JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

初めまして。 うちの13歳になるメス猫が甲状腺機能亢進症になりました。 わかった原因は急に痙攣を起こして嘔吐し急いで病院に連れて行き検査をした結果 肝臓の数値が異常に悪いと言

解決済みの質問:

初めまして。
うちの13歳になるメス猫が甲状腺機能亢進症になりました。
わかった原因は急に痙攣を起こして嘔吐し急いで病院に連れて行き検査をした結果
肝臓の数値が異常に悪いと言われました。
GOT 250 GPT 1000以上(測定不可) ALP 359と診断されました。
朝に薬を飲むようにと出され今日、一週間後来てくださいと言われていた再検査でした。
食欲もあり元気に見えていたのでもしかしたら良くなっているのではと期待をしていたのですが
数値も前と変わらず、血液検査の結果甲状腺機能亢進症とわかりました。
朝晩に薬を出されましたが、苦いらしく泡を吹いたりする猫もいると聞き不安で仕方ありません。
副作用もあるみたいで、猫にとって何が幸せなのか考えていると涙が止まらなくなってしまいます。
また、病院から帰ってきた今日一週間ぶりの痙攣を起こしました。
だいぶ悪い状態なのでしょうか?
また、どうすればよくなるのでしょうか?
どうか、教えていただきたいと思いご質問させていただきました。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。
それは心配ですね。
少し情報を追加でお願いします。
1.甲状腺機能亢進症は直接的に痙攣の原因にはなりません。甲状腺機能亢進症から、高血圧などでなることはありますが、気になるのは肝臓の数値です。
肝性脳症によるけいれんというのも考えられますが、アンモニアの数値や、肝臓のエコーは見てもらっていますか?
2.甲状腺機能亢進症の治療の一つにy/dという食事療法がありますが、この提案はなかったですか?
よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございます。
一週間前の検査で数値が多かったのは
アンモニア 91とCPK 630でした。
検査は血液検査のみです。
y/dというのは初めて聞きました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
血液検査をしたときは食事からどれくらいたっていましたか?
また、エコー(超音波検査)に関してはどうですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
おそらく1時間2時間後ぐらいの検査でした。
エコー検査はしていません。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
そうですか。
そうなるとアンモニアは大丈夫そうですね。
他にCa(カルシウム)やK(カリウム)は検査項目に入っていますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
そうなんですね。ありがとうございます。
平均値より高いのですがアンモニア91は大丈夫なんでしょうか。
カルシウムは10.6カリウムは3.9です。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
アンモニアは若干高めですが、食後1~2時間でそれくらいの数値であれば、けいれんを起こすような数値ではないと思います。
ただし、けいれんのタイミングが食後2時間以内に毎回起こるようであれば再度アンモニアの測定は必要です。一回の検査だけでは引っかからないこともあります。
その時は高たんぱくのごはんを食べた後に測るとよりわかりますいかもしれません。
まあ、肝臓の数値は甲状腺機能亢進症以外に上がる原因はあります。
特に肝臓腫瘍なども原因になるので、肝臓の数値が高い場合は肝臓のエコーは必須と思われます。
カルシウムやカリウムも高かったり低かったりすると神経症状が出てくることがありますが、そちらも大丈夫そうですね。
そうなると甲状腺機能亢進症による高血圧が原因の可能性が高く、肝臓の数値を考えても、やはり甲状腺機能亢進症の治療はした方がいいでしょう。
お薬を飲めない子はy/dというご飯で治療することがあります。
これは甲状腺ホルモンを作る材料が少ないご飯であり、これにより甲状腺ホルモンの賛成が低下してこれだけでうまく治療ができることがあります。
これだけではコントロールできない子もいますので、その場合は薬が必要ですが、一度試してみる価値のあるごはんだとは思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問