JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

8歳、室内飼いのメスのスコティッシュフォールドです。 休んでいる時、お腹の呼吸のリズムとは別に体が痙攣しています。

解決済みの質問:

8歳、室内飼いのメスのスコティッシュフォールドです。
休んでいる時、お腹の呼吸のリズムとは別に体が痙攣しています。痙攣が始まると次第にお腹の呼吸のリズムも早くなっているようです。
以前から時折、ご飯を食べた後など30分程度同様の症状があったのですが、ここ数日は午後になると継続して痙攣しています。
口の中の色にも肉球の色にも特に変化は見られません。
また、起きている時に痙攣はなく、食欲も排便も普段通りです。
何かの病気でしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
難しいところですね。
今は食後に症状が起きる感じではないですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.

今も食後に症状はあります。

食事と摂ったあと間もなく、休みはじめるのと同時に痙攣が始まり、その状態がずっと続きます。

丸まっていたり、横になっていたり体勢は色々ですが、肩のあたりからブルブルブルという感じで頭以外、全身が痙攣しています。

日中のほとんどの時間は休んでいますので、午前中と起きている時以外は痙攣しているようです。

また、昨夜の就寝時に確認したときは痙攣はしていませんでした。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
寝ているときにぴくぴくするのは正常な子でもするのですが、同時におなかの動きが速くなるというのが気になります。
食後になる場合は、肝性脳症と言って、肝臓の働きが落ちたときに、食事中のたんぱく質からできたアンモニアなどの毒物が解毒できずに体に回ってけいれんなどを起こすことがあります。
通常はもっとひどいけいれんや吐き気などが出てきますが、初期段階であれば軽いものである可能性があります。
また、慢性膵炎でも腹痛から食後にそういった症状を起こす可能性もあります。
慢性膵炎は特に症状がわからないまま進んでいくこともあります。
病的なものでないという可能性も十分ありますが、その症状がだんだん強くなってきているのであれば、血液検査や超音波検査などをしっかりしてみておいてもらったほうがいいでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.

ご回答ありがとうございました。

確かに数日前に嘔吐していましたし、数週間前にもありました。

飼い始めて8年あまりの間、嘔吐したのはそれを含めて4回ですので、どこか異常があるのかもしれないですね。

獣医さんに連れていくと死にもの狂いで暴れるので診療もままならないような子なのですが、一度、きちんと検査してもらうことにします。

お忙しいところをありがとうございました。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうですね。
一度見ておいてもらったほうが安心でしょう。
何事もなければいいのですが。
お大事にしてください。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問