JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

現在14歳の雑種の女の子です。 嘔吐と食欲不振で元気がありません。 7/18に定期健診でBUNの数値が35.

解決済みの質問:

現在14歳の雑種の女の子です。
嘔吐と食欲不振で元気がありません。
7/18に定期健診でBUNの数値が35.1、CREの数値が2.2、IPの数値が4.1、GPTの数値が62と出ましたので内服液(セミトラン)の服用1週間続けました。
7/26に血液検査をしたところ。BUNの数値が34.7、CREの数値が2.3、IPの数値が3.8と出ましたがGPTの数値が91となりました。
この時、皮下点滴(21-200ml)を注射しました。
7/29に血液検査をしましたがBUNの数値が72.3、CREの数値が5.6、IPの数値が8.1、GPTの数値が89と出ました。レントゲンを見たところ右側の腎臓が3cmに腫れてました。
この時、皮下点滴(21-200ml)と皮下注射(3剤)を注射しました。
7/29より毎日点滴に行っております。
8/1に血液検査をしたところ、BUNの数値が74.6、CREの数値が5.2、IPの数値が9.6、GPTの数値が89と出ました。先生の話ですと、最善の治療方法として3日間入院し24時間点滴を行い数値を下げる処置を薦められました。食事を摂らないのが心配だと言われてます。
ただし我が家の猫は病院以外、外に出た事がなく避妊手術で1泊入院しただけでも元気が無くなりました。
飼い主としては少しでも具合が良くなる事を望みますが、万が一の事を考えると毎日通院した法が良いのかと悩んでいます。
どうか、良きアドバイスをお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 1 年 前.
おはようございます。
14歳の猫ちゃんで腎臓病の管理をどのようにするかということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
血液検査はご記入されているものだけをしたのでしょうか?それとも他にもしたが異常値は無かったということでしょうか?
右腎臓が3cmとのことですが、猫の腎臓はそもそも3.0-4.3cmが正常値です。
3cmで腫れているとはどういうことでしょうか?
セミントラはまだ続けているのでしょうか?
尿検査はされていますでしょうか?その場合結果を教えていただけますでしょうか?
結局のところ腎臓の数値の上昇の原因は何だと説明を受けておられますでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 1 年 前.

有難う御座います。

7/18の血液検査で異常値が出たのは、RBCが1051、Hbが15.2、Htが47.2、PLTが725.9、Clが123、GLUが157、TCHOが233、BUNが35.1、CREが2.2でした。他の数値は基準範囲でした。

直近の数値(8/1分)で異常値が出たのは、WBCが56、PLTが28.1、Clが125、BUNが74.6、CREが5.2、IPが9.6でした。

GLU、TCHOの数値は記入されていません。

その後、7/19から7/29までセミントラを服用しましたがその後は服用しておりません。

その代り毎日、皮下注射と皮下点滴をしております。

右腎臓の大きさは私が聞き間違えたと思います。

今日、聞き直してきます。

尿検査は7/29にしました、基準値より薄いと言われました。

腎臓の数値の上昇は、老化という診断です。

ご参考までに

食事は、昨年6月よりヒルズのプリスクリプション・ダイエットのi/dを与えています。

そして7/29からはロイヤルカナンの腎臓サポート(RENAL)に代わりました。

ご返答が遅くなり申し訳ございません。

よろしくお願いします。

専門家:  issafd3s 返答済み 1 年 前.
ご返事ありがとうございます。
返答が遅くなりまして申し訳ございません。
猫ちゃんの腎臓の数値の上昇の原因は老化ということですね。
慢性的な腎臓の機能低下の場合は、治療によってその失われた機能が回復することはないです。
治療の目的は今ある腎臓の機能を使って血液をろ過することを助けることと、まだ残っている機能を長持ちさせること、です。
そのため、入院して点滴をすることで一旦は腎臓の数値がさがっても退院すればまたすぐに数値が上昇すると思います。
朝病院に預けて静脈点滴を夕方の閉院時までしてもらい、夜はご自宅で過ごすということもできると思います。
いきなり何日間も預けるのは不安ということでしたら、まずは日帰り点滴から始めてみて猫ちゃんの負担がどの程度か様子をみられてみてはいかがでしょうか。
日帰りの点滴でもグッタリするようであれば、何日間も入院することは難しいと思います。
皮下点滴よりも静脈点滴の方が効果があるのは確かです。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問