JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

10歳の雌猫(避妊済)です。エコーで腎臓の中に腫瘍があると思われます。針を刺しての検査を勧められています。全身麻酔という事もあり不安です。先月8歳の猫を腎不全で亡くしたばかりで、怖

解決済みの質問:

10歳の雌猫(避妊済)です。エコーで腎臓の中に腫瘍があると思われます。針を刺しての検査を勧められています。全身麻酔という事もあり不安です。先月8歳の猫を腎不全で亡くしたばかりで、怖くて決心ができません。針を刺す検査で亡くなるリスクは少ないですか?半月ぐらい前からほぼ毎朝早朝に胃液?を4~5回吐きます。原因不明です。何か関係してるんでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんにちわ。
ご質問ありがとうございます。
確かに腎臓に針を刺す検査は多少のリスクは伴います。
ただし、それで亡くなってしまうことというのはゼロではないにしても少ないです。
何パーセントということはデータがないので言えませんが。
やはり、腎臓に明らかにおかしいものがあるのであれば針生検もしくはお腹を開けての組織生検が必要にはなります。
そうしないと治療法が決まりませんので。
リスクをもう少し減らすのであればCT検査などで他に異常がないかみてもらい、お腹の中に他にも何か異常があれば、腎臓よりもリスクが少ない場所に針を刺して検査ができる可能性もあるのでそちらをしてもらってもいいでしょう。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
すいません、情報リクエストではなく、回答です。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。検査してみようと思います。少し不安が減りました。

猫 についての関連する質問