JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

はじめまして、7歳の愛猫の腎不全について質問させていただきます。 普段から水を飲む量などのチェックはしていたつもり

質問者の質問

はじめまして、7歳の愛猫の腎不全について質問させていただきます。
普段から水を飲む量などのチェックはしていたつもりでした。
先月の中旬に突然嘔吐をしぐったりしていたので、病院で吐き止めの薬と念のために輸液をしてもらいました。
次の日に嘔吐はなかったのですが、食欲もなく心配でしたので、徹底的に調べてもらいました。
エコーで膀胱内に結石があること、腎臓の大きさが左右で違うことがわかり、すぐにレントゲンと血液検査をし、腎不全だと診断されました。
血液検査の結果はRBC656、Hb9.3、HCT30.6、BUN139.5、Cre9.9、K7.0でした。
次の日から1週間ほど毎日皮下輸液をしていただき、4日後にはRBC570、Hb8.2、HCT25.7と貧血になってしまいましたが、腎臓の方はBUN134、Cre6.8、K3.7と少しだけ改善されました。
そしてその日からネスプ注射を週に1回打ってもらうことになりました。
3週間後の現在は、腎臓の数値もCre2.5まで下がり(貧血の検査メインでしたのでBUNの検査はしませんでした)ましたが、RBC1235、Hb18.1、HCT56.6と薬が効き過ぎてしまいました。
病院の先生からは、年齢的に慢性腎不全だと言われておりますが、あまりにも急に症状が出ていたので、急性腎不全とは違うのでしょうか?
それから、ネスプ注射は中止した方が良いのでしょうか?
素人判断ですが、鼻や目の周りの皮膚が紅潮し過ぎている気がして、血液検査をしてもらえるように先生にお願いしたところ、多血症気味になってしまいました。
貧血も腎性貧血ではなくて、輸液して血液が薄くなってしまったのではないかと思うのです。
今現在愛猫は食欲も旺盛で、体重の減少もなく、とても元気にしております。
同腹兄弟の子も念のために血液検査をしましたが、BUN30、Cre1.6で初期の腎不全だと思うので、やはり慢性腎不全なのでしょうか?
兄弟の子の慢性腎不全を進行させないための予防方法も教えていただけるとうれしいです。
どうぞ、宜しくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
詳しいご説明ありがとうございます。
おそらく慢性腎不全か急性腎不全かは今の段階では何とも言えません。
ただし、通常の慢性腎不全にしては経過が急であり、また、地蔵の数値の下がり具合もいいので、急性である可能性も十分あると思います。
ネスプに関しては一回中止した方がいいですね。
その状態はすでに多血状態であり、赤血球を作りすぎてしまっていますので、そのまま続けていくと血液の年長性が高くなりすぎてしまい、腎臓や心臓、脳への負担がかかってしまいます。
すぐに中止してもらうべきです。
軽めの貧血はあったと考えたほうがいいですが、腎性貧血だったのかどうかは不明です。
今後経過を追って、HCTが20%を下回る様ならネスプを考えたほうがいいでしょう。
その間は舌の色が白っぽくなってこないかどうか(今は多血なので、今よりピンクになるのはいいですが)をチェックしてもらったほうがいいでしょう。
それから、同居の子の数値は微妙なラインです。
その場合は、尿検査をしてもらい、尿比重が1,030以上あれば問題ないでしょう。
1.025を下回るようであれば初期の腎不全です。
初期の腎不全は点滴などは全く必要なく、基本的には腎臓食を食べるのが一番です。
尿比重が低ければ腎臓食をスタートしてもらうのがいいでしょう。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございます。
肝臓の数値に異常がなかったので、急性腎不全だとしたら、結石が原因なのでしょうか?
もし急性腎不全だとしたら、結石の治療も積極的に進めていかないといけませんよね?
ネスプは今週はお休みしましょう、と先生に言われておりますが、来週の注射の前に再度血液検査をしていただいて中止するか期間をもう少し空けるかの判断をしていただいた方が良いですよね?
今後は慢性化してしまうと思いますので、食事療法や定期的な輸液等で治療を頑張ってもらおうと思います。
兄弟の子は巨大結腸症で、可溶性繊維の食事療法をしております。
主治医からはそちらの方が現在は問題があるので、食事は変えないで欲しいと言われております。
レンジアレンやクレメジンなどをウェットに混ぜて与えて予防していっても大丈夫でしょうか?
その際リンの数値は4.8でしたので、レンジアレンではなくクレメジンの方がよろしいのでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信遅くなりました。
急性腎不全の原因は様々ですが、確かに結石が原因の可能性がありますね。
他に腎盂腎炎や中毒などが原因になることがあります。
ネスプに関してはそうですね。
ただし、私は20%を切らないのであれば必要ないと思っております。
今のところ、クレメジンやレンジアレンに予防効果があるかどうかはわかりません(高リン血症や高窒素血症があればその治療にはいいですが)。ただし、低リン、低たんぱく食がいいことはわかっていますので、それを考えると、予防効果のある可能性は高いです。
どちらがどれくらいいいかというのは難しいところですが、確かにタンパクを吸着するクレメジンのほうが理にはかなっていますね。
質問者: 返答済み 1 年 前.
お忙しいところご回答ありがとうございます。
やはり結石は恐いですね。
可能でしたら、腎臓のようすを見ながら今後は結石の治療もしていこうと思います。
昨日から少しだけ食欲が落ちてしまいました。
かかりつけの先生からは、血が濃くなってしまったので、食欲減退や嘔吐の可能性もあります、と言われております。
ネスプをお休みするだけで、血液を抜いたり薄めたりしなくても良いのか、明日の診察の際に聞いてみようと思います。
同居の子は、尿比重を調べていただいて、1.025を下回るようでしたら何かしら対処していこうと思います。
かかりつけの先生にはACE阻害剤を勧められております。
シニア期に入り、少しずつおかしいところが出てくることを覚悟して、なるべく早期発見できるよう努めていこうと思いました。
この度はご丁寧かつ迅速なご回答ありがとうございした。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
血液はそれ以上濃くならなければ特に抜いたりする必要はないでしょう。
ネスプをやめればじわじわ下がってくると思うので。
ただし、ネスプの効果がまだ続いてさらに上がってしまうようでしたら一度瀉血(血液をある程度抜いて薄くする)が必要になります。
それからACE阻害薬は悪くないと思います。
比重が下がっていれば始めてもらってもいいでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.

10月15日から週に1回のペースで3週連続で注射していただきました。

薬の効果が出るまで3週間ほどかかると言われましたので、あと6週間ほど効果が続くということですよね?

その間に数値が上がるようでしたら、血を薄くしてもらおうと思います。

ACE阻害薬も検査の結果次第で始めてみようと思います。

本当にありがとうございました。

満足できる回答がいただけて助かりました。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうですね、最低でも1週間以上は続くと思います。
なんとかその間なにも有害作用がでないことをお祈りしています。
お大事にしてください。

猫 についての関連する質問