JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1353
経験:  臨床家
84238367
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

はじめまして。 どうぞよろしくお願いいたします。 知人が生後間もないと思われる子猫を保護し、引き取ってもらえ

解決済みの質問:

はじめまして。
どうぞよろしくお願いいたします。
知人が生後間もないと思われる子猫を保護し、引き取ってもらえないかと相談されました。
現在、我が家には4歳になるメスのアメリカンショートヘアーがおります。
大半の野良猫は何かしらの感染症を持っており、人間が媒介となって飼い猫に移ることがあること、
また生後間もないと感染症等の検査ができない場合もあるとも聞きました。
そのため、現在飼っている猫に何かあってはと心配で引き取りを躊躇しております。
(我が家の猫は3種混合ワクチン接種済みです。)
お忙しいところ大変恐縮ですがどうぞよろしくお願い申し上げます。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

心配するべき感染症としてはウイルスの病気で猫エイズ・白血病のウイルス病があります。

これらは同じ空間で暮らしていたり、食器を共有することでほぼ確実に移ってしまうとされています。

これらのウイルスは生後間もなく検出できる場合もあれば、潜伏期間として2か月ほど時間が経ってから感染がわかる場合もあります。

その他消化管の寄生虫などに関しては一度の検便で検出することができない場合も多いため、繰り返しの検便や試験的な駆虫薬の投与などが必要となります。

現在の3種ワクチンでは上で挙げたようなウイルス病は防げませんし、どちらもかかってしまうとすぐにではありませんが寿命を縮めてしまう可能性の高いウイルスです。

可能であればしっかりと潜伏期間の約2か月後に検査を行って問題がないと判明するまでは今の飼い猫へのリスクが高いため、引き取りは止めておいた方が良いと思います。

また、しっかりと検査を行っていくとそれなりのコストになりますので、問題がなかった場合は飼う前提でお話を進めていないとトラブルになることもありますので、上のような情報を理解した上でご検討されると良いと思います。
atlus302をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問