JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5268
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

お世話になります。私の実家には今年の9月で17才になるスコティッシュフォールドの雄猫がいます。生後2か月ごろから我が

解決済みの質問:

お世話になります。私の実家には今年の9月で17才になるスコティッシュフォールドの雄猫がいます。生後2か月ごろから我が家の一員になり、完全室内飼いの猫です。飼い猫はずっと一匹のみで、専業主婦の母親と朝から晩までほぼべったりです。ですが、いつのころからかは記憶にないのですが、留守番をさせると帰ってくると必ず数か所吐いてあります。長時間の留守番はほぼ100%、一時間くらいの留守番でも吐いていることがあるようです。かかりつけの病院に定期的に検査をしておりますが、特に内臓疾患もなく食欲も普通にあります。一応病院で処方された吐き気止めの薬は(錠剤)服用しています。食事も猫のごはんしか食べさせておりませんので、やはり留守番のストレスなのかと家族で話したりしております。猫ちゃん自体がかなり高齢なので吐く姿も見ていてかわいそうです。何か良い対処方法があればと思い、メールさせて頂きました。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
①検査で血液検査やレントゲン検査、尿検査などは行いましたか?
②最近やせてきたなどはありませんか?
③夜中に徘徊する、食欲があるのに痩せてきているなどはありませんか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

お世話になります。質問に関して下記の通りご返信させて頂きます。

①半年前ですが血液検査及びレントゲン検査等行いましたが、特に異常   数値は見られませんでした。

②確かに2~3年前くらいから痩せてきました。若いころはマックス5キロほどあったのですが、直近では3.2キロくらいです。以前は肥満防止のサイエンスダイエットを食べていたのですが、今は高齢猫用のサイエンスダイエットを食べています。

③夜中に徘徊はありません。最初は一人でいつもの寝場所で寝ますが、夜中には必ず母親の寝床に大きい声で鳴いて一緒に朝まで寝ています。朝は6時半頃起床し、朝ご飯は父親があげているので父親の寝床に起こしに行くとのことです。ごはんは一日に数回に分けてあげていますが、食欲旺盛ですが、ちっとも太りませんし、背中を撫でると骨ばっていて痛々しいと母親はよく口にしています。

専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
考えられる病気としては
①甲状腺機能亢進症 人間でいうバセドウ病の可能性があります。
診断には甲状腺ホルモン T4 の測定が必要です。
治療は高齢なので薬を飲んで抑えることになると思います
②毛玉で吐いている
ガスターのような胃酸を抑えて胃の荒れを防ぐ
一度病院で相談してみてください
おそらく①のために嘔吐して痩せて、夜中に鳴くのだと思います
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速のご回答ありがとうございました。

甲状腺機能亢進症を治療する薬で嘔吐はだいぶ抑えられるものなのでしょうか?嘔吐以外にこの病気で出る症状というのは代表的なもので何かほかにあるのでしょうか?嘔吐したものを見ると明らかにごはんの消化不良や液体みたいなものが多いです。もちろん毛玉の時もありますが。治療しないとすぐ死に至る病気なのでしょうか?ご回答お願いいたします。

専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
やせてくる、高齢なのに食欲が多い、夜中に徘徊したり泣き叫ぶ
多臓器不全、高血圧、血液検査でALPの高値などが主な症状です
甲状腺ホルモンが過剰に産生されることでいろいろな症状が出て
最終的には生命に係わってきます。
治療しないと危険な病気です
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問