JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1216
経験:  臨床家
84238367
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

尿管結石のため手術を受け2年目になります。 1年前からおしっこのもれがあり通院中です 漏れを止めてあげることは不

解決済みの質問:

尿管結石のため手術を受け2年目になります。
1年前からおしっこのもれがあり通院中です
漏れを止めてあげることは不可能なのでしょうか?
病院では無理みたいな事を言われてます。
このままずっと尿漏れとエリザベスカラーしたままなのでしょうか?
現在2週間ごとに点滴と抗生物質
毎日2回薬を飲ませています。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

何点かご質問させてください。

年齢を教えてください。

性別、去勢避妊の有無はわかりますか?

尿管結石で間違いないでしょうか?(尿道結石ではありませんか?)

手術内容などはわかりますか?(会陰尿道瘻手術などではありませんか?)
質問者: 返答済み 1 年 前.

4歳位です

去勢してあります。

すみません尿道に結石がつまり何回もカテーテル

で通そうとしたのですが無理で手術の名前はわかりませんが女の子と同じようになっていると聞きました。

専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。

お話からは会陰尿道瘻手術が行われているもので間違いないでしょう。

この手術ではペニスの先端を切除してしまうので、どうしても尿が溜まってくると多少の漏れは出て来るのですが、カラーが常に必要となるほど尿漏れを起こしている場合は、原因があるかもしれません。

通常は尿道の粘膜と皮膚がしっかりとくっついてしまえばエリザベスカラーなども不要になるケースがほとんどなのですが、術創や皮下への尿の漏れなどがないかは確認されましたか?

近日中に尿検査や超音波検査、尿の感受性検査などは行いましたか?
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
すみません少し追加でご質問なのですが、 手術を受けてしばらくは問題なかったとのことでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.

術後一年は何もなかったです。

舐めるため傷が出来るのでエリザベスカラーが

必要です。

尿漏れさえなければ解決するのですが

専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
術後しばらくは問題のなかったような場合は、排尿の神経などを損傷してしまった可能性なども低いので、一度しっかりと抗生剤が適切に効いているのかどうかを調べる尿の感受性検査を行ってみると良いと思います。

長期間抗生剤を飲ませているような場合は耐性ができてしまい、現在の抗生剤が効かずに慢性化している可能性もあります。

また、膀胱に再び石ができてしまっている場合なども考えられるので、念のため超音波検査も行っておいた方が良いでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.

抗生物質も色々使っているのですが改善されずにいます。

今度詰まると大変な事になるといわれています

病院を信じるしかないのですが

尿漏れは治らないと言われると

何か打つ手はないのか

専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。

尿漏れに関しては特効薬のようなものはないので、漏れている原因が何であるのか特定するために上のような検査を行われると良いと思いますよ。

結果によって対処できるものや対処できないようなものなどの判断もできると思いますので、一度他院にてそれらを調べてみても良いのではないでしょうか。
atlus302をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

わかりました。

金曜日に病院に行くので相談してみます。

理由がわからず感情的になってしまいました。

ありがとうございました。

専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
経過が非常に長いので、同じような治療を漫然と繰り返すのではなく、一度見直してみることも大切です。 症状も長引いてお辛いとは思いますが、一度そのようにご相談されてみてください。 それではどうぞお大事になさってください。

猫 についての関連する質問