JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1216
経験:  臨床家
84238367
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

初めまして、2歳になるオス猫ですが食欲が落ちて体重がかなり減ってしまいました。 初めは体重が減って痒みを伴うような

質問者の質問

初めまして、2歳になるオス猫ですが食欲が落ちて体重がかなり減ってしまいました。
初めは体重が減って痒みを伴うような症状の首輪ハゲで傷だらけになってしまったので受診したのですがプレドニンを使っても症状が改善しなかったので血液検査などをしてもらったところALTの値が714U/Lと高かったのでそちらの治療を薬で始めました。
ヒルズのad缶は与えて大丈夫でしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。
ヒルズのad缶は与えて全く問題ないでしょう。
食欲が落ちているようであれば、少しレンジで温めてにおいが出るようにしても食欲が出やすいので一度試してみてください。
食事以外に何点かご質問させていただいてもよろしいでしょうか?
・プレドニンはどのくらいの期間使用していたのですか?
・血液検査以外には検査は行っていますか?
・現在は何というお薬を投薬中でしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。
少し詳しく説明しますと、8月始め頃に新しい首輪に変えました、特に首輪を嫌がる子ではないので1週間ほどは何ともなかったのですが気づいた時には首輪の部分が禿げていて頭と首の左右が傷だらけになっていたので受診しました。その前くらいから食欲も少し無かったように記憶しています。8日に受診して注射と4回分のプレドニンをいただき翌日から2回飲ませましたが嫌がって多分半分くらいしか飲めなかったです。他に兄妹猫と年の同じくらいのメス猫の2匹がいますので今までは毎日3びきで運動会していましたが一緒に遊ぶこともできなくなって寝ているか体中舐めまくっているので再度16日に受診して2週間持続するという抗炎症剤の注射をしてもらいました。
その間、食欲も今までの3分の一くらいになってました。注射後も3日くらいで掻くのを止めないで更に悪化してきたので24日に再度受診して血液検査をしてもらいました。痒みを伴う皮膚のガンは無かったです。まだ外注に出してる検査の結果は出ていなくて今日出た結果で悪いところはALTの値が異常だったので痒みは抗ヒスタミン剤に変えて肝臓の方の治療を始めました。今日は注射で明日から飲み薬、肝保護剤と利胆剤みたいですが薬の名前はわからないです。まずは食欲と体重を戻していきたいのでヒルズのad缶は今まで与えたことはないですけどそういうものにしていいのかとわからなくて・・・体重は4.1キロくらいあったのが今日は3.5キロになってて心配しています。脱水も心配だったのでウエットものをあげたりカナガンと言うものを取り寄せたりしてみましたが食いつきはイマイチでおやつのチュールなどで凌いでいるところです。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。外注の検査であれば猫伝染性腹膜炎や膵臓炎などの可能性も疑っているのでしょうね。結果次第ですが、外注検査でも異常が見つからないような場合は、一度超音波検査なども行っておくと良いでしょう。 通常今回のようにステロイドにあまり反応しないような場合は、感染であったりそれ以外の大きな病気が隠れている場合がありますので、できるだけ詳しく検査を進めていかれると良いと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。
ステロイドの影響でALTの値が高くでたりは無いのでしょうか?
他に大きな病気が無かった場合は投薬と食事がきちんとできて体重が戻ってくればまた元気な子になると思っても大丈夫ですか?
里親になって、一番元気に活発で他の子のご飯も横取りするような子だったので心が苦しいです。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
ステロイドの影響でALTが上がる場合は多いのですが、2回の投与ではなかなかそこまでの数値となる事は稀で、持続の注射というのがステロイドの場合はその影響もあるかもしれません。2週間持続の注射が抗生剤であれば、そのような作用はないのでやはりステロイド以外の理由があるのかもしれません。 猫伝染性腹膜炎や猫エイズ、白血病などのウイルスの病気でない限りは、治療・食事によって状態が改善すれば再び通常の生活に戻れると思います。
atlus302をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。
かかりつけの先生の指示に従い投薬と食事に気を付けて回復を目指します。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
どうぞお大事になさってください。

猫 についての関連する質問