JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1312
経験:  臨床家
84238367
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

30分前から急に後ろ足が痛がり初めた。触ると痛がる泣き声を出し、再度触ろうとすると威嚇するようになりました。それまで

解決済みの質問:

30分前から急に後ろ足が痛がり初めた。触ると痛がる泣き声を出し、再度触ろうとすると威嚇するようになりました。それまでは暑さでずっとよこになっていました。熱中症でしょうか
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
何点かご質問させてください。
どちらか片方の足だけを痛がっているなどありましたか?
歩く様子に異常はありますか?
質問者: 返答済み 2 年 前.
左の後ろ足をひきずって歩きました。現在は横になって寝ています。
質問者: 返答済み 2 年 前.
左の後ろ足をひきずって歩きました。現在は横になって寝ています。
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。
猫の場合、急に足をひきずったり痛みがあるような場合、血栓が詰まって足が動かなくなっている場合があります。
多くは心臓に心筋症があり、血流が悪くなることで血栓ができやすくなるのですが、その多くが足の部分に詰まる事が多いです。
そのような場合、可能であれば血栓を溶かす治療を早期に行った方が改善も早いので、午後の診察の時間に一度動物病院を受診して、心臓のエコー検査、後大動脈の血流のチェックを行う事をお勧めします。
少し様子を見る場合でも、起きた場合にまだ足をひきずっている様であれば今日中には受診された方が良いでしょう。
atlus302をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問