JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

はじめまして。 ねこの嘔吐について、悩んでおります・・・ 通院もしましたが、原因不明とのことで藁にも縋る想いで、

質問者の質問

はじめまして。
ねこの嘔吐について、悩んでおります・・・
通院もしましたが、原因不明とのことで藁にも縋る想いで、
こちらに質問させて頂きたく存じます。
まず我が家のねこですが、
・雑種 雄(去勢済) 12歳 完全室内飼い
・エイズ等の病歴なし
・元々吐き癖あり
・骨格が小さいのか、体重はMAXでも3.8kg
・ご飯はカルカンパウチ、ヒルズのカリカリ(毛玉ケア)
・幼い頃に口内炎が発覚し、物が食べられなくなったため、
抜歯して今は殆どが歯がない状態だが、
それによる体調不良・食欲不振はなし
上記が基本データです。
事の発端は去年の夏のこと。
7月のはじめ、何の前触れもなく、食欲不振になり嘔吐も数回。
かかりつけ医の診断を受け、血液検査、レントゲン等も数回受けましたが、
特に目立って悪い箇所や数値はないとのこと。
しかし、日に日に食べられなくなり、3.8キロあった体重も、
約1ヶ月ちょっとの間に2.8キロにまで落ちてしまいました。
その間、毎日通院し、栄養・水分補給の点滴と吐き止めを入れてもらい、
自宅では、1~2時間おきにA/D缶の強制給餌を行っていました。
ねこも相当辛かったのか、寝ることもできず、
ただただ座っているだけ・・・
大好きな毛繕いもしなくなりました。
通院の日々が続き、かかりつけ医に、
「このまま原因不明では心配だ。
ここでは受けられる検査にも限りがでてきてしまうので、
良い医者を紹介するから、北海道大学の獣医センターにて、
1度詳しい検査を受けてみてはどうか」
との話を頂き、早速受診しました。
ですが、やはり検査結果(数値)に異常はなし。
強いて言うなら腎臓の数値が少し気になる程度だが、
「異常」と判断するような数字では全くないとのことでした。
帰宅し、いつのものように地元の病院での点滴と、自宅での強制給餌を続け、
暦が秋になった頃、あんなに弱っていたねこが、
自分から食事を口にしたり、徐々に走ることもできるようになり、
毛繕いも再開と、突然の体調回復でした。
体重も3.3キロにまで戻り、じゃれて遊ぶこともしますし、
表情(目)にも力があります。
そして今年に入り、先月あたりから嘔吐の回数が増えてきたのです。
食事は上記基本データの通りで、昔から同じものを与えていますので、
ご飯が合わない、という訳ではないと思うのですが・・・
まず、朝起きて胃液を吐きます。
ねこは空腹なので「ご飯が欲しい」と鳴きますが、
胃腸を休めるため、3時間ほどは何も与えず様子を見ます。
いつもの量の半分程度の量を与え、それでもまだ戻すようなら再び様子見、
問題なく食べるようなら、また数時間後にいつもの量を給餌。
そして夕方~夜には本調子に戻り、ご飯の催促の回数も量も増えます。
排泄・排尿の回数も、日によって若干の差はありますが、ほぼ同じ。
痛がって鳴くようなこともありません。
嘔吐した直後と前後以外は、元気そのものなのです。
ですが、さすがにこれが毎日ともなると、心配で・・・
吐く行為は体力を消耗するとも聞きますし、何より苦しそうで可哀想。
ペット酵素も試してみましたが効果はなし、嘔吐は続いています。
このような質問には、「早く病院へ行け」と言われることがしばしばで、
それはご尤もな正論だとは承知しております。
ですが、我が家のねこにとって、病院(通院)が何よりもストレスで、
かえって元気や食欲がなくなってしまうため、
なかなか踏み切れずにいます。
まして、今のこの体重ですと、また去年のように急激に減ってしまった場合、
いとも簡単に3キロをきってしまいますので、それも躊躇する原因のひとつです。
また、去年体調が悪くなったのが7月のはじめ、と書きましたが、
6月の中旬頃、毎年接種していた5種混合ワクチンを受けました。
いつもの薬だと強すぎて合わないので、去年は初めての薬に変更しました。
薬が変わっただけで、5種には変わりないのですが・・・
これも、何か関係しているのでは、と疑心暗鬼にもなってしまい、
我が家では、今年の予防接種も見合わせようか・・・
という話にもなっているほど、病院(通院)は極力避けたいのです。
食事を変えるべき、若しくは「これを試してみるべき」といったような、
何か自宅でできることはありますでしょうか?
アドバイスを頂けましたら幸いです。
どうか、どうかよろしくお願い申し上げます。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
12歳の猫ちゃんで嘔吐の回数が多いということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
朝胃液を吐くとのことですが具体的には何色の液体を吐くのでしょうか?
その後は食事を食べても吐いてしまうということでしょうか?
食事の種類はカルカンパウチとヒルズのカリカリのことでしょうか?
今までに試した食事の種類は何でしょうか?
また今までにどのようなお薬を使用されたでしょうか?具体的な名前はお分かりになりますでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

こんにちは。

早速のご回答、大変感謝申し上げます。

また、当方の説明が不十分であったこと、申し訳ありません。

追記させて頂きます。

胃液の色は透明なものに泡が混じっているか、黄色かのいずれかです。

血が混じったことはありません。

食事の後に戻してしまうときは、たいてい食後すぐ、若しくは、

毛繕いの最中なので、食後30分以内で、

吐いたものは、ドロドロの茶色い、未消化のフードです。

1日に数回嘔吐する場合でも、胃液を吐くのは朝のみで、

あとは上記の通り、未消化のフードです。

そして、最初の質問にも書かせて頂きましたように、

夕方~夜には本調子になることが殆どで、

フードを戻してしまうのも、午前中~だいたいお昼くらいまででしょうか。

朝の嘔吐頻度は非常に高いものの、そのあとのフードは、

吐いたり吐かなかったりと、日によって違いますが、

サイクルや戻したものの色や内容は、上記の通りです。

食事の種類は、ご記載頂きました通り、カルカンパウチとヒルズのカリカリです。

元々少食なので、1度の食事で大量に与えることはしていません。

パウチなら、1袋を数時間おきに少しずつ与え、

調子が良いときで、1日で1袋と少しを完食します。

封を切ったフードはタッパーに入れて冷蔵保存し、与える際には、

電子レンジで約12~15秒温めています。

今までに試した食事の種類ですが、幼い頃はカリカリのみでしたが、

基本データにも記載しましたように、口内炎を患いましたので、

固いものよりは柔らかいものを・・・と、ウェットタイプに変更しております。

缶詰タイプを与えていたのですが、元々少食であること、

頑固で食べないことも多かったことから、

今現在のパウチのものに変更し、味も数種類与えています。

また、通院中はA/D缶、ロイヤルカナンの高栄養等も与えていましたが、

いずれも強制給餌でようやく口にしてくれる程度。

自ら食べる力を取り戻した秋以降、これらの食事を皿に出しても、

においを嗅ぐだけ、若しくはほんの少し口にするだけで、

完食はまずしません。

主な食事は上記フードですが、ヘアボール用のカリカリも、

1日に1度程度与えております。

ですがこちらは少量です。

食い付きが良いので、ねこの好みには合っているようにも思います。

薬の具体的な名前ですが、こちらは今手元に領収書がないため、

お答えできないのです・・・大変申し訳ありません。

通院中に入れていた点滴は、水分補給と吐き止めでした。

帰宅してからも服用させるように、と錠剤の吐き止めが出ていたのですが、

1錠では強いので、半分にして与えていました。

水分補給により尿の回数が多くなったり、点滴・服用の直後には、

足元がふらついていることはありましたが、

重篤な副作用が出たことはありません。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
昨年は食欲不振で嘔吐の症状が出ていて、今年は食欲はあるが嘔吐の症状ということですね。
混合ワクチンにつきましては完全室内飼育で外には散歩にも出ないということであれば、2-3年に一回3種の混合ワクチンを打っていただければ十分です。
今年はあえて打たなくてもよろしいかと思います。
猫は基本的には犬と違ってダラダラと食事を食べる性質があるため、食事をお皿に入れてあげていつでも食べれるようにされておかれることをお勧めいたします。
文章を読ませていただきました印象としては、犬でときどきある胆汁嘔吐症候群に近い症状ではないかと思いました。
朝方空腹で胃酸分泌過多になりそれが原因で胃液(無色透明の液体または泡)や胆汁液(黄色の液体)を吐くという症状です。
また猫の場合逆流性食道炎をおこしやすいため、胃酸で食道粘膜があれて、またそれが原因で吐くという可能性があります。
対策としましては、
夜中も食事を自由に食べれるように置いておく、
夕方にファモチジン(ガスター)を飲ませてあげる、制酸剤で0.25-0.5mg/kg1日1回ー2日に1回
つまり3kgの猫の場合0.75-1.5mgを1回に飲ませるということになります。
病院で処方していただくことができます。
薬局でもガスター10をかうことができますが、容量に注意して与える必要があります。
食事を消化器サポートなどの消化しやすいフードに変更する、缶詰の場合であればヒルズのi/dがよろしいかと思います。
昼には元気になるとのことですから、消化管の機能的あるいは機械的異常ではなさそうに思います。
そのため、食事の与え方を変える、胃薬を夕方(7-8時ごろ)に飲ませる、食事を消化しやすいものに変更する、などが最初に試みていただきたいこととして考えらえます。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご丁寧な返信に、心より感謝申し上げます。

まず、ワクチンについてですが、やはり2~3年に1度で十分なのですね。

夏になると、窓を網戸に変えるため、窓辺に座って外の風を感じたり、

洗濯物を干す際に、一緒にバルコニーに出て、数分日向ぼっこをする程度で、

自ら外へ出ることはもちろん、リードをつけての散歩もしていませんので、

やはり今年は様子見にしようと思います。

そして、嘔吐のこと。

逆流性食道炎や、胆汁嘔吐症候群ですか・・・

ご回答を拝読し、これに当てはまっているように思います。

実は以前は、夜中も少量のフードを皿に入れて就寝していたのですが、

それを絨毯や布団に嘔吐することが稀にあったため、

夜は水以外置かないようにしていたのです・・・

もしかしたら、朝方の異常な空腹は、これが原因かもしれませんね。

早速、少量ずつ試してみようと思います。

ガスター10は、CMで見たことがあるので存じておりますが、

まさか動物にも使えるとは・・・これは目から鱗です。

容量に注意して与える必要がある、とのことでしたが、

効能等は、病院で処方して頂けるものと変わりないのでしょうか?

ご記載頂きました用量、0.75-1.5mgは、自宅でも容易に測ることはできますか?

また、服用頻度や方法(フードに混ぜる、直接飲ませる等)も、

併せて教えてご教示頂けましたら幸いです。

(病院では、恐らく飼い主だけの来院で処方して頂くことはできないと思いますので、

 できれば市販のガスター10で試してみたいと思っています)

質問ばかりになってしまい、度々お手数をおかけ致しますが、

どうぞよろしくお願い致します。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
ガスター10はファモチジンが10mgです。
容量は先ほど詳しく記入させていただきましたが、3kgの猫ちゃんで0.75-1.25mgです。
つまりガスター10を1/16-1/8にしていただければよろしいです。
はさみで割ってみてください。
1日1回から2日に1回程度で夜7-8時に飲ませることです。
私は食事内容にも問題があると思っています。
消化器サポートなどの消化しやすい食事に変更することも合わせて検討されることをお勧めいします。消化器サポートはドライしかないので、歯がない場合には、それをふやかしてゲル状にして与えてください。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

度々のご回答、誠にありがとうございます。

詳しいご説明に感謝致します。

1~2日に1回ですね、承知致しました。

ガスター10は錠剤なのですね。

液体の薬だと勘違いし、計量方法等、的外れな質問をしてしまいました。

大変申し訳ありません。

そうですね、食事内容も変えてみようと思っています。

カルカンパウチは、年齢別に発売されていることもありますし、

何より、ねこ自身の好みにも合っているため、

ここ数年、味を変える程度の変更しかなかったのですが・・・

もう若くもないので、健康面を考慮した食事にしていこうと思います。

幸いにも、ドライタイプしかないとのこと。

ウェットタイプだと、選り好みが激しい頑固なねこですので、

ドライであるということは、大変助かります。

現在のヘアボールコントロールから、こちらの消火器サポートに変え、

夜中に食べることもできるよう、工夫していきます。

この度は、迅速且つご丁寧なご回答をありがとうございました。

頂いたアドバイスを参考に、早速実践していこうと思います。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
また何かございましたらご相談いただければと思います。

猫 についての関連する質問