JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1315
経験:  臨床家
84238367
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

初めて利用させていただきます。 現在23歳メス猫がおります。 腎不全、甲状腺機能亢進症で輸液を週1から2回 病

質問者の質問

初めて利用させていただきます。
現在23歳メス猫がおります。
腎不全、甲状腺機能亢進症で輸液を週1から2回
病院にてしています。
10日くらい前、輸液後に立てなくなり
その後輸液をすると2~3日起き上がれない状態が続きました。
輸液の量はソルラクト1回100mlです。
また、食欲が現在まったく無く、以前も歯肉炎で歯が抜けたこともあり
様子をみるかぎり右下奥歯が痛いようです。
しかも黄色い鼻水もでていて
そのために食欲がないのか、水を飲むのも嫌がるようになっています。
高齢のため、QOL重視の治療をしていきたいのですが
どのような方法がありますか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。
かなりの高齢ですが頑張っていますね。
輸液に関しては、現在でもかなり分量は少ない方なのですが、50mlほどに減量された方が負担が少ないと思います。
頻度に関しては腎臓の数値などにもよりますが、確実に吸収できて、体調に影響のない範囲で行うと良いでしょう。
口や鼻の問題に関しては、抗生剤や痛み止めの注射が必要かもしれません。
抗生剤に関しては飲み薬ではなく注射で2週間持続するタイプのものなどもありますので、一度ご相談されてみてはいかがでしょう。
後は、猫は臭いで食欲が出ますので、ウェットフードならレンジで温めてみらり、ドライならお湯でふやかしてみたり、カニカマやコーヒーフレッシュ、刺身、鰹節、肉など好きそうなものを何でも試してみると良いかもしれません。またおやつですが、チュールというものは食欲のない子でも結構食べてくれることが多いです。
atlus302をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご回答ありがとうございます!
抗生剤と痛み止め(コンベニア、ステロイド)は腎不全のため
年数回しかしていませんが、両方同時に使用しても大丈夫なのでしょうか?
体重2㎏ですと、輸液の量はどのくらいが適正なのでしょうか?食事に関しては、いろいろ試したのですが反応なしですが
がんばってみます!
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。
ステロイドに関しては鼻水が出ている様子であれば感染を助長してしまう可能性があるのでまずはコンベニアの投与を行った方が良いでしょう。
ステロイドよりは効果は落ちますが、非ステロイドの痛み止めでメタカムという液薬がありますので、それを口に含ませるという方法の方が無難かもしれません。
2kgであれば非常に少量で済みますし、バニラ風味がついているので抵抗も少ないと思います。
輸液は通常であれば2kgの子でも150~200ml程度の量を入れる場合もありますが、それはしっかりと吸収されて、体調なども問題のない場合なので、どうしても個体差があると思います。
今回のように100mlで調子が悪い場合は、できるだけ分量は維持しておきたいですが、調子を崩さない程度に様子を見つつまずは50mlほどから徐々に増やしてみるのが良いのではないでしょうか。

猫 についての関連する質問