JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

飼い猫の食餌量が減り8/26に猫専門のクリニックにて検査したところ、ALTの数値が972!、その他の数値は血液検査も含め

質問者の質問

飼い猫の食餌量が減り8/26に猫専門のクリニックにて検査したところ、ALTの数値が972!、その他の数値は血液検査も含めて基準値内でした。腹部エコーでも何もみつからず。その日から投薬をずっと(プロヘパフォスS・抗生剤・食欲増進剤・白い肝臓の薬 計4粒)、食餌量も減るばかりで8/30からは皮下点滴と注射を6日間、9/5から静脈点滴(ミノC?)を6回、今日までおよそ3週間ですが、良くなる気配がありません。今のところ1日120G位のa/d缶を強制給餌しており、体重がこの3週間で4.9KGから4.4KGまで減りました。12歳と高齢ですが何とか助けたいです。担当医曰く、後は開腹して調べるしかないとのこと。他に方法はないのか、今後どうしたらいいのか、助かる可能性はないのでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんにちわ。
ご質問ありがとうございます。
もう少し情報が必要です。
血液検査をどの項目やるのかは病院によって異なります。
検査した項目名だけでいいので教えていただけますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
夕方にでも検査結果表をもらってきます。手元にある診療費明細書には「VCDPスクリーニングNH3含み」「CBC/WBC分画なし」「ウイルス検査Felv,FIV,院内」とありますが内容についてはALTのみ972で異常としか教えてもらっていません。
飲み薬も注射も肝臓の薬としか聞かされておらず、素人にはわかりやすくその程度の伝え方をするという考えなのでしょうね。すみません、気持ちが不安定で余計なことを言ってしまいました。またご連絡します。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうでしたか。
普通の病院であれば聞いたら必ず答えてくれます(本来は聞かなくてもデータを渡すべきですが)し、そういう義務はありますので、検査結果をまずはもらってきてもらってよろしいでしょうか?
どの項目が正常で、どの項目が検査していないかわかればより的確な答えが出せますので。
質問者: 返答済み 1 年 前.
2枚添付しました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
少々お待ちください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
回答をいただいていないのに評価を求めるメールが来ましたが、、、、
手違いだと思われますのでもう少しお待ちします。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
すいません、今回答をいたします。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信遅れました。
血液検査の結果ありがとうございます。
確かにALT以外には異常がないですし、それ以上の血液検査は難しいですね。
肝臓に関しては数値が高ければ何かしら異常やダメージがあるということはわかりますが、実際に何が起きているのかは、肝臓の組織あるいは細胞を見てみないとわかりません。
そうなると方法としては
1.肝臓の細胞診あるいはツルーカット生検
これは無麻酔あるいは鎮静下で行う検査ですが、開腹手術の必要はありません。
出血のリスクが多少はありますが、日帰りでできますし、負担は少ないです。
細胞診は細い針で細胞を取るもの、ツルーカット生検は少し太めのもので取る方法です。
前者は負担やリスクは少ないですが、若干診断精度が落ちます。ツルーカット生検は細胞診より精度は高いですが、開腹手術での検査よりは精度が低くなります。
2.開腹手術
これは説明を受けた通りかと思います。開腹手術をして、実際に肝臓を観察して、その一部の組織をとるものです。負担も大きいですが、診断精度は一番高いです。
3.腹腔鏡検査
これは設備がある場所であれば一番お勧めできる検査です。負担は開腹手術よりもかなり少なく、診断精度はほとんど変わりません。
まだまだ腹腔鏡を持つ病院は少なく、おそらく費用が高いというのが難点です。
4.試験的治療
ネコちゃんでは免疫介在性の肝炎も多く、ステロイド剤を使用して、数値を検査します。
5~7日投薬して、数値が落ちるかどうかを見ます。
特に麻酔なども必要なく、簡単にできる方法で宇sが、それが本当にあっているかどうかはわかりませんし、数値が下がった場合に免疫介在性肝炎なのか、リンパ腫や肥満細胞腫などのステロイドに反応する肝臓腫瘍なのかがわからなくなります。
よくやる方法は1か4です。
腹腔鏡がある施設があれば3がいいでしょう。
一度相談されてみるといいでしょう。場合によっては開腹以外の方法で様子を見てもらってもいいかと思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
とてもよくわかりました。昨日からブレドニン5mgを投薬しています。初日は注射、あとは錠剤です。つまり4の方法ですよね。
3日目ですが、猫に元気が出てきて強制給餌をとても嫌がりますが自力で何も口にしません。
担当医に1の方法を相談してみます。
すみませんがこの件、引き続き相談に乗ってください。いったん評価させていただきます。

猫 についての関連する質問