JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

こんにちは。見落とす位の症状ですが、頭を縦に小刻みに揺れる感じです。小さく小さく頷くような。度々しています。ここ一週

解決済みの質問:

こんにちは。見落とす位の症状ですが、頭を縦に小刻みに揺れる感じです。小さく小さく頷くような。度々しています。ここ一週間なんとなく元気がないです。食欲もありますが、体重は1年半の間に800㌘減りました。触手も血液検査もしてもらいましたが特に以上はありませんでした。でも少し怒りっぽくなって何かおかしいです。年齢は14才雌、避妊は生後半年で済ませています。高齢というのも踏まえて、どのような症状の可能性と、これから検査をしたらいいか教えて下さい。宜しくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
14歳の猫ちゃんで、頭が揺れる感じということですね。
また体重の減少もあるということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
今体重は何キロでしょうか?
食欲はあるということですね。
血液検査で調べた項目と数値を教えていただけますでしょうか?
聴診にて異常はなかったでしょうか?
意識はしっかりありますでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

聴診はしてもらいました。異常はないと言う事です。意識はありますがなんとなく元気がなく、目に輝きがありません。体重は、3.8

項目は白血球、赤血球系、腎機能、肝機能、血糖、電解質、甲状腺ホルモン測定です。甲状腺は結果が明日になります。おしっこもうんちも普通だと思います。宜しくお願いします。

質問者: 返答済み 2 年 前.

先生回答宜しくお願いします。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
返答が遅くなりまして申し訳ございませんでした。
猫でときどき観られる症状ですが、恐らくは心臓の拍動によって頭が揺れている可能性が考えられます。
猫の心拍数は180/分位なので、小刻みに揺れる感じになります。
原因としましては、甲状腺機能亢進症などによる血圧の亢進や猫ちゃん自身が痩せてきているためという可能性があります。
痩せる原因としては、腎臓病や糖尿病などありますが、血液検査にてこれらは異常がなかったということですね。
他に心筋症の可能性もあるかと思います。
明日には甲状腺ホルモンの結果がでるということですね。
もしそれが正常値だった場合には、全身性高血圧によっても揺れている可能性がありますので、
今後可能であれば血圧測定や心臓のエコー検査などをされることをお勧めいたします。
高血圧によって腎臓の数値が高くならないように調節されている場合もありますので、尿検査もできればされることをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

度々すいません。今日行った獣医さんは、CTやMRIや、麻酔をかけて尿を取ると言ってましたが、妥当ですか?宜しくお願いします。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
CTやMRI検査の話がでたということですね。そうなりますとその先生は猫ちゃんの症状をご覧になってその症状は脳神経症状の結果出ていると判断したということになりますね。
CTやMRI検査は猫ちゃんの場合、麻酔が必要となります。
そのため、その検査をされる前に、やはり血圧測定によって高血圧の有無を調べたり、心臓のエコー検査をされてみて心臓に異常がないかどうか、をしっかり調べて、私がお答えした可能性を除外しておく必要があると思います。
全身性高血圧、甲状腺機能亢進症、心筋症の可能性が除外できた場合には、脳神経症状の疑いも考えらえますので、CTやMRI検査が適用となるかもしれません。
ただし、CTやMRI検査をして結果が脳の異常にあるとなった場合でも、有効な治療法が無い場合のほうが多いです。
私もご相談者様と同じ年齢の猫と一緒に暮らしていますが、私であれば、麻酔をかけてCTやMRI検査を自分の猫にすることはないと思います。それは、検査の侵襲度の問題もありますが、検査の結果なにか劇的に治療法が変化する可能性が低いからです。
CTやMRI検査が適用かどうかをまずはしっかり見極めるとともに、実際に検査されるかどうかにつきましてはご相談者様ご自身の猫ちゃんへの治療方針も関係してくると思います。
まずは麻酔の必要ない検査をしっかりされることをお勧めいたします。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中