JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1214
経験:  臨床家
84238367
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

19才10ヶ月の雄猫です。昨夜から右後ろ足の様子がおかしいので、病院に行くと脱臼してました。 全身麻酔で手術す

解決済みの質問:

19才10ヶ月の雄猫です。昨夜から右後ろ足の様子がおかしいので、病院に行くと脱臼してました。
全身麻酔で手術するしか治る方法はないと言われました。が、年齢的なこともあって全身麻酔はリスクが高いと。
取り敢えず痛み止めの薬を貰って様子を見ています。
今のところ食欲もあり、トイレも3本足で行っています。
弱っているので、手術は受けさせたくないのですが、どうしたらいいでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

脱臼しているのはどの部分の関節でしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.
右の股関節です。
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。

手術以外にも、テーピングで固定して脱臼を整復する方法もありますが、一度しっかり関節を戻す必要があるので、最低限でも鎮静や場合によっては同じく全身麻酔が必要となることもあります。

年齢としては人間でいうと90歳以上と思っておいた方がよいくらい高齢なので、処置を行わない方法も良いと思います。
不自由はあると思いますが、食欲があり、トイレをしっかり行えているようでしたら問題はないでしょう。

痛みはあると思いますので、現在処方されている分に関しては飲みきってしまって、必要であれば追加を処方していただく方法で良いのではないでしょうか。
atlus302をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問