JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

japavetに今すぐ質問する

japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

細胞診断などから線維肉腫が疑われ、更に組織細胞の為筋肉を含むしこりを取り除く外科手術をするかどうか?で悩みましたが、

解決済みの質問:

細胞診断などから線維肉腫が疑われ、更に組織細胞の為筋肉を含むしこりを取り除く外科手術をするかどうか?で悩みましたが、フェロガードプラス3のワクチンを接種していることなどからも線維肉腫である可能性が高いことから、線維肉腫の病気の治療の難しさから、今ある運動能力など奪わず、アガリペットサメ軟骨や、RXビタミンオンコサポートなどのサプリメントを与え、又癌細胞は熱に弱いということで、しこりを使い捨てカイロなどで温めて過ごしてます。
一度1.5センチくらいまであったしこりが、カイロで温めたことでなくなり
薄い硬いものが残っているような状態になり、かなりの勢いの成長が二日間くらい治まってましましたが、続けて温められなくなり、その後2〜3倍くらいの速さでしこりが成長するようになりました。しこりは、大小2個有りましたが、今確認出来るのは1個です
オンコサポート管理がきちんと出来ていなかったのか、た吐き気から飲まなくなりましたので、アガリペットと、カイロでケアーをしてますが、最近下痢をするようになりました。
食べものが合わず食事に気をつけた方が良いのか?
線維肉腫からくる症状なのか判断が出来ません。
病状が進行すると吐き気などがあるのでしょうか?
今日はかなりの下痢で軟便と水状態の下痢でした。
量は多く、色は茶色です。
又診察して頂いている先生からは、痛みはないと聞いてましたが、病気が進行すると猫ちゃんの痛みなどの苦痛はあるのでしょうか?
あるのであれば、痛みなどを和らげる薬はありますでしょうか?
しこり自体は、硬く成長は緩やかになってきてます
又診察して頂いている病院は、車で1時間くらいかかりますので、あまり体力を落としたくないので、なるべく家で過ごさせたいのですが。
私が今猫ちゃんに何がしてあげれるのか?教えてください。
急いで書きましたので、まとまった文章になっていませんが、アドバイスをよろしくお願い致します
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
おそらくご存知かと思いますが、繊維肉腫は局所浸潤は強いが転移はしにくい腫瘍です。
ですので、繊維肉腫が原因で下痢や嘔吐をするという可能性は、末期でなければ極めて低いと思われます。
ですので、それに関しては腫瘍と関係のない消化器疾患の可能性が高いです。
腫瘍がかなり大きくなり、栄養を取られてしまい悪液質などになってしまうと、下痢や嘔吐、食欲不振になりますが、それはかなり進行してからの話です。
それから、基本的には腫瘍自体は痛覚はないといわれていますが、周りの正常組織は痛覚がありますので、ある程度大きくなって正常組織を圧迫などをすると痛みが生じてきます。
痛みを和らげるためにはNSAIDSなどの消炎鎮痛剤、ステロイド剤、オピオイドなどがありますので、痛みがありそうであればそれらを使用してもらったほうがいいでしょう。
今できることに関してはやはり私は病院へ行ってもらうことかと思います。
それほど緊急ではありませんが、しっかりと胃腸のケアと痛みがあるのであれば痛みを取ってあげるのが一番でしょう。
確かに何度も通ってというのは負担になると思いますが、今の状態はお家でできることは限られていますので、一度は病院へ行き、今の状態を把握してそのうえでお薬などをもらってこないと、できることはごくわずかです。
今の時点でそれ以外に出来ることはビオフェルミンなどの整腸剤を与えること(これは胃腸の調子を整えるだけでなく、胃腸免疫を高めて腫瘍免疫を高める効果も期待できます。)くらいではないかと思います。
一度は病院へ連れていき必要なお薬をもらってくるべきかと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
昨日は、的確なアドバイスをありがとうございます。
一度先生に確認したくてチャンスを逃してしまい、あれこれ思い悩み無駄な時間を過ごすよりは、難しい病気なのなら猫ちゃんとしっかり向き合いその時間を大切にしよう。と決断して、そのままになっていた事に関して、アドバイスのおかげで線維肉腫という病気をより明確に理解出来ました。
腫瘍の部分を取り除いても、再発の可能性が高いことや、抗がん剤や放射線などでの治療での効果があまり期待出来ないことから、唯一の治療は腫瘍が出来る度に取り除くことだということはネットなどの情報から知りましたが、癌細胞の成長の経過を調べている上で、
癌細胞は時間の経過ともに倍速で加速していき、ある一定の状態になった時
他の細胞に広がっていくイメージを持っていました。
そこで私はリンパなどからあらゆる部位に転移していくイメージを持っていましたが、アドバイスで転移はないということでしたので、よりこの病気をきちんと理解出来ました。
一つ新たに質問なのですが
私自身はワクチンを接種した部位がしこりの発現箇所だと思っていましたが、再発するというのは、腫瘍と一緒に取り除いた細胞の更に奥に腫瘍の原因になるものが染み込んでいくということですか?
それとも、接種した部位周辺から腫瘍が発現する可能性もあるのでしょうか?
しこりが発見出来たのは、9月1日前後で
米粒程度でした。
フェロガードは2013の8月から毎年接種していました。
今年は2週間程度早く接種してしまいました。
部位は右の尻尾の付け根辺りです。
2014年の7月に一度意識を失い病院で診てもらいましたが、その後異常は無く様子経過となりました。
2015年8月6日深夜に2度続けて嘔吐
一瞬意識を失い(ワクチン接種は7月22日)病院にいき、その後一度血液検査をしましたが、一部あり得ない数値が出ていますが、機械にエラーが出ているので気にすることは無いということで、その際の診断では腎臓に関する数値が高く低リン、低タンパクの食事を指導され、9月1に米粒程度のしこりが発見された時に
最新の設備の整った病院を調べ、9月6日に細胞の検査をして頂きました。
その際体重は6.2キロ
今は5.7キロです。
体重は減少してますが、癌に炭水化物は良くないということで、ドライ系のおやつを控えてます。
今しこりは1センチくらいになりました。
勢いも、前ほどありません。
下痢は4日間くらい続けてあります。
その前に軽く吐くことがありました。直径2センチにならないくらいです。
吐くのは、数さ2〜3回微量であります。
今記述した内容などから、今現在どのような状態にあるのか?
考えられるアドバイスをよろしくお願い致します。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
まず、繊維肉腫はイメージとしてはしこりの周りに「足」を伸ばしているようなイメージです。
ですので、しこりを取っても周りの足の部分が残ってしまい、それが再発の原因になります。
これはしこりではなく細胞レベルでの話ですので、手術中にその足の部分を特定して取り除くということは不可能であり、とにかくできるだけ大きく切除することで「足」の部分も根こそぎ取ってしまおうというものです。
それから転移はしないわけではなく、転移はしずらいというものですので、腫瘍が製著すればそのうち転移を起こしてきます。
ただし、その大きさで転移というのは可能性は低いでしょう。
それからもともと嘔吐などがあったのであればやはり繊維肉腫以外の病気が隠れている可能性は高いですし、腎臓がさらに悪くなっている可能性も十分あります。
また、機械のエラーというのが何かわかりませんが、それが本当にエラーなのかどうかも気になります。
ですので、最初にもお子田した通り、再度しっかり検査をしてもらい、原因を追究しなければよくはなりませんし、繊維肉腫に対する治療は難しくても、繊維肉腫で調子を崩している可能性は低いので、嘔吐や食欲不振の原因の治療で状態は良くなる可能性が高いです。
原因として考えられることとしては腎不全の悪化、甲状腺機能亢進症、慢性胃腸炎、胃腸の腫瘍、膵炎、肝不全などかなり様々考えられますので、検査をしてみないとわかりません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。
明日病院を予約しました。ので、アドバイスして頂いた内容を含めて先生に相談したいと思います。
又質問を続けてお願いしたいのですが、どのように質問すれば良いですか?
又評価はどのようにすればよろしいのでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
基本的に同じ内容のご質問であれば明日蔵までであればこのまま質問していただいて構いません。
評価は今してもらっても続けて質問できますし、最後にしてもらってもいいですが必ずどこかでよろしくお願いします。
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 動物病院勤務歴6年
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    18
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    11
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    676
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    1497
    動物病院勤務歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    777
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png arinko さんのアバター

    arinko

    獣医師

    満足した利用者:

    68
    コンパニオンアニマルの臨床医療を16年しています。
 
 
 

猫 についての関連する質問