JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

11月頭に野良猫を保護し飼いだしたのですが きて1か月もしず高熱で病院に行きました。 それからしばらくは元気だっ

解決済みの質問:

11月頭に野良猫を保護し飼いだしたのですが
きて1か月もしず高熱で病院に行きました。
それからしばらくは元気だったのですが1月3日あたりからまた調子が悪くなっていたので
病院にいったところ
血液の量?が40%ないといけないのが8パーセントしかないという結果と
猫エイズ・白血病にかかっていることが
検査で分かりました。
先生はいつ死んでもおかしくない
残りの人生をストレスを与えづ
ゆっくり過ごしてくださいと
いわれ終わりました
少しでも長く生きてもらいたいので
何かやれることはないでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
初めまして、質問ありがとうございます。猫ちゃんを保護して、飼われているということですねエイズや白血病に感染して、発症していると貧血などは良く起こります。おそらく生存期間にそれほど変わりはないでしょうけれども、楽に為てあげる方法として貧血で酸素不足になっているので、酸素発生装置をレンタルが出来ますからこれと酸素を充満させておくBOXを購入して酸素室を作り入れてあげると楽になるでしょうまたステロイドやインターフェロンを経口で与えると、抗ウィルス作用で少し楽になると思います悩みはつきないと思いますが、頑張って対応してあげてください
質問者: 返答済み 1 年 前.

へんしんありがとうございます。

前回高熱が出たときは全く家から出ずに

おしっこなども床でしてしまっていましたが

今回はぐったりしているのですが

一日最低一回は出ていきます。

また食事も一回の量は少ないですが

一日に何度もわけて食べます。

先生は出かけることや

ご飯をたくさん食べることも

できないはずだ言うのですが…

なのですぐに死んでしまうというのは全く想像ができないのです

トという数値は死がすぐそこにあるという数値なのでしょうか?

専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
もういつ亡くなってもおかしくないでしょう。体温が下がってきたり、動かなくなったらもう亡くなると思います
質問者: 返答済み 1 年 前.

へんしんありがとうございます。

前回高熱が出たときは全く家から出ずに

おしっこなども床でしてしまっていましたが

今回はぐったりしているのですが

一日最低一回は出ていきます。

また食事も一回の量は少ないですが

一日に何度もわけて食べます。

先生は出かけることや

ご飯をたくさん食べることも

できないはずだ言うのですが…

なのですぐに死んでしまうというのは全く想像ができないのです

トという数値は死がすぐそこにあるという数値なのでしょうか?

専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
もういつ亡くなってもおかしくないでしょう。体温が下がってきたり、動かなくなったらもう亡くなると思います
質問者: 返答済み 1 年 前.
再投稿:その他.
他の人の話が聞きたい
質問者: 返答済み 1 年 前.

わかりました。ありがとぅございます

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
代わりに回答いたします。
エイズ単体で重度の貧血が出てくることは少ないですが、白血病では時々見られます。
その場合、ステロイド剤が多少効果のあることもありますが、それらの薬のお話はなかったですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.

返信ありがとうございます

薬の話は下痢をしていると伝えたらおなかの薬はくれましたが

そのほかはなかったです。

もう手の施しようがないみたいな感じでした。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうですか。。。
確かに厳しい状況であるというのはまたガチないと思いまし、半年とか一年頑張るというのもまず不可能な可能性が高いです。
ただし、ステロイド剤を使うと調子を多少なりともあげてくれる子が多く、また、数週間いい状態で過ごせる子も少なくありません。
ステロイド剤は飲み薬でも注射でもありますが、短期的な副作用は少なく、特にしんどくなるような治療ではないので今の状況なら、やってみて損はないでしょう。
一度電話でもいいので他の病院に聞いてみて、私はステロイド剤を使ってもらうことを強くお勧めします。
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 動物病院勤務歴6年
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問