JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

猫:元野良、MIX、女の子、2015/6月生まれ(推定6ヵ月) 外出時・就寝時は4段ケージ飼いです。 <相談内容> 避妊手術後、陰部内部より出血があり、かさぶたができ

解決済みの質問:

猫:元野良、MIX、女の子、2015/6月生まれ(推定6ヵ月)
外出時・就寝時は4段ケージ飼いです。
<相談内容>
避妊手術後、陰部内部より出血があり、かさぶたができています。
かかりつけ病院からは様子見を言われております。
関連する病気やけがなどはないでしょうか。
少しでも情報がほしいです、お願いいたします。
<経緯>
12/18夜以降絶食し、水飲みを摂取した状態で、
12/19 午後14時頃より、避妊手術(卵巣摘出)を実施。
一泊し、12/20 午前に引き取り。
術後着を着用し、安静にさせる。
<12/20~12/21>
ほとんど寝ており、じっとしている事が多かったです。
キズが痛いのか、着地に失敗する事がありました。
※カリカリは少量(仔猫用~30g)を、水は通常通り。
おしっこは初回は濃かったが、それ以降は通常通り。
うんちは初回は緑色で少量だったが、下痢ではない。
それ以降は茶色に戻っていった。
<12/22>
少し遊び始めたり、歩いたりと、動けるようになる。
術後服を脱ぐと、少し走ったり、元気になって居るように見える。
30cm程の段差であれば、問題なく移動可能となる。
カリカリは普段より少なめ(仔猫用~40g)、水は通常通り
おしっこは一日2~3回、うんちは1回、茶色で通常通り(5~7cm)
★しかし、夜、帰宅後、陰部に血のかさぶたを発見。
陰部の直径とほぼ同じ。
ウェットティッシュで湿らせてとっても、
内部よりにじみ出てくる。
おしっこの度に流れている事を確認。
陰部をしきりになめている。
<12/23>
朝、おしっこ1回→横から見た色は通常の黄色。赤くはない。
陰部をしきりになめている。
★陰部からの出血はかさぶたがあり、固まっている。
ただし、ふき取ると同様ににじみ出ている。
手術を行った病院(氷川の杜動物病院)にて、診察。
内部からの出血であると思われる事を診断。
尿路結石などの泌尿器系の影響かもしれないといわれる。
避妊手術においては、卵巣摘出である為、影響はないと思うとのこと。
→採尿を試み、持ち込んでほしい。
また、微量の出血である為、様子見をして欲しい。
<現在>
相変わらず、出血有。
夜11時頃のおしっこから、起床時の6時までの間に出来ていた
かさぶたが、直径4mm程度で少し大きくなっている。
ふき取ってもにじんでくる。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
質問者: 返答済み 1 年 前.
患部の写真を送付します(本日朝の写真)
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
おはようございます。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
詳しいご説明ありがとうございます。
文面を読む限りでは基本的には今の病院の先生のおっしゃる通りかと思います。
1.まず、避妊手術の方法として、卵巣摘出をしたのであれば、そこからの出血が外陰部の方に出てくることはまず考えにくい
2.陰部に出血がついている場合、陰部(人でいう陰唇)の部分に何か外的な傷ができて出る場合と、内側から出血して出てくる場合がある
3.今回は見た目では内側からの可能性が高いということですが、そうなると、基本的には尿道(膀胱~陰部をつなぐ管)あるいは膣からの出血が考えられます。
というのが今の現状です。
3に関してもう少し説明をすると
陰部から出血が認められるのは腎臓や尿管を含めた泌尿器と、子宮や卵巣などの生殖器がありますが、ここらからの出血では陰部にかさぶたを作って、ふき取るとにじみ出てくるということはありません。
もしそういった場所からの出血の場合は、固まっていない血として認められるか、柔らかい血餅という形で認められますので、かさぶたのような感じにはなりません。
ですので、おそらく外陰部(膣や尿道)の粘膜の傷かと思います。
実際に診ていないので100%のことは言えませんが、私は血尿などとも違うという印象を文面からは受けます。
皮膚にでいるような少し硬めのかさぶたであれば間違いなくそのかさぶたができている部分自体からの出血です(血餅は茶色ではなく真っ赤あるいは少し黒身を帯びた赤色で、グミよりも柔らかいものであり、とってもその下から血がにじむということはありません)
外陰部の粘膜の出血は基本的には外的な損傷から起こります。
一番多いのは気にしてなめてしまって粘膜が傷つくことです。
手術では通常はその場所は触りませんので、手術がそれ自体出血に関係したということはないでしょう。
手術のストレスで舐めてしまったせいという可能性はあります。
ですので、私であれば
1、なめさせないように少し大きめのエリザベスカラーを付ける
2、感染がありそうであれば(かさぶたの一部を顕微鏡で見てみて)、抗生剤を使う
3、あまりにかゆみなどが強いようであれば少し消炎剤やかゆみ止めを使う
などという方法を取るのではないかと思います。
もちろん文面だけですので、実際には診察してみないと何とも言えません。
ただし、なめさせないようにしないと治らない可能性は高いと思います。
元気食欲が出てきているのであればおっしゃられた通り様子を見ていいと思いますが、なめさせないような対応は取ったほうがいいかと思います。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
写真ありがとうございます。
やはり写真からも血餅よりはかさぶたの可能性が高いと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございます。
ご指摘の通り「かさぶた」と見え、臓器からの出血ではなさそうと伺い、少し安心いたしました。また、対処方法として、
>1、なめさせないように少し大きめのエリザベスカラーを付ける
とあるのですが、エリザベスカラーも幅15cmぐらいのものを購入して、つけてみたのですが、
「後ずさり&手ではずそうとする&歩行困難」となってしまいました。
ストレスMAXな状態でしたので、術後着のみの運用となっています。エリザベスカラー(ラッパ型)が嫌いな場合、代替案はないのでしょうか?★術後着も、病院の腹巻は股下に入る紐があり外そうとするので、添付のように変更しました。
当該猫は首輪を外す性格で、しばらくすると、猿ぐつわになってしまします。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
可愛い子ですね!
正直、カラー以外で舐めさせないようにするのは難しいです。
ハーブ系の抗菌ローションのようなものを塗るのも一つですがかえって刺激になる可能性はあります。
確かに猫ちゃんではカラーをつけると動けなる子もいますので、外しちゃってると言う方も多いです。
他にはヒッポカラーという、ラッパ型ではないものもありますが、
https://amrit-dc.co.jp/item/detail.php?id=2501
猫ちゃんでは難しいかもしれません。
今の状態ですぐになにか対処しなければならないということはないですので、これらカラーが難しければ様子を見るのも一つです。
手術や傷のストレスなどが一息ついてこれば舐めるのも落ち着いてくることもありますので。
質問者: 返答済み 1 年 前.
回答ありがとうございます。
ご紹介いただいたサイトは初めて見ました。ありがとうございます。またまた、質問なのですが、このかさぶたは、取り除いたほうがよいのでしょうか?
おしっこのたびに流れるとはいえ、フタができている状態なので・・・
どちらが良いのでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
難しいところですね。
感染があれば取り除いたほうがいいのですが感染からするものではなさそうですので、取り除くことで返って傷の治りが悪くなっているかもしれません。
おしっこが出ないということがあれば別ですが、そうでなければちょっと置いておいたほうが本人も気にならないかもしれませんね。
質問者: 返答済み 1 年 前.
かさぶたが取れたところから…ということも考えられますしね…。
飼い主のほうがヤキモキして大変ですが…、かさぶたは取り除くことはやめて、見守ります。
膿んだり、ハレたりしたら、かかりつけ病院へ相談します。それに、術後10日の12月29日が抜糸なので、それまでストレス発散をさせながら、
舐めないように注意をそらしたいと思います。今回、とくに血餅とかさぶたの違いを教えていただきありがとうございます。
不安でぐるぐるになっていたのが、少し冷静になりました。
また、念のため、採尿チャレンジして、成功したら検査をしてもらうことにします。素早い回答ありがとうございます。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうですね。
何か体調の悪化がなければそれでいいと思います。
また何かあればご相談くださいね。
喋らない分色々不安ですよね。
私を指名していただければ確実にわたしがお答えいたします。
お大事にしてください。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問