JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1291
経験:  臨床家
84238367
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

生後6ヶ月の猫です。昨日の夜に2階の階段の手すりから落ち右足の大腿骨が骨折していました。かかりつけの病院の先生に相談

解決済みの質問:

生後6ヶ月の猫です。昨日の夜に2階の階段の手すりから落ち右足の大腿骨が骨折していました。かかりつけの病院の先生に相談し ボルトを入れる手術より自然治癒を選択することにしたのですが 本当にそれでいいのか不安です。なるべく猫に精神的、肉体的に負担の少ないほうを選びたいとおもっています。完全室内飼いです。将来のことも考えて 今の判断が間違っていないのかアドバイスいただけないでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確な回答が出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

自然治癒のメリットとしては、麻酔の負担がないという点やコストの面などがありますが、一方のデメリットとしては骨が真っ直ぐでなく曲がってくっついてしまったり、場合によってはくっつかずに偽関節といってもう一つ関節が増えたようにぐねぐねの状態となってしまう事があるという点です。

また、自然治癒ではどうしてもしっかりと骨折面を合わせるわけではないので、治るとしても期間が長くなってしまい、その間は当然骨折の痛みがあるため、手術を行ったほうが治る期間が早くなり、結果として精神的、肉体的負担が少なくなるという考え方もできます。

ボルトで止めてしまうような処置だけでなく、せめてギプスなどで仮固定を行ってなるべく正常な位置に治りやすいような処置を行っておいたり、侵襲の少ない外固定などの方法での手術を行ったりと、自然治癒以外の治療法も選択肢に挙がる場合があるので、可能であれば一度整形外科に強い病院を紹介していただいてセカンドオピニオンを求めるのも良いのではないかと思われます。
atlus302をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

お返事ありがとうございます。

病院では自然治癒か手術してボルトで止めるの2択でした。ギブスは圧迫による痺れなどひどい時は壊死することもあるみたいな話でできないとのことでした。回答いただいたことをふまえて また家族と相談して他の病院に行くことも検討したいと思います。 ありがとうございました。

専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。

また経過であったり新たなご質問等ありましたら、質問文にatlus302に回答を依頼する旨の内容を記載して指名していただければ再び私が回答させていただきますので、いつでもご相談ください。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
その後の経過などはいかがでしょうか?