JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

猫です。腹水です。 病院で鎮痛剤と消炎鎮痛剤をもらい飲ませていますが呼吸が苦しそうで見てるのが辛いです。 少しでも楽になる方法、いい病院が知りたいです。

解決済みの質問:

猫です。腹水です。
病院で鎮痛剤と消炎鎮痛剤をもらい飲ませていますが呼吸が苦しそうで見てるのが辛いです。
少しでも楽になる方法、いい病院が知りたいです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんにちわ。
ご質問ありがとうございます。
腹水の原因は心不全、低たんぱく血症、腹膜炎など様々でそれぞれ治療法が異なります。
原因は何だといわれていますか?
また、お住まいの地域はどちらですか?
質問者: 返答済み 2 年 前.
千葉の東金です。
猫によくある腹水と説明されダメかもしれないけどまれに利尿剤とかで腹水が消えちゃう子もいるからと薬をもらい飲み終わったころまた来て下さいとのことでした。
食欲は旺盛で朝方は凄く元気です。
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
そうですか。。
であればやはり病院を変えたほうがいいのではないかとも思います。
年齢的にはどのタイプの腹水も考えられますが、基本的に腹水がたまるというのは一過性の病気ではありません。
何らかの重大な病気を抱えているということになりますので、しっかり診断をしていかないとよくはないです。
基本的に腹水の原因の診断は腹水の性状の検査を血液検査、それから超音波検査というのが一般的です。
腹水の性状により腹膜炎がありそうなのかどうか、血液検査で低たんぱくなどの有無、超音波で腹腔内の異常や心臓の異常の有無を見ていきます。
そのお歳のねこちゃんで多い病気としては
1.心不全
これは肥大型心筋症などに伴う循環不全です。聴診と超音波検査で調べていきます。腹水の性状も重要です。
2.伝染性腹膜炎(FIP)
ウィルスによる病気で若いころから持っていて、今になって発症するというパターンが多いです。腹水と血液検査でわかることが多いです。
3.腹腔内腫瘍
肝臓腫瘍、脾臓腫瘍、胃腸腫瘍、リンパ腫などに伴う癌性腹膜炎で腹水がたまることが多いです。その場合、腹水中の腫瘍細胞の存在や超音波でしこりがないかどうかで診断していきます。
4.肝不全
肝不全による低たんぱく血症や門脈高血圧などで腹水が出てきます。腹水検査と血液検査、超音波検査などで診断していきます。
5.タンパク漏出性腸症
胃腸の吸収不全です。蛋白が腸に漏れて低たんぱく血症を起こし、腹水の原因になります。血液検査と内視鏡検査が必要です。
6.タンパク漏出性腎症
蛋白が尿中に漏れて低たんぱく血症を起こし、腹水の原因になります。毛付き絵検査と尿検査で診断していきます。
治療は
1.心臓の薬や血圧の薬、利尿薬
2.消炎剤
3.手術、抗がん剤
4.肝臓の薬や食事療法
5.免疫抑制剤や食事療法
6.内服薬や食事療法
とかなり治療内容は変わります。
必ず、しっかり診断して治療しないと逆効果になることもありますし、診断がしっかりつけばそこから数年元気に生活できることもあります。
繰り返しますが、基本的に腹水は重大な病気が隠れていることがほとんどです。
東金市だと沢村獣医科http://www.jyu-i.com/がしっかりしているとの評判を聞いたことがあります。
それから、千葉市には海浜動物医療センターhttp://www.kaihin-amc.com/という大きな動物病院もあるので、そちらにいかれるのもいいでしょう。
病気によっては薬で様子を見ていくのもいいですが、腹水に関しては治療法も予後もかなり異なるので、しっかりとした診断んが必要です。
セカンドオピニオンを受けにいかれることを強くお勧めします。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
わかりました!
ありがとうございます‼︎
16時から診察が始まるので沢村に行ってきます!
本当にありがとうございました‼︎
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
はい、そうしてください。
できれば今のお薬ややった検査内容を持っていってもらえるといいと思います。
しっかり診断や治療をしてもらえるといいですね。
お大事にどうぞ。
また何かあればご指名ください。

猫 についての関連する質問