JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1212
経験:  臨床家
84238367
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

12月12日に5か月になる猫(メス)を避妊手術に連れていきました。13日の翌日迎えに行って、家に帰り猫をキャリーから

解決済みの質問:

12月12日に5か月になる猫(メス)を避妊手術に連れていきました。13日の翌日迎えに行って、家に帰り猫をキャリーから出したら、右の後ろ足が付け根から動かなくなっていました。上手く歩けず、うずくまってしまいました。
避妊手術をしていただいた病院に連れていったところ、レントゲンには問題がないといわれましたが、手術を行うとき、麻酔をしたとき猫が暴れてその際に神経を傷つけてしまったかもしれないといわれました。しばらく様子を見てくださいと言われましたが、いまだに後ろ足が麻痺したままです。
段差が上手く超えられず、上手く歩けません。
このような状態になってしまったら、どのような治療がありますか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。 手術時の麻酔の注射で神経を傷つけてしまった場合には、基本的には神経は修復しないので劇的な改善は難しいかもしれません。 しかしながら、リハビリとして人の手によって足の曲げ伸ばしを行ったり、肉球に刺激を与えたりすることで、メインの神経以外の細かい神経伝達が発達して改善が見られる可能性はあります。 注射の影響などで一時的に炎症などを起こして神経が働いていないような場合は、消炎剤などの投与で改善される場合もありますので、一度ご相談されてみてはいかがでしょう?
atlus302をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。リハビリをやってみます

猫 についての関連する質問