JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1208
経験:  臨床家
84238367
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

16歳オス猫 今年3月の健康診断時体重が減っており(前年はダイエットさせるよう言われた)増やすようアドバイスされたが

解決済みの質問:

16歳オス猫 今年3月の健康診断時体重が減っており(前年はダイエットさせるよう言われた)増やすようアドバイスされたが、さらに痩せていき8月に入り食事を戻すようになったので診察をうけ、吐き気止めと抗生物質を処方された。徐々に食欲が低下。8月中旬ドライフードを一切食べなくなって、缶詰も汁気の多いものの汁だけ舐め身を残すようになった。以降栄養失調:蛋白質不足と診断され強制的にドライフードをスプーンで与えている。先週血液検査したところ異常はなく問題ないとのこと。本日9/25に受診したところ、腹部ににしこりがありエコーを撮った結果、小腸か大腸の外側に全体は3cmほどの大きさの水泡様なもので中心部に小さな核(腫瘍?)があるとのこと。水泡に針を刺して溶液を抜き取りたいが、水泡成分が不明なため破裂して体内に拡散する危険があるとのこと。ドクターはベテランで腕のいい方だが経験がないので大病院を紹介してくださるとおっしゃている。このような腫瘍はどのようなものなのか・治療方法等教えていただきたいです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。
画像のみでは腫瘍の種類の特定は不可能なのですが、猫で腸にできる腫瘍として最も多いのは悪性リンパ腫で、その次として腸腺癌などの可能性があると思います。
リンパ腫の場合には抗がん剤で治療を行なう事が多いですが、針で刺しての検査か開腹手術を行って組織を取って来ての検査を行わなくては診断ができず、治療へと移れないので、病院でどちらかの方法を相談する必要があるでしょう。
破裂してしまうようなリスクのある場合は、取りきれるような腫瘍であればできるだけ切除してしまって、完全切除が難しいようであれば検査目的の部分切除で行うというような試験開腹を行う方が無難かもしれません。
atlus302をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問