JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

普段より呼吸が早く、時々口で息をする状態が2時間程度続いています。 呼吸以外は普段と変わりなく過ごしているように見

解決済みの質問:

普段より呼吸が早く、時々口で息をする状態が2時間程度続いています。
呼吸以外は普段と変わりなく過ごしているように見受けられます。
トイレも普通通りでした。
病院に連れていくまでの、自宅でできる応急処置を教えて下さい。
よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 1 年 前.
こんにちは。
4歳の猫ちゃんで口を開けて呼吸しているということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
病院に連れて行くのはいつになりますでしょうか?
何か持病はありますでしょうか?飲んでいる薬はありますでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 1 年 前.

持病、飲んでいる薬はありません。健康です。

普段は病院に行くことはなく、年に一度健康診断で行く病院が本日休みのため、明日になるかもしれません。

今日行く場合、遠くの病院になってしまうので猫の体に負担がかかり悪化しないか心配です。

今は口は開けることはなくなりましたが、まだ呼吸が早いです。よろしくお願いいたします。

専門家:  issafd3s 返答済み 1 年 前.
ご返事ありがとうございます。
呼吸が速くなった原因にもよりますが、呼吸が速いということは肺などの呼吸器系に何らかの原因で負担がかかっていることを意味しますから、その負担をなるべく軽減することになります。
室温は涼しい方が呼吸しやすいため、24度位を維持されることをお勧めします。
寝床を冷やす以外にある程度猫が自由に場所を選べるようにされることをお勧めします。
運動すると呼吸器に負担がかかるため、部屋は一か所にしておかれるとよろしいかと思います。
呼吸が速くなる原因としては、肺の炎症(感染症、アレルギー、まれに腫瘍など)、胸水貯留、心臓病、痛み、など様々です。
いずれにしましても安静と部屋を涼しくすることに努めることをお勧めします。
また今の状態を動画撮影されておかれて、受診時に先生に見せていただくことをお勧めします。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問