JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

13歳のオス猫が1ヶ月ほど前から血尿を出すようになり行きつけの獣医さんに週一ほどで通っていたのですが、先週大量に出血

質問者の質問

13歳のオス猫が1ヶ月ほど前から血尿を出すようになり行きつけの獣医さんに週一ほどで通っていたのですが、先週大量に出血したため予約日以外に緊急で病院に連れて行ったところ、膀胱癌に間違いないだろうと言われました。腎不全と膀胱癌のダブルパンチですっかり痩せてしまい先生には覚悟してくれと言われてます。今は1日中、少量すづの頻尿(血尿)でクタクタになっているみたいです。
これからどんどん弱ってくるのは防ぎようがないですが尿意過多による頻尿だけでも楽にしてあげられないでしょうか??
圧迫排尿などは出来ないでしょうか??
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
13歳の猫ちゃんで血尿と頻尿ということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
腎不全とのことですが、クレアチニンの数値は幾つでしょうか?
膀胱のエコー検査などはされたでしょうか?
受診された病院は1件だけでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。順を追って説明させていただきますと13年前に生後およそ3ヶ月の時に拾い、すぐに去勢の手術。そのおよそ1年後くらいに尿結症による血尿をしました。病院の治療と専用のドライフードを与えることで血尿は治まり、数年前から療法食と一緒に削りぶしや市販のドライフード与えていました。10数年ぶりに血尿を出し始めたのは1ヶ月ほど前からで週一の単位で今の猫の、前の猫の時に通っていたベテラン獣医さんの所に通い始めましたが2週間ほど前からほとんど突然に食欲が失せ、みるみる内に痩せて行き明らかに元気が無くなってしまいました。予約日以外でそのベテラン獣医さんに連れてってそこで初めて腎臓の検査を行ったら体重は1Kg以上減。体温は35度と低く、クレアチニン値は3.4で、腎不全に尿毒症を併発してると言うことで、ほとんど毎日のように点滴治療を行いました。
点滴治療を5,6日ほど続けた所である日曜の朝、大量の血尿を出しこのまま死ぬのではと言うくらいに苦しそうでした。
次の日の朝から血尿の頻尿が始まり、その次の日にまた獣医さんに連れて行って血液検査を再び行ったらクレアチニン値は2.7で状態は改善されてるはずだが血尿の多さで1度目の検査の時から血液濃度(?)値が41から16まで減っており明らかな貧血。
その症状から膀胱癌の可能性が高いので、覚悟しておいてくれと言われました。
エコーや画像検査などはしておりません。
このような返事でよろしいでしょうか?
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
血尿という明らかな異常が出ているのであれば、尿検査は実地されることをお勧め致します。
また貧血に着きましても、貧血の原因を調べる必要があります。これは血液検査、血液トマツ検査をして再生性か非再生性かを調べます。出血が原因での貧血ということであれば、血液の再生像がみられるはずです。
また血液検査だけでは腫瘍性の膀胱炎かどうかは判断できかねますので、ぜひエコー検査をされて膀胱の状態を調べることをお勧めいたします。
猫の場合膀胱腫瘍であれば、移行上皮癌が多いですが、その場合はピロキシカムなどの非ステロイド系消炎剤を使用します。
ただし腎臓病の場合には、使いづらいのは確かです。
その辺りはまずもうすこし必要な検査をされたうえで総合的に判断することが重要だと思います。
腫瘍性の出血であれば、やはり一時的にせよそちらの治療を優先する必要があるように思います。
圧迫排尿とは何を想定されているのか不明ですが、猫ちゃんが尿閉で尿が出づらいとお考えでれば、それは違います。
頻尿の原因は膀胱炎による残尿感によるものであるため、炎症を抑えることで頻尿の症状が緩和されることになります。

猫 についての関連する質問