JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

はじめて質問させていただきます。17才のメス猫が、6月頃からご飯を食べた後喉の支えを吐き出すような咳のようなむせるよ

質問者の質問

はじめて質問させていただきます。17才のメス猫が、6月頃からご飯を食べた後喉の支えを吐き出すような咳のようなむせるような症状があり、病院に行ったら歯が膿んでるから歯を抜けば、楽になるでしょうと言われました。まだ食欲もあり、高齢で麻酔をかけるのに抵抗があったためことわりました。ステロイドの薬を出され飲んでいましたが咳き込む症状があり、再診察今度はレントゲンを撮った結果、喉がおかしいと言われ、組織をとって検査した方が言いと言われました。それには麻酔をたけるといわれ、やめようとおもいましたが麻酔といっも少し眠らせる鎮静させるだけだからといわれ半日で帰れるからと言われ預けてしまいました。かえってきてからようすがおかしく、そわそわ落ち着きがない一晩中寝ないでうろうろしていました。次の日いきなり嘔吐しそのあと呼吸不全になり慌てて獣医に電話したらしばらくしたら元に戻ると言われ様子をみるしかなく結果、5時間後に元の呼吸に戻りました。後で獣医に聞いたらそれは時間がかかりすぎですねと軽く言われました。この事と、麻酔をかけたことで、一気に体力がなくなり食欲もなく今では体重が1.8キロになってしまいました。検査の結果は喉の扁平上皮癌でした。日に日に顔つきも代わり、口元にご飯を持っていくとペロペロなめるだけ歩くのもふらついて、検査をしなければこんな早く衰えなかったはずだとこうかいしています。癌である以上先は長くはないのでしょうけど、少しでも元気が出て痛みを和らげてやれるには、どのような治療をしてやったらいいのか教えてください。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
今現在何かお薬など治療していればその内容を教えていただけますか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

薬は飲んでいません。抗がん剤もきかないとか?皮下点滴に一度いきました。少し食べられるようになり良かったと思ったのですが、1日きいていたくらいでした。皮下点滴しかちりょうはないのでしょうか?続けていてこうかはあるんでしょうか?ほかにしてあげられることは?

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。
そうですね。
確かに抗がん剤はほとんど効きません。
皮下点滴は治療というよりは点滴して少し体を楽にするという程度の目的になります。
してあげることとしては
1.ステロイド剤
これは鎮痛作用と食欲増進作用が期待できます。
2.オゾン療法
やれる病院は限られていますが、オゾン療法は元気食欲の改善に効果のあることが多いです。
3.レーザー治療
鎮痛作用と消炎作用が高く、うまくいくと状態の改善が期待できます。
4.その他鎮痛剤
これらの治療が考えられます。
2.3は設備がないとできませんが、一度相談されることを進めします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

高齢の猫に麻酔をする事をどうおもわれますか?扁平上皮がんはどうして抗がん剤がきかないのですか?ステロイドの副作用はありますか?

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
麻酔を翔か掛けないかは年齢だけでは決めません。
麻酔のリスク(高齢、内臓の疾患など)よりもメリット(診断がつく、治療方針が決まる、麻酔を掛けないと出来ない処置や治療が出来る、予後が分かるなど)が上回るのであれば、麻酔を掛けるべきでしょう。
検査のためだけの麻酔であれば微妙ですが、それで手術で取れる可能性があったり、何か効くお薬が見つかる可能性があったのであれば、麻酔をかける意義はあります。
今回は治療に繋がらなかったようですが、それは結果論です。
ですので、麻酔を掛けるかどうかに関しては術前にしっかりこういうメリットがあって、こういうリスクがあってとお話しした上で、飼い主さんの同意の下行います。
もしそう言ったことがなかったのであればそれは説明不足ではあります。
それから扁平上悲願はどうして抗ガン剤が効かないのかということはわかりません。
ただし、人の癌でもそうですが、抗ガン剤が効きやすい物ききにくい物があります。
全く扁平上皮がんに抗ガン剤が効かないわけではありませんが、副作用のリスクの割に効果は小さいです。
ステロイドの副作用は感染症を引き起こしやすい、肝臓などに負担を掛ける、糖尿病のリスクがあるなどありますが、こちらは恐らくメリットの方が上回ると思われますので、オススメします。
基本的にどの治療に関しても多少は副作用なり、リスクなりがあります。
それとやることによるメリットを天秤に掛けてどちらを選ぶか決めていきます。

猫 についての関連する質問