JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5482
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

前回のご相談後、5日入院し4日間自宅に戻りましたが食欲が無くなった為、また5日間入院し、その後は60ccの自家輸液を

解決済みの質問:

前回のご相談後、5日入院し4日間自宅に戻りましたが食欲が無くなった為、また5日間入院し、その後は60ccの自家輸液を続けて、食事も8月10日頃からは療法食も食べてくれるようになり、体重も1.8→2.0→2.2→2、75と増加して喜んでいたのですが、27日に突然後足が動かなくなり、今ではオシッコは時間をみて出していますが、便は2~3日毎に病院で先生が指で出してくれています。圧迫排便というのを動画で見ていたので、その方法を指導してもらいたかったのですが、難しいと言われ、初めは便が固かったことも有り、軟らかくするシロップを食後に1日2~3回飲ませることに。。。2回目は前回の残りを出した感じで、便は少し軟らかくなっていると言われました。今日3回目でしたが、お腹を触って固い便は無いようだと言われましたがやはり先生が手でだされました。出しながら、粘土のような便なんですよね~と。。。初日のときに、あまり搔き出していると腸の壁が薄くなって破れてしまうと命にかかわると話されていたので私は心配で仕方ありません。動画で見る猫ちゃんはおとなしく出してもらっているので、私も頑張ってやってあがたいのですが。。。排尿ほど簡単ではないとしても皆さん習得されているようなので。2~3日毎に来ればいいですよ。と言われたのでまだ暫らくは排便指導はないかと。。。確かに食事の量も動けた頃の3割程度ですが、膀胱の上にある固いものが便だと排尿指導で教わりましたがそれしかわかりません。動画を見ると校門の方へ押し出しているようですが、ここでやり方を教わることは無理ですか?コツや注意点などを。。宜しくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
初めまして、質問ありがとうございます。
便秘とのことで大変ですね
便の掻き出しは非常に難しいですし、暴れると怪我したり腸を傷つける
可能性があります。
ですから私もお勧めしません
それよりは
①整腸剤のビオフェルミンS錠を多めに与える事で便を柔らかくする
②プリンペラン、モサプリドなどの薬で腸を動かす
③おしりからチューブを使って、お湯などを入れて浣腸して排便させるのが
簡単だと思います
質問者: 返答済み 2 年 前.

初日に搔き出した後で、浣腸をしましたのでお尻が汚れたら洗ってあげて下さい と言われましたが、茶色い液のようなものがしばらく出ていただけでした。今日は、あまり溜まっていないと言われたのですが、神経が麻痺しているので自力での排便は無理なので、固くても軟らかくてもこちらで出してあげなければならない為、その方法を知りたいと思いました。このように半身麻痺で自力排泄が困難な場合は直ぐに圧迫排尿や排便を指導するものではないのでしょうか?かかりつけの先生を信頼しておりますが、この点だけがどうも納得がいかないもので。。。行くと必ず 便はどうですか?と聞かれますので、自然に出ると思っているのかとその問いかけもよくわからないのですが。。。何度も申し訳ありません。

専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
お話は了解しました
麻痺の程度や飼い主さまの技量、本人の性格など様々な要因があるので
必ずしも圧迫排尿は排便に関してすぐに指導するわけでない場合もあると思います
薬や状況によっては少しずつ出るのでそういった処置が必要でない場合もあります
足が麻痺していても、以外と出ることもあるのでそういった意味で聞いている
のではないでしょうか
あとは納得いかないなら、違う先生にセカンドオピニオンを受けて
相談してみるしかないでしょう
考え方や病気に対するアプローチは千差万別ですから
あとはよく先生と対話していただくか、前述のようにセカンドオピニオンを
受けるのがよいのではと思います
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

よくわかりました。先生も今の状況を診て搔き出しを選択されているものと解釈して焦らずに頑張っていこうとおもいます。有難うございました。

猫 についての関連する質問