JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

13歳のミックスです。盲腸の所に腫瘍ができ、 先日開腹手術をした所他の臓器(大腸?) に癒着していて切除できないといわれました。腫瘍はセイケンに出して今調べているところです。多

質問者の質問

13歳のミックスです。盲腸の所に腫瘍ができ、
先日開腹手術をした所他の臓器(大腸?)
に癒着していて切除できないといわれました。腫瘍はセイケンに出して今調べているところです。多分リンパ腫ではないかという話です。今後抗がん剤を使う等の話になってくると思うのですが、他に何か方法はないのでしょうか。。。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんにちわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
そうですか。
腫瘍があった場合、外科手術ができるのが一番ですが、それができない場合は、抗がん剤、放射線療法、それ以外の治療ということになります。
ただし、リンパ腫では抗がん剤がよく効くため普通は抗がん剤を使うことになります。
他の方法としてはサプリメントなどもありますが、正直効果は定かではありませんし、リンパ腫ではリンパ球活性化療法などの免疫療法が難しいです。
ですので、効果を考えてみても、リンパ腫で抗がん剤以外の選択をする理由がありません。
抗がん剤と聞くとやはり抵抗がある方がおられるようですが、それで元気にぴんぴんしている子のほうが動物では多いです。
わたしもリンパ腫であったのであれば抗癌剤を進めます。
それ以外の腺癌などでは抗がん剤が効きませんので、その場合は放射線か、免疫療法などが適応になるでしょう。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

ありがとうございました。 素人考えで申し訳ないのですが、レーザーとかで

とれないのかな?とか、身内に癌で亡くなった者いるのですが、

その時も癒着などあったのですが、内視鏡で直接、癌部分に

抗がん剤を定期的に入れるという方法で数年、頑張ってくれていた事が

あり、そういう事はできないのかなとネットを検索していての、こちらでした。

やはり、リンパ腫では抗がん剤なのですね。

検査結果がでていないのでまだ判りませんが、結果がわかりましたら

また質問するかもしれません。 宜しくお願い致します。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
やはり人と動物ではできることが異なります。
ただし、腫瘍外科の専門病院などでは取れる可能性はあるので、生検の結果が出たら一度そういった病院を紹介してもらうのも一つです。
ただし、癒着が激しければどれだけ専門の先生でも取れないこともあります。
基本的にリンパ腫であれば抗癌剤が第一選択になってくることが多いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.

こんにちは、先日は大変ありがとうございました。

検査結果が出たのですが、やはり悪性のリンパ腫という事でした。

とりあえず、先日の開腹手術で弱っているため、まずはステロイド投与から

始める事にし、その後抗がん剤という事になりました。

かかりつけの先生に食事の事をききましたが、今はとにかく食べれば、

みたいな感じで、ただ一つ、鶏レバーなどいいかも位でした。

とはいえ、食にうるさい子なので、色々試していますが

中々食べてほしい物は食べてくれず、しょうがないので

一番食い付きがいいごはんにさらっ…と鶏レバー系の缶づめやカリカリ

を潜ませて食べさせている感じです。

何かお勧めのご飯、食事方法等ありましたら教えてください。

後、自分的には世間的によく知られている、下部尿路疾患、

腎臓疾患等に気をつけた食事にしてきたと思います。

おかげで今回の検査では肝臓も腎臓もきれいで数値も問題ないと

言われました。

でも、ガンにならないための食事というのは意識していませんでした。

そしてガンにならないための食事は?…と調べた所

低糖質、高タンパク、と出てきましたが、これは本当でしょうか?

もちろん、ガンになった原因が食事だけとは思いません。

色々な素因があるとは思いますが、まずは食事という事で、

これが本当ならそうしていきたいと思っています。

ただ、元々この子の食の好みが肉系、缶づめ系(魚も食べますが)で

カリカリはおやつ、みたいな感じで食べていました。

高タンパクはクリアしていた気がします。

低糖質の、炭水化物等(?)が良くないというのは本当でしょうか。

そうすると、大部分のドライフードがあまり良くないのでは…?

宜しくお願い致します。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
おはようございます。
少々お待ちください。
質問者: 返答済み 1 年 前.

遅くなってしまいましたが、おはようございます。
すみません、返答しないと次にいけない?感じでしょうか。

システムを良くわかっていなくてすみません。

宜しくお願い致します。

お待ちしています。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
すいません、今返答します。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
まず、腫瘍細胞は炭水化物を主な栄養源にしているのは間違いないです。
ですので、腫瘍を持っている子へのフードは低炭水化物、高脂肪がいいといわれているのはそのせいです。
ですが、炭水化物は体に必要なもので、それを食べていたらガンになってしまうとなればすべての動物が癌になってしまいます。
炭水化物を減らせば癌になりにくいということもありません(そのようなデータはありません)
要は体にすでに癌があるときにはできるだけがんの栄養源となる炭水化物を少な目にするということがいいですよということです(炭水化物をゼロにすれば体は持ちません)。
ですので、特にこれがいいというわけではないですが、肉や魚類や乳製品は炭水化物が少ないですし、嗜好性もいいため、その方がいいでしょう。
取りあえずは今は食べるのが一番ということは間違いないです。
栄養状態が悪くなればがんと闘う体力や免疫力が下がってしまいます。
しっかり食べれるなら炭水化物を減らしたフードのほうがいいというくらいに思っておいてもらったほうがいいでしょう。
食欲がない状態で、そのようなことは考えない方がいいです。
質問者: 返答済み 1 年 前.

ありがとうございました。

大変判り易かったです。

食欲は病院へ行く前から減っている感じはなく、

食後に肉ジャーキーを食べたりする勢いです。

(それは今も変わりません)

頑張って治療していこうと思います。

素人の浅慮な考えに丁寧にお答え頂き

本当にありがとうございました。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
はい、なかなか何がいいかというのは難しいですね。
とりあえず、食欲があるということはとてもいいことです。
お大事にしてください。

猫 についての関連する質問