JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

背中の毛が抜けて、引っ掻くので赤くなってます。どんどん広がっていくので病院に連れていきました。好酸球が2344個、基

質問者の質問

背中の毛が抜けて、引っ掻くので赤くなってます。どんどん広がっていくので病院に連れていきました。好酸球が2344個、基準値の4倍にもなっており、診断は好酸球性皮膚炎です。その他の数値は基準値内でした。処方薬はプレドニゾロン5㎎を一日2回です。最初からプレドニンを使われることに抵抗を感じるのですが、妥当な処置なのでしょうか。副作用の説明もなく不安に思ってます。人間がプレドニンを使用するのは膠原病等の重いメンエキノ病気で、第一選択薬には、きつい薬に思えてます。宜しくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
体重は何kgの子ですか?
また、皮膚検査などはされましたか?
質問者: 返答済み 2 年 前.
6.5キロです。皮膚検査はしていません。
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。
まず、治療に関してはよくやる治療かとは思います。
本来であれば好酸球性皮膚炎は皮膚生検で診断しますが、それには全身麻酔が必要ですので、血液検査で好酸球が高かったり、皮膚検査で好酸球が沢山でてこればかり診断して治療に入ることもあります。
それから、ステロイドの使い方は人とねこちゃんではかなり異なります。
これに関しては人では、、、ということは当てはまりません。
人とねこちゃんと比べるとねこちゃんの方がステロイドへの耐性がかなり強いです。
ですので、ねこちゃんではかゆみ止めや炎症止めとしてステロイドはよく使います。
それから、好酸球性皮膚炎では比較的高用量のステロイドが必要であり、その量も体重で考えると妥当なところです。
恐らく私であれば、皮膚検査もした上で、同じ治療にしていくと思います。
もし、しっかり診断を付けるのであれば麻酔を掛けて皮膚生検ですが、麻酔を掛けなくてもある程度状況証拠が揃えばまずは治療をしていくということはよくやる治療です。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
ありがとうございました。初めて連れていった病院でインフォームドコンセプトがなく、今まで青森の北里大学附属病院では、丁寧な説明があったので不安でした。
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
そうでしたか。
たしかにインフォームドコンセントは非常に重要ですね。
100%安全で効果のある治療はほとんどありません。
ですので、インフォームドコンセントは重要であり、また、それをおろそかにしている病院は良い病院とは言えません。
治療としては、文面の箕からの判断ですが、妥当かと思いますので、そこで治療してもらっても良いかと思いますが、場合によってはセカンドオピニオンや転院も考えてみても良いかと思います。