JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

14日ほど前から、時々舌を上に巻いて荒く息をし、耳が後ろによって臆病な症状を出すようになりました。その間食欲もありま

解決済みの質問:

14日ほど前から、時々舌を上に巻いて荒く息をし、耳が後ろによって臆病な症状を出すようになりました。その間食欲もありません。しばらくすると治って元気になり散歩も行きますが、また上述のようなびくびくしたような症状が出ます。どこか痛くなるように見えます。大体半日周期です。元気な時は食欲もあり水も飲みます。食事のあとに調子が悪くなるようにも見えます。便に異常はなく、下痢、よだれはありません。うめき声や遠吠えもありませんが、先日動物病院に連れていったら、血液検査異常なし。骨にも異常なしでした。何の病気でしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんにちわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
食後のアンモニアは測ってもらいましたか?
また、脳疾患(脳炎や脳腫瘍、水頭症など)の可能性は指摘されませんでしたか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

こんにちは、返答有難うございました。食後のアンモニアは計ってもらっていません。現時点の検査では異常はないため、次やるとしたらお腹の精密検査で、それでも異常がなければ脳の検査(MRI)が必要と言われました。時々おびえたように元気がなくなり、耳も後ろ向きになってキツネ顔になり、舌を巻いてハーハーと苦しそうに息をします。脳の病気でこのような周期的な症状になるのでしょうか?宜しくお願いします。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。
耳も後ろ向きになってキツネ顔になり、舌を巻いてハーハーと苦しそうに息をします
というのは神経症状あるいは痛みの症状です。
その場合、考えられることとしては
1.代謝性疾患
これは基本的には血液検査に異常が出てくるものです。
ただし、それは一般的な血液検査だけではわからないことも多いです。
一般的な血液検査以外に必要なものは
①食後のアンモニア
これは肝不全の時に食後にアンモニアが上がるもので、肝臓の数値が問題ない=肝不全ではないというわけではなく、肝臓の数値はあくまで肝臓に今ダメージや負担があるかどうかを見るだけですので、肝臓の機能は食後のアンモニアや総胆汁酸などが必要です。
こららが上がっている場合は肝性脳症と言いますが、神経症状を伴います。
②カルシウムか電解質
これは測っているかどうかわかりませんが、普通に測れるもので、これらが異常でも同じような症状が出ます。
2.脳疾患
これはs期ほども書いた通り、脳炎や脳腫瘍、脳炎などです。神経症状を出す代表的なものです。これはMRIを撮らないとわかりません。
3.脊髄・脊椎疾患
これは首の痛みを起こしますが、ワンちゃんの首の痛みはなかなかはっきりしません。
CTやMRI検査が必要でしょう。
MRIは麻酔が必要ですので、まずは代謝性疾患を血液検査でしっかり否定して、腹部の超音波検査も行ってもらうのは悪くないでしょう。
それから、脳神経テストを行ってもらい、何かほかに神経症状がないかどうかを確認してもらってください。
脳神経テストに異常が出ているときは脳疾患の疑いが強いです(異常がなくても否定はできませんが)。
それから、首の痛みの評価も再度しっかりしてもらったほうがいいでしょう。
その結果、やはり脳や首に異常がありそうであれば、MRIを撮ってもらうといいでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.

詳細な返答を有難うございました。もうひとつだけ質問、確認させて下さい。このメールを書いている今、表情は穏やかで、夕飯も普通通り食べ、お水も飲み、すやすや寝ています。しかし、一日に1回や2回、前述した痛そうな表情を見せます。疾患によってはこのように症状が出たり引いたりするのでしょうか?それは神経系疾患ですか?考えられるのはどの部位ですか?苦しそうな表情の時に抱っこすると、おそらく首まわりの痛みなのか(首をすくんでいるので)、あるいは腰なのか、キャンッ!と痛そうに声を上げます。神経症状、神経の痛みであることはどうも確実なようです。常時痛みが出るわけではないので、そこから疾患を特定できないのかと思っています。先生の経験、知見から最後アドバイスをお願いします。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
先ほど書いた通り、脳疾患でも頸椎疾患などでも症状の緩和と悪化を繰り返すことはあります。
ですので、いい時と悪いときとあるから何かということはいいにくいです。
ただし、代謝性疾患では食後の高アンモニア以外にはあまり症状がいいときと悪いときとあるということは少ないので、やはり脳疾患あるいは頸椎疾患の疑いが強いでしょう。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問