JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

18歳のアメリカンショートヘアです。腎臓病が進行し、2年近く、週に2回皮下輸液のため病院に通ってます。3日ほど前から

解決済みの質問:

18歳のアメリカンショートヘアです。腎臓病が進行し、2年近く、週に2回皮下輸液のため病院に通ってます。3日ほど前から呼吸が早く苦しそうになり、食欲もなく、ウンチも出ないので病院で見てもらったところ、心臓に水が溜まっているそうです。年齢的にも麻酔に耐えられるか微妙なところですが、それでも水を抜かないと危険な状態とのこと。抜いてもまた数日で水が溜まり、また麻酔で抜く、の繰り返しになると。点滴ももう出来ないので、腎臓の方は悪くなってしまうと。とりあえず今日は利尿薬をもらって帰ってきましたが、これからどうしてあげたらいいのか判断出来ずにいます。先生の説明も難しくよく分からなかったので、今の状態と、どうしてあげるのがベストなのか知りたいです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんにちわ。ご質問ありがとうございます。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
通常水が溜まるのは心臓ではなく、胸くう内で、胸水と言われるものですが、心臓に溜まっていると言われましたか?
また、胸水なら麻酔をかけなくても抜けることが多いですが、麻酔をかけないと暴れてしまうのでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
腎臓より先に心臓が弱ってしまったのですね、と言われたんですが、、、肺に溜まっている、と言われたのかもしれないです。曖昧で申し訳ありません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
レントゲンを撮ってみて、水があると言われました。
質問者: 返答済み 1 年 前.
血液を取るときも少し暴れるので、抑えて注射しています。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
状況からするとやはり胸水ですね。
正直猫ちゃんの胸水は利尿剤ではあまり抜けず、腎臓が悪いと脱水をして余計に腎不全を進行させてしまうことが多いです。
胸水の治療はやはり針で抜きつつ、点滴量を下げるということになります。
点滴をしたせいでの胸水だと思いますが、その場合は点滴量を減らすことでたまらなくすることができることが多いです。
胸水はとても苦しいのでまずは麻酔をかけてでも抜かないとご飯を食べるようにはならないと思います。
ですので、抜いてその後点滴を減らして様子を見るというのがいいと思います。
また、麻酔は種類にもよりけりですが確かにリスクが高いのでなしで抜けたら抜いたほうがいいでしょう。
採血よりも楽な体勢で抜けるので、暴れる子でなければ麻酔なしで抜けることも多いです。
ただし、スタッフがあまりいなかったり、慣れていないと難しいこともあるので大きめの病院で早めに相談してみるのもいいと思います。
利尿剤だけでは正直改善の見込みは低いと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
このまま水を抜かないとどのくらい持つのでしょうか?
抜いて点滴を調整してみて、それでもまた水が溜まってしまう可能性は高いですか?その都度針で抜くことになるのですよね?
どうしても、猫にあまりにもストレスをかけるなら、このままにした方がよいのかな、と迷ってしまいます。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
胸水の量によりけりですが、長くて2週間くらいだと思います。
抜いて点滴をしなければたまる可能性はかなり低いです。
ですのでかなり少量から点滴をやっていけば大丈夫な可能性は高いです。
半量以下から再度始めたほうがいいと思います。
それでもたまってしまうのであればどうしようもないかもしれませんが、単に点滴量が過量であっただけならそれでうまくいきます。
ストレスももちろんありますが、それより胸に水が溜まってくるしいままというのは結構辛いですよ。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
分かりました。
水を抜いてあげることを考えてみます。
不安で仕方なかったので、先生に教えて頂いて少しほっとしました。
ありがとうございました。

猫 についての関連する質問