JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

こんばんは。相談よろしくお願いします。今、3歳くらいのオス猫を飼っています。この八月に事故にあってしまい、現在、後ろ

解決済みの質問:

こんばんは。相談よろしくお願いします。今、3歳くらいのオス猫を飼っています。この八月に事故にあってしまい、現在、後ろ脚がだらんとしています。病院では、神経はあるから、いずれ、立てると、言われましたが、今だに、立つ様子はないです。排尿、排泄も垂れ流し状態で、時には紙パンツを着用。しかし、ここに来て、オシッコが出なくなりました。二週間くらい前に一度あり、病院でオシッコを抜いてもらい、一日遅かったら、危険だった。と言われ、その後、垂れ流しながら、オシッコも出ていました。しかし、ここ四日くらい、オシッコが急に出なくなり病院にかかり、オシッコを抜き、注射。様子を見ていましたが、翌日も出なく病院で抜き、また三日も、出なく抜いてもらいました。膀胱炎になってしまい、オシッコというより、血混ざりのオシッコです。今日は、昨日ほどの、濃さはなかったようです。
このまま、毎日、病院でオシッコを抜く事となるのか。不安です。お金の問題ではないですが、毎日5000円もかかると人間の生活にも影響します。一番は、早く治る事を願うばかりですが、、、事故で、腰骨が折れ、その後遺症で、排尿感覚が麻痺している状態みたいです。
余り食欲もありません。本当に心配です。
何か良いアドバイスがありましたらお願いします。他の病院にかかって見る選択も視野に入れてはいますが。。。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それはお困りですね。
実際に診察しているわけではありませんが、すでに2か月麻痺が続いているとなると、おそらくもう神経機能が回復することはまずないと思ってもらったほうがいいでしょう。
神経はあるからいずれ立てる
というのがどういう根拠で言われているのかわかりませんが、人でも古紙の骨折で下半身まひになってしまう方がおられるように、ネコちゃんでも腰骨の骨折では下半身まひになる子は多いです。
中には徐々に回復する子もいますが、その場合は2,3週間以内に少しずつ回復の兆しがみられることがほとんどです。
それがないのであれば、回復はまず難しいですので、麻痺とともに付き合っていくことを考えられた方がいいでしょう。
やはり一番はおしっこの問題になりますが、毎日抜くというのは現実的ではありません。
その場合に方法としては
1、圧迫排尿を覚える
2、カテーテルを入れっぱなしにする(週~2週に一度くらいで交換)
のどちらかになります。
おそらくいろいろ考えると1のほうがいいと思います。
圧迫排尿は麻痺の状態によっては難しいこともありますが、ほとんどの方は慣れれば普通にできます。
1日2,3回膀胱を圧迫して尿を出します。
その方法はしっかり病院で教えてもらったほうがいいでしょう。
膀胱マヒを起こしている子で、半日以上尿がたまってしまうと膀胱炎や腎不全を起こしますので、すでにそうなっている可能性もあります。
できるだけ早めに他の病院で出もいいので、相談してください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
返答、ありがとうございました。うちには、もう一匹、猫がいて、
その猫のかかりつけが、あるので、
明日、相談してみます。食欲がないのは、なんででしょうか??膀胱炎によるものですかね。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
膀胱炎では痛みが出ることも多いので、それによる食欲不振であればいいのですが、おしっこが出なくて血尿する場合は、腎臓の数値が上がってしまっていることがあります。
それが一番怖いです。
明日念のため腎臓の数値だけは見ておいてもらったほうがいいかもしれません。
お大事にどうぞ。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
他に聞きたいことはありますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
この間は、返信をありがとうございました。
しばらく入院し、膀胱炎の方は治り血は混ざっていないようですが、結局、自力の排尿には、結びつきませんでした。私が理解出来ない事の一つですが、事故後は、神経麻痺しながらも、排尿は出来ていました。今回、分かった事で、お座りをした状態で、床を動いていたので、陰部が擦れてしまい、腫れてしまいました。結果として、麻痺で痛みもわからないとの事で、陰部の炎症の悪化も
、今回の排泄不能に繋がった、可能性はあるようです。本日、退院しましたが、一度、管を抜いたところ、また管が入らなくなってしまい、夕方、時間を置いて見せに来て欲しいと、言われた様です。しかし、余りにも、症状が改善されないので、セカンドピニオンとし、他の獣医へかかりました。管が入りオシッコは抜けたとの事。見ていただき、尿道?を広げる手術を進められました。
現在、かかっている獣医は、腹から尿を出す手術を提案してきたとの事です。私は、尿道を広げる手術を受けられるならば、受けたいと思います。セカンドピニオンの病院で、検査をしてもらいましたが、腎臓の値が少し高い。と言われました。
一刻を争う事なのですが、知識がない自分にとっては、ご意見をお聞かせください。まとまらない、文章で、すみませ。
質問者: 返答済み 1 年 前.
なぜ、事故後は、排尿があり、時間が経つに連れて、自力排尿が不可能になってしまった?のか
理解ができませんし、はっきりとした、原因も獣医さんから、話もありません。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
少々お待ちください。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信遅くなりました。もし、神経の機能が残っていて、物理的に尿道が閉塞してしまうのであれば尿道を広げる手術はやる価値はあります。ただし、麻痺していて感覚がないのであればその手術の意味はないでしょう。セカンドオピニオンでは、物理的に閉塞していると言われましたか?
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問