JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

7歳のソマリ(オス)がFIPを発症し、今週から入院しています。腹水を150cc抜き、インターフェロン、ステロイドなど

解決済みの質問:

7歳のソマリ(オス)がFIPを発症し、今週から入院しています。腹水を150cc抜き、インターフェロン、ステロイドなどの治療と強制給餌をしていますがほとんど食事ができません。貧血も改善しておらずどんどん弱っています。輸血の話も出てきました。
治らない病ならこのまま病院はかわいそうなのでで自宅に連れ帰ってゆっくり過ごさせてやりたいのですが、できるだけ猫に負担や苦痛がないような方法はないでしょうか。費用は惜しみません。どんなことでも情報をいただけたら嬉しいです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
7歳の猫ちゃんでFIPとのことですね。
少々お尋ねしたいのですが、
腹水の検査とは腹水の遺伝子検査とのことでしょうか?
ゆっくり過ごさせてやりたいとのことですが、より具体的には何をしてあげたいということでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。検査は血液と抜いた腹水を検査に出したそうです。

FcoV抗体価1600倍、またアルブミン、グロブリンの値(グロブリン2種の値が非常に高い)でFIPVの最終結果が届きました。間違いないですね、とのことでした。

残った時間を猫にストレスのないようにできるだけ苦しまないように、自宅でゆっくり過ごさせてやりたいと思います。そのために自宅で治療介護する場合に可能なこと、猫のために是非やっておきたいことを知りたいのです。

病院の治療で状況が改善するのであれば入院を続けても良いのですが、残念ながら効果が出ていないということなので、せめて残った時間は自宅でリラックスさせてやりたいのです。

自宅で素人が介護する場合、どの程度のことをしてやれるかわかりません。知人の猫飼いさんは強制給餌だけでなく、注射などもしていたと聞きました。

今の病院の担当医がこちらから聞かないとご自分からは積極的に情報を出してくださらないので、自分なりに情報を集めている状況です。

輸血のお話もありますが、猫にどのように負担がかかるのかもわかりません。またこの病院は往診はしません。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
腹水のPCR検査をされていないのであれば、念のために、アイデックスという会社でできる腹水の遺伝子検査をされておかれることをお勧めいたします。
FIPの生前診断は難しいとされていましたが、この検査で確定診断することができます。
RealPCRFIPウイルスという検査項目です。腹水であれば0.5ccと少量あればできます。
食欲がなくて自分では食べない場合には食道チューブか経鼻カテーテルを設置していただくことをお勧めします。
食道チューブを設置する場合は短時間ですが麻酔が必要です。
経鼻カテーテルの場合は麻酔は必要ないです。
もしほんとにFIPであれ治ることは非常に難しいですし入院して治療するような病気ではないと思います。
チューブを設置しておけばそこから食事や薬を投与することができるため、看護する際の幅が広がると思います。
インターフェロンは効果はないですから止めた方がよいでしょう。
代わりに高いお薬ですがアトピカという免疫調整薬が効果がある場合があるため、その薬を使用されるとよろしいかと思います。FIPの軽症であれば効果がありますが、腹水が溜まるほど重症になると効いてくれるかどうかは分かりません。
皮下点滴が必要な場合には、病院にて点滴セットをだしていただくとともに皮下点滴の方法もおしえていただくことをお勧めいたします。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問