JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

お願いします。 5歳サバトラ避妊済メス猫です。 昨日の血液検査についてお尋ねします。 AST 99 ALT

解決済みの質問:

お願いします。
5歳サバトラ避妊済メス猫です。
昨日の血液検査についてお尋ねします。
AST 99
ALT 67
一年前は
AST 18
ALT 42  でした。
3日前より鼻につまったものを取ろうとするようにクシュンクシュンと
していたことと、食欲が通常の3割ほどであまり食べたそうではない
ことから病院にいきました。
レントゲンで鼻の周りに異常はないそうです。
点滴後、今日はごはんも食べ、いつものムササビのような活発さは
ないものの走りまわったりしています。
体重は3年前から1年毎に、3.8 3.74 3.72 昨日3.56 でした。
AST の上昇は想定外で、少しネットで調べましたが動揺しています。
フードは勉強してザナベレ等ナチュラルフードをワインクーラーで保存したり
注意しています。サプリは与えていません。
今後の治療検査方針について教えてください。
1ヶ月後の再血液検査でいいか。
すぐ何かするべきか。
原因の可能性は何か。
先代猫を21歳で亡くしているので腎臓心臓腫瘍については研究しましたが
肝機能についてはわかりません。
散漫な質問の仕方で申し訳ありませんが、お知恵をお貸しください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
まず、ご存知かもしれませんが、ASTやALTなどいわゆる肝臓の数値というのは肝機能ではなく、肝臓の負担やダメージを見るものです。
それからASTは肝臓だけでなく、心筋などの筋肉にも入っているもので、組織障害の程度を見るときにも使います。
ALTは肝特異性が高いため、肝臓のダメージを見ます。
正直ALTはそれほど高いことはなく、また、AST>ALTになっていることから、肝臓以外の組織のダメージのせいでASTが上がっている可能性が高いと思います(肝障害でAST>ALTになることはほとんどありません)。
そうなると原因としては、内臓などの筋肉や組織のダメージが考えられるので
1.心筋症
2.膵炎
3.胃腸疾患
4.腫瘍
5.免疫疾患
などかなり様々考えられます。
上昇の程度は軽度ですので、それほど急に何か検査しないといけないというものではないと思いますが、2週間後くらいに再チェックして上がってきていないか見てもらってもいいでしょう。
もし上がってきているようであれば1か月待たずに検査してもらったほうがいいですので。
検査としては追加の血液検査
LDHやCPK、fPLIなど(こちらのページにわかりやすく乗っていますhttp://l-vet.com/modules/pico2/index.php?content_id=40)
レントゲン検査
超音波検査(腹部、心臓含む)
が必要になります。
ですので、私としては症状が治まっている(元気食欲が戻っている)場合はまずは2週間後に血液検査を再度して下がっていれば経過観察。
上がっていれば追加検査。
2,3日たってもやはりなんとなく食欲元気が落ちている場合は早めに追加検査
をしてもらうのがいいかと思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速のご返答、感謝します!

生後1ヶ月で溺れているのを救出して家族になった仔でのあり

心配です。

先生のおっしゃる通りにします。

こんな短時間に丁寧に整理されたご回答、感服いたしました。

生後3ヶ月頃からCREAが2.0-2.5と高く、(BUN20-35)電解質もいつもも正常値上限を少し越えています。

同居他猫2匹のCREAも高いため、腎臓ケアのフードもローテーションに入れています。水は電解質0の純水のみです。

これが影響しているのでしょうか。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
そうですか。
ただし、基本的にALTやASTは今あるどこかのダメージを見るものですので、今までこれらが高くなかったのであればもともとの腎臓の数値の高値や食事などの影響はほとんどないと思ってもらっていいでしょう。
一時的なものであれば次に図った時には下がっているはずです。
ASTなどは激しい運動後にもあがるくらいですので、なにかしら組織がダメージを受ければ一時的には上がってしまいますので、それが一時的であるかどうかが問題です。
今の数値は心配するほどの数値ではありませんが、それがだんだん上がってきているのか、一時的に上がっているのかを見極めたうえで、検査が必要かどうかを見てもらうという形で体上部かと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。

現在は食欲もあり、通常に戻ったように思います。

パセトシンとプリンペランを処方されていますが、何を疑ってのものなのでしょうか。年々体重が減少しており、走るとはいえ3DKのマンションなのでたかがしれています。なでると背骨がゴツゴツあたります。今回のことは何かのsosではないかと心配です。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
プリンペランは食欲増進を目的としたものでしょう。
パセトシンは抗生剤ですが、正直何を目的としたものなのかは不明です。
細菌性肝炎などを疑っているのかもしれません。
再度血液検査をしてもらい、肝数値の上昇が一時的なものなのか、じわじわと上がってきているものなのかしっかり見極めてもらったほうがいいでしょう。

猫 についての関連する質問