JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

16歳のアメショウ雄です。下あご奥歯2本が口内炎、歯肉炎と診断され 抗生物質を2か月飲んでいます。 高齢なので麻

解決済みの質問:

16歳のアメショウ雄です。下あご奥歯2本が口内炎、歯肉炎と診断され
抗生物質を2か月飲んでいます。
高齢なので麻酔で歯石を取るのはすすめられないと言われました。
時々歯ぎしりをしています。痛いのかもしれません。口臭もあります。
他に治療方法はないでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
血液検査などはしてもらったことはありますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.

血液検査を言われたことがないのでしていません。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
すいません、返信大変遅くなりました。
まず、どの程度麻酔をかけての処置の必要性があるかにもよりますが、血液検査で異常がなく、心臓なども問題なければ、16歳の子でも麻酔をかけて歯を抜いたりすることはあります。
ですので、治療を考えるのであればまずは検査をしてもらう方がいいでしょう。
麻酔をかけない治療法としては
1.レーザー治療
これは無麻酔で口にレーザーを当てることで、消炎作用、殺菌作用、鎮痛作用を期待するものです。劇的な効果が出てくることは多くはないですが、少しずつ良くなってくれる子はいます。
2.消炎剤
ステロイドなどはおそらく多少であれば、効果は確実にあります。ただし、あまり高容量を長期に使いたくないものですので、短期的に使って効果が出たらやめるとか、低用量で続けていくとかの工夫が必要になります。
効果としては一番確実に出る方法です。
3.抗生剤の変更
細菌性のものの場合、口の中には嫌気性菌という比較的性質の偏った菌がいることが多く、抗生剤の種類によっては著効することもあります。
ですので、種類を変えて様子を見るのも一つです。
4.インターフェロンの塗布
インターフェロンの塗布もきくことがあるといわれており、口に塗る用のインターフェロンが出ています。
http://tckw.sunnyday.jp/id-8/id.html#previous-photo
5.サプリメント
https://donavi.ne.jp/shop/g/g9999-203597/
このようなサプリメントも出ており、効果が出てくる子もいますので、試してみてもいいと思います。
口内炎は様々な治療法があり、何かが確実にきくというわけではないですが、試してみる価値はあります。
本来は悪い歯を抜けるなら抜いてもらったほうがいいですが、リスクを冒さずに行く場合はこのような方法もあります。
私は個人的にはしっかり検査をしてもんだなければ、麻酔をかけて処置をした方がいいのではないかと思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問