JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

12歳のメスの猫ですが、今年の4月頃から鼻がつまり、抗生剤を飲んで落ち着き、止めるとすぐにまた鼻がつまる状態が続き、

解決済みの質問:

12歳のメスの猫ですが、今年の4月頃から鼻がつまり、抗生剤を飲んで落ち着き、止めるとすぐにまた鼻がつまる状態が続き、あまりにも苦しそうな姿を見てこちらも辛くなり、かかりつけの先生から、CTとMRI、鼻の中の細胞の検査をしました。結果は鼻の中が多少腫れていることと、軽い中耳炎と言う結果で、細胞検査でも原因は分からず、続けて抗生剤を飲んで行くしかない感じで、今もずっと飲んでいる状況です。
8月に入った頃から、今度は努力呼吸をする様になりました。レントゲンを撮ると、少し肺が白いと言う事で、お薬を貰って飲んでいましたが、呼吸の感じは変わらず、2週間程薬を飲んで再度レントゲンを撮り、肺の白さは良くなっておりましたが、呼吸が変わらないのは先生もおかしいと言う事で、他の原因からだと思うので、肺のお薬も止めました。他に治療はないみたいで今は鼻の抗生剤のみです。先生からは、CTをもう一度撮る事を提案されました。
触診でリンパが腫れているみたいで、腫瘍かもしれないとの事でした。CTはその病院では撮れず、1時間程かかる所へ行かなくては行けません。また麻酔をして細胞検査、移動も苦痛だと思います。前回の様に原因が分からない事もあると言われ、どうして良いか分からず、毎日この子の為にはどうしてあげたら良いのか悩んでおります。
今回の事とは別に、子猫が来たストレスから数年前から、4、5日に一度浣腸に通い、便を出さないと自力ではほとんど出ない状態です。
今は食欲もあります。必要な移動の時しか動かず、後は寝ている事が多いです。
血液検査はしてません。この様な状態で、何か原因のわかる検査や、治療はないでしょうか?
やはりCTを撮るべきでしょうか?このままの状態でおいておく方が良くないでしょうか?
長くなりましたが、どうぞよろしくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんにちわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
確かにCT検査は一番有用ですが、全身麻酔がまた必要になりますし、負担が大きいです。
今現在やれる検査を先にしてそれでも必要であればCT検査という方がいいとおもいます。
具体的には、
1.血液検査
一般状態の把握と、血中に出てくる細胞のチェックができます。
リンパ球が腫瘍化したものや、アレルギーや喘息のときによく出てくる好酸球などが見える可能性があります。
2.リンパ節の針生検
触診でわかるのであれば、おそらく体表リンパ節が腫れているものとおもいます。
それであれば、無麻酔でリンパ節を生検できますので、それでリンパ腫などがないかどうかわかることが多いです。
といった検査ができます。
再度CTよりは先にそちらの検査かと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
早速のお返事、ありがとうございます。
まずは、血液検査をしていただきます。
私のお世話になっている病院では、リンパ節の針生検はCTで確認しながらしないと無理な感じでしたが、麻酔をしないでも出来るんですね。
(動いたり、適切な場所が分からない為?)
万が一、原因が分からない場合、このままにしておく他、無いのでしょうか?
苦しい呼吸の状態でも生きていけるのでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
はい、そうですね。
負担にならない検査をしないでいきなりCTというのは、しっくりきませんので。
それから、リンパ節が腹腔内や胸腔内であれば麻酔が必要ですが、触診で腫れていると分かるとなると、体表リンパ節のはずです。
そして体表リンパ節はよほと暴れる子でなければ、無麻酔で生検します。
血液検査をさせてくれる子であればそれとほとんど同じですので、できるはずです。
それでわからなければCT検査がいいかと思います。
もしくは大学病院などの専門病院へ行かれるのもいいかと思います。
苦しいまま生きれるかどうかはどの程度苦しいかにもよりますが、徐々に悪化してしまう可能性が高いのでできるだけ早めにしっかり診断してもらう必要があるでしょう。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
遅くなり、申し訳ございません。
血液検査で何か原因が分かる事を願って、検査を受けて見ようと思います。
ありがとうございました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
はい、お大事にしてください。
プラス評価ありがとうございます。
また何かあればご相談ください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
先日はありがとうございました。
相談させて頂き、少し気持ちが楽になりました。
血液検査に行ってきましたが、やはり腎臓の数値が少し悪いだけで、後は問題ないとのことで、CTを…と勧められました。
リンパの腫れは、一人の先生は、若干片方が腫れている位だと言っておりましたが、院長先生は腫れていると言うし、何だか分かりませんでした。アゴの奥の方なので、多分麻酔なしでの検査は無理そうでした。
相当悪くならないと血液検査では出て来ないと言われ、またどうするべきか悩みましたが、他の病院でも一度診ていただくか、このまま自然に任せて、寿命だと思い、これ以上負担をかけずに、静かに暮らしてあげた方が良いのか、まだ答えは出ません。
こんなメールで申し訳ございません。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうですね。

難しいところですね。

そのあたりに関してはやはり一概にはいえませんが、やはり治るものであることもありますし、治らなくても症状はかなり楽になる可能性もあります。
私はしっかり検査したうえで、どういう病気かによって治療を考えてもらったほうがいいのではないかと思います。

猫 についての関連する質問