります。
ですので、初期だとわからないことが多いです。
それから、てんかんに関してはご存知ないかもしれませんが意識を失う全般性発作と呼ばれるものだけでなく、部分発作と言われる意識の消失やけいれんを伴わない発作があります。
これは通常一般的にイメージするてんかんとは違うのでてんかんと思わない方も多いみたいですが、てんかんの一形態です。
具体的には体の一部がピクピクするとか、急にぼーっとして動かないわハエ追い行動と言って何もない空中をかむ動作や気にする動作などがみられます。
そういったものでびっこがでてくる可能性もあります。
糖尿病は、血液検査か尿検査、腎結石はエコー検査でわかります。
猫ちゃんで怖がっておしっこうんこを漏らしてしまう子はたまにいます。
それでもそのようなことは獣医師であれば理解していますし、それで診察したくないということはないので、やはり私は一年以上健康診断などしていないのであればしておいてもらうことをお勧めします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
「それから嫌がることに関しては、異常に敏感にである場合は話が変わってきます。」ですが、症状の出ているとき(数分間程度)の間は、触られることを異常にいやがります。逃げていくのでそれ以上おいかけまわしません。するといつのまにか普通に戻っているという状況です。そのときの様子があまりに異常なので、また何度か繰り返しているので気になりました。
あと、てんかんの場合の注意点・危険性はどうでしょうか。
ただ、体の一部がピクピクするとか、急にぼーっとして動かない、何もない空中をじっと見るというのは、これもどの猫も多少はやることだと思います。頻度や程度の問題で、特にうちの猫がそういうことがひどいということはありません。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
てんかんの症状はあくまでも例です。
それらをするからてんかんというわけではないですが、てんかん発作にそういう症状を示すことがあるという例です。
びっこや過敏な状態がてんかんから引き起こされている可能性があると伝えたかったのです。
てんかんに関してはそれ自体命に関わるものではないですし、ひどくなければ様子を見ても問題ないものです。
そういった部分発作から全般性のけいれん発作になることがあるので、注意してみておいてください。
全般性発作でもいきなり止まらない発作が出ることは稀ですので基本的には自然に発作は止まります。
ひどくなってこれば薬が必要です。
質問者: 返答済み 1 年 前.
もうひとつお願いします。
腎臓のエコー検査は
近所の獣医で前の猫を腹部超音波で膀胱チェックしたときは10秒以下でOKといっていました。
その後別の病院で癌の転移を調べるために腹部超音波したときは30分かかりました。
また自分の病気で腹部超音波では10分程度。
(いずれもスキャナで検査している実働時間です)。
それは調べる部位と目的によりそれぞれそんなもので妥当なのでしょうか。
あとから、近所の獣医の先生の検査は簡単すぎるような気がしました。
一方30分は、別の日時を指定され、検査室に若い人を大勢入れて検査していたので教材がわりに必要以上に時間をかけて教材がわりにされたのではという疑念がありもしそうだったら猫が不憫(なくなっているだけに)と思っています。
質問者: 返答済み 1 年 前.
腎臓の異常を調べる場合のスキャン時間の平均的な長さも教えてください。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
腎結石の有無なら、暴れたり毛が邪魔にならなければ2.3分もあればできます。
ただし、がんの転移などを調べるのはそれなりに細部まで見ないといけませんのである程度時間がかかるのは理解できます。
それから、エコーの性能がいいと尿管結石を見つけることもできますがそれにはかなり時間がかかります。
一般的な腎結石だけであれば5分かからないと思います。
毛刈りが必要になる場合はもう少し時間がかかるかもしれません。
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 動物病院勤務歴6年
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
どうもありがとうございました。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    18
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    11
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    676
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    1497
    動物病院勤務歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    777
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png arinko さんのアバター

    arinko

    獣医師

    満足した利用者:

    68
    コンパニオンアニマルの臨床医療を16年しています。
 
 
 

猫 についての関連する質問