JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1212
経験:  臨床家
84238367
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

スコティッシュ8歳です。 5歳くらいから尿比重が軽く、半年に一度の間隔で検査しておりました。 11月中旬に定期検

解決済みの質問:

スコティッシュ8歳です。
5歳くらいから尿比重が軽く、半年に一度の間隔で検査しておりました。
11月中旬に定期検査の際にCre4.2と高く、BUNは正常値でした。
この頃体重が徐々に減っていたのが気になり、市販の高齢猫用のウェットフード等を時々たべさせていたので、それが原因か?ということになり、2週間後に再検査しました。
その際、尿が赤茶色く明らかに血尿という感じでしたので、2週間効果が持続するという抗生物質の注射をしました。
その際の数値はCre2.4BUN正常値内でした。
それから1週間半後の12月初旬。
朝まで元気だったのに、帰宅すると元気がなく、ご飯も減っておらず、排便排尿の形跡がなかったので、翌日朝一で病院に連れて行ったところBUN66Cre8.8と急激に上昇していました。
定期健診でのエコーでは見つからなかった腎嚢胞1センチくらいのものが1個できていました。
貧血にもなっていたようです。尿検査でも潜血++でした。
6日間の静脈点滴によりCre2.6BUN26まで下がったので退院し、週2回の皮下輸液をしておりました。
Cre、BUNともに正常値をキープしていました。
ところが2日前、元気がなく、ご飯を食べていなかったため、獣医師に相談し、昨日はご飯は食べていたものの、相変わらず元気がないので病院に連れて行きました。Cre8.7BUN74でした。
皮下輸液で様子を見ましたが、昨夜嘔吐し、食欲も回復しないので本日入院となりました。
質問
・こんなに数値は上下するものでしょうか?
・腎嚢胞ができたことによる腎臓のダメージと考えてよいのでしょうか?
だとすると慢性腎不全ではなく急性腎不全でしょうか?
・愛猫のためにできることはないでしょうか?
・数値が下がって退院後、何に気を付ければよいのでしょうか?
不安で支離滅裂かもしれませんが、よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。 腎臓の数値が高値とのことでご心配ですね。 少しご質問ですが、病院では尿比重や蛋白などの検査項目に異常はありませんでしたか? 定期検査で最後にエコーを行ったのは、11月の時点でしょうか?
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
ご希望であれば電話での対応も可能なので、一度ご検討ください。
質問者: 返答済み 1 年 前.

昨日の尿比重は1.006、蛋白は-、Ph6.5、潜血++でした。

定期検査でのエコーは11月中旬です。

専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。 尿比重もかなり低いですね。腎臓の異常は血液検査よりも尿検査に早く現れるのですが、尿比重が下がってきた時点で既に腎機能の低下が見られ、腎機能の約3/4以上が障害を受けて初めて血液検査で異常が出るとされています。この事から、5歳より尿比重が低いとのことなので、急性腎不全というよりは慢性腎不全があってその状態が悪化した、という状態であると考えられます。 腎のう胞に関してですが、恐らく腎臓に慢性的なダメージがあり腎臓の組織や構造が変化してしまったことから腎のう胞を生じたという順序の可能性が高いと思います。通常腎のう胞は急にできるものではなく、先天的にのう胞があるものの症状がないという子が多いですが、今回のように今までに無かったものが急に出現したとなると、腎臓が変性してしまっていることが原因の場合もあります。実際にどのような原因なのかは、腎臓の一部採取など猫さんに相当負担となるので、原因特定の検査はあまりお勧めできません。 根本的に腎臓の場合は、完治するものではありませんので、皮下点滴などで血中の腎数値が薄まると数値は低くなったように見えますが、決して治っている訳ではないので、頻度が少なくなってしまうとすぐに値が上昇してもおかしくありません。 定期的に状態が悪い場合は毎日~可能であれば週に2~3回の点滴を繰り返して何とか食欲低下や嘔吐など尿毒症の症状がでないような点滴の頻度を維持して治療していく方針になるのではないかと考えられます。 その他としては、尿毒素を吸着するようなお薬の投与や水素水、腎臓用の療法食などを与えてみて猫さんが好んでくれるようであればそれらを続けて行くことが理想的だと思います。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
疑問が残る点や、より詳細に回答が必用な部分があれば、こちらに返信ください。
atlus302をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問