JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1212
経験:  臨床家
84238367
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

こんばんは。 夜分遅くに大変申し訳ありません。 お伺いしたい事があり、メッセージ送信させて頂きます。

質問者の質問

こんばんは。
夜分遅くに大変申し訳ありません。
お伺いしたい事があり、メッセージ送信させて頂きます。
現在、生後約8日になる子猫を2匹飼っているのですがその内1匹がへその緒が取れた後、へその部分が化膿しており今は黒い点のような状態になっています。
ただ、おそらく膿が溜まっている様子でこの場合は無理矢理にでも膿は出しておいた方が良いのでしょうか。
それとも、消毒液などで消毒する程度に留めておいた方が良いでしょうか。
また、同じ猫なのですが右前足を骨折しているようで腫れています。
更に折れた骨が関係しているのか、患部に傷が出来ています。
傷の状態としては、人が転んで擦りむいた時に出来る様な傷です。
この様な傷に対しても、消毒液で消毒を施しても問題無いでしょうか。
骨折の箇所については、1度獣医さんに診察を受けてまだ体も小さく手術やギブスを充てる処置は難しいと言われました。
抗生物質と整腸剤を貰って10日間様子を見ましょうと言われました。
ただ、傷や化膿している影響か食欲が落ちてしまっています。
こういった症状の場合、何か自宅でも出来る処置はありますでしょうか。
まだ小さい命、何とか助けてあげたいです。
何分、素人極まりない為お力添え頂けると幸いです。
よろしくお願い申し上げます。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

へその部分ですが、あまり無理には絞り出したりなどはしない方がよいと思います。
抗生剤をいつから投与されているのかわかりませんが、化膿や感染に対して即効性のあるものではないので少なくとも3日~5日程度は投与して効果がなければ別の物を使用した方が良いでしょう。
イソジンなどで軽く表面を消毒する分には問題ないです。

骨折に関しては診察された動物病院さんと同意見で基本的には放置するしかないです。
乾いた擦り傷であれば消毒も必要ないでしょう。
じゅくついている場合は消毒をして、念のため抗生剤の投与も行っておくとよいと思います。

食欲が落ちていることが最も心配で、8日齢ほどの子猫は2時間毎間隔ほどでミルクを与える必要があり、ちょっとしたことですぐに低血糖となってしまいます。
ミルクを飲まない場合はスポイトなどで濃い砂糖水を口にたらすだけでも結構ですので、与えておくと良いでしょう。

既に行っている場合は問題ありませんが、まだのようでしたら検便なども行って寄生虫の有無も確認しておくと良いです。
atlus302をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
早速の回答ありがとうございます。
へその部分の化膿は、現在は表面を消毒する程度に留めています。
使ってる消毒液はマキロンなのですが、イソジンに変えた方が良いでしょうか。
骨折部分の傷はじゅくついてるので消毒液で消毒しています。
抗生物質は、6月21日の日曜日から投与を始めました。
あと、排便が軟便気味で1日に何回も排便するので肛門あたりが赤くなって痛いせいか、拭こうとするととても嫌がります。
ちなみに、生後8日あたりだと本来ミルクはどのくらいの量を飲むのが適切なんでしょうか。
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
返信遅くなり申し訳ありません。

マキロンには過酸化水素が含まれており、正常な細胞も壊してしまい、感染を起こしやすくする可能性があるのでやめておいた方が良いでしょう。
イソジンであれば一日1回の消毒に用いて問題ありません。

抗生剤に関しては投与開始から2~3日目なので、もう少し効果があるのかどうか経過を見ても良いと思います。

軟便は早急に対処をしなければいけませんので、可能であれば新鮮な便を持って行って検便を行ってもらってください。
既に行っている場合も一度の検便では寄生虫などが検出されないことも多いので、再度行ってみてください。

粉ミルクの分量ですが、メーカー毎に分量が異なります。
缶などに一日あたりの分量が記載されていると思いますので、それを6~8回程度に分けて与えましょう。
軟便の原因がまだ明らかではないですが、ミルクを作る際にお湯を少な目にして少し水分を減らすのも良いかもしれません。
質問者: 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
ご連絡が遅れてしまい、大変申し訳御座いませんでした。
ご回答、ありがとうございます。
そうでしたか、マキロンはすぐに使うの止めます。
ちなみに、イソジンと聞くとパッと浮かぶのがうがい薬なのですがそのイソジンとは別の薬でしょうか?
抗生剤は、もう少し投与を続けて様子を見てみます。
診察してもらった時に、軟便の原因は今はミルクしか飲んでいないか、と言われました。
便も一緒に持っていって見せたのですが寄生虫については何も言われませんでした。
ミルクの分量も、お湯少なめにして作って改善が図れるかやっみようと思います。
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
こちらこそ返信ありがとうございます。

イソジンはうがい薬などと同様の成分ですが、薬局などで消毒用の物が手に入ると思います。

便に関してはミルクの濃さで治まれば良いのですが、あまり改善がない場合はやはり複数回の検便が必要となるかもしれません。
質問者: 返答済み 2 年 前.
早速のご回答本当にありがとうございます。
質問ばかりで、申し訳ありません。
イソジンは、早速薬局に行ってみようと思います。
消毒は、1日1回だけで良いんですか?
軟便の原因は、抗生物質の副作用もあるのかなと思いました。
あと、肛門あたりが赤くなって痛そうなのは何か薬を塗ったりしてあげた方が良いのでしょうか?
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
消毒はあまり多すぎても刺激になるので一日一回で十分ですよ。

抗生剤に関しては飲む前が全く問題なかったのであれば副作用の可能性はあります。
その場合は一度休薬して別の薬を試すか、休薬するのが基本なのですが、感染などがある場合は完全に休薬するのは難しいかもしれませんn。

肛門周りに関しては、人間用の軟膏などがもしあれば薄く伸ばして塗ってあげても良いでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
連絡遅くなってしまい大変申し訳御座いませんでした。
ご助言頂いた通り、イソジンで幹部の消毒と抗生物質を処方していった結果、傷口が大分癒えてきました。
ミルクも、飲む量が徐々に増えてきました。
本当にありがとうございます。
ただ、今度はもう1匹の元気だった猫がミルクを飲まなくなってきてしまいました。
ミルクを与えている時の様子を見ていると、哺乳瓶を吸う感じでは無く噛むようになってきて上手く飲めていない様な感じです。
これは、哺乳瓶の飲み口が合っていないからなのでしょうか?
または、どこか体調不良を訴えているのでしょうか?
突然、飲む量が減ってきたので心配です。
生後数週間の赤ちゃん猫がミルクを飲まなくなってしまう主な原因てどの様な事がありますでしょうか。
大変申し訳ありませんが、ご助言頂けると幸いです。
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
もう一人の子があまりミルクを飲まないとのことですね。
原因としては、哺乳瓶の先が太いであったり、便が出ていない場合、ミルクの温度が適切ではない場合などが考えられます。
交換可能であれば先の細いものや、病院で細い注射器をいただいてそれを用いても良いでしょう。
便などはお湯で濡らしたティッシュなどで肛門周りを刺激すると出やすくなるでしょう。
また、ミルクなどは人肌より少し熱いくらい、37度ほどに調節してみてください。
飲みが悪い場合はミルクでなくても濃い砂糖水を口に含ませるだけでも低血糖は避けることが出来るので、色々と準備が整うまではそのような対処をされると良いと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
回答ありがとうございます。
哺乳瓶の先は買った時に2つ付いてたので取り替えて試してみます。
ちなみに、砂糖水の砂糖はどのくらいの分量が適切でしょうか。
体調約20センチ
体重120g
です。
体の不調という可能性もあるでしょうか?
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
おはようございます。

砂糖水はできるだけ濃い物を作っていただいて少量を与えるだけでよいです。

上で挙げたような対策を行っても改善がない場合は不調の場合ももちろんありますので、熱がないか、便がたまりすぎていないかなどを確かめるのも兼ねて通院されるのをお勧めします。
質問者: 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
昨日、砂糖水やミルクをあげていた時に、猫の容体が急変して
ぐったりしてしまい、夜間診療に行ったりしていて連絡が遅くなってしまいました。
大変申し訳ありませんでした。
夜に、ミルクをあげていた際に、猫がむせる様な仕草を見せたため、一度ミルクあげを中断して様子を見ていた所、急激にぐったりとしてきてしまい急いで夜間診療へ駆け込んだのですが誤嚥による肺炎を起こしている可能性が高いと診断されました。
この場合、こちらから何かしてあげられる事はあるでしょうか。
また、かなりぐったりしている影響か口を開けるのも苦しそうな感じです。
今は自分が半ば無理矢理口を開かせて、スポイトに入れた砂糖水を口の中に垂らしています。
元気を取り戻してきたら、またミルクをあげようと思っているのですが、口を中々開いてくれない子猫に対して上手く口を開かせて哺乳瓶を入れてあげる方法などってありますでしょうか?
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。

大変な状況だったようですね。

現状としては、飼い主様が行っている対処の他は積極的に行える事は少ないです。
食事が満足に取れない場合は低体温となる場合がありますので、寝床を温かくしておくと良いと思います。

回復してくれた際の飲ませ方などですが、最初から水分を入れてしまうのではなく、まずは人間の小指などをしゃぶらせて反応を見て行くのも一つです。
恐らくは体調が戻れば自分から飲む行動も増えてくれると思います。

病院では誤嚥や肺炎の対処は注射や飲み薬など何か行いましたか?
質問者: 返答済み 2 年 前.
病院では、ビタミン注入注射と抗生剤と砂糖水を処方してもらいました。
ただ、家に帰ってきて猫の呼吸が口呼吸になってかなり苦しそうに呼吸します。
取り急ぎ、調べたら猫の口呼吸は危険な状態とて出来てこれから病院へ再度行こうと思っています。
口呼吸になってしまった時に自宅で出来る対策ってありますでしょうか?
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
病院などであれば酸素室に入ってもらうのが一番良いのですが、自宅ではなかなか有効な対処を行うのは難しいです。

気を付けて通院されてください。
質問者: 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
連絡が遅くなってしまい大変申し訳ありませんでした。
口呼吸になってしまった子猫ですが、懸命の処置を施して頂いたのですが亡くなってしまいました。
亡くなった事実を受け止めるのが、中々出来なくて返信も出来ていなく本当に申し訳ありませんでした。
誤嚥による肺炎起こしていた様です。
ただ、まだもう1匹の子猫は懸命に生きているのでこの経験を踏まえて大切に育てていこうと思います。
もう1匹の子猫は、ミルクはたくさん飲むのですが中々下痢が治りません。
検便もしてもらったのですが、回虫や寄生虫はいませんでした。
飲ませているミルクとの相性とかも関係あるのでしょうか?
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
お力になれず申し訳ありませんでした。
非常に残念ですが、残ったもう一人を大切にしていきましょう。

下痢がなかなかおさまらないとのことですね。
ミルクが合わない可能性もありますが、まだ残りの分量が多いようでしたらすぐにメーカーを変えることもないと思います。

ほとんどのメーカーが記載している粉ミルクの溶かし方では非常に薄いものができて軟便をしがちなので、なるべく濃く作っていただくのがすぐにできる対処です。

また、検便で寄生虫が検出されなかったということですが、悪玉菌(らせん菌など)が多くても下痢をすることがあるので、試験的にドキシサイクリン(抗生剤の1種)を投与してみることや、下痢止めを処方してもらうのも良いのではないかと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
連絡が遅くなってしまい申し訳ありません。
仰られる通り、まだもう1人懸命に生きてる命があるのでこの子だけでも元気に育ててあげたいと思っています。
いろいろ、ミルクの分量を変えたりしているのですが、やはり中々下痢が治りません。
今はミルクもたくさん飲めているのですが、飲めなくなってしまった時の脱水が怖いです。
あと、ここ数日猫の体温が37℃と少し低めな気がします。
食欲もあり、調子が悪そうな素振りは無いのですがとても心配です。
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。

軟便がなかなか治まらないのは困りましたね。

上で挙げたような薬を試してみるのも一つですし、思い切ってミルクの種類を変えてみても良いかもしれません。

また、検便なのですが、非常に新鮮な状態でないと検出されないような細菌、寄生虫もいたりしますので、病院で直接体温計などについた便を調べてもらうことも行った方が良いでしょう。
検便の種類に関しては、浮遊法という卵を調べる検査だけではなく、直接法という方法で行っていただくと原因菌などが明らかになることがあります。

体温は36度台になると活動性・元気食欲など低下してきてしまいますので、布やタオルなどでくるんであげるのも良いかもしれません。
それでも不足がありそうであれば、タオルなどにくるんで低温やけどに注意してホッカイロや湯たんぽなどを使うのも良い方法です。
質問者: 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
ご回答ありがとうございます。
今日も、病院で下痢止めとビタミン注射を施してもらいました。
検便は、病院へ行く度にその日採取したての便を持って行っています。
寝床のダンボール箱のペットボトルを2本入れているのですが、入れすぎでしょうか。
猫を入れると、ペットボトルから離れた所で寝たりするんですが、なるべくペットボトルに隣接させてあげた方が良いでしょうか?
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
ペットボトルに関しては無理に隣接させる必要はないでしょう。 検便などはしっかりしているという場合は、ミルクの種類を変えてみても良いかもしれませんね。歯が生えてくるとドライフードをふやかした物などを食べれるようになるので、もうしばらく頑張ってみましょう。

猫 についての関連する質問