JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

宜しくお願い致します。もともと野良猫(たぶん他所で飼われてたと思います)で我が家に住みついて約15年になります、現在まで病気、怪我などなく元気に生活しておりました、昨日の朝方から様

解決済みの質問:

宜しくお願い致します。もともと野良猫(たぶん他所で飼われてたと思います)で我が家に住みついて約15年になります、現在まで病気、怪我などなく元気に生活しておりました、昨日の朝方から様子がおかしくいつもと違うのでご相談させて頂きます。
様子ですが、 歩き方がいつもよりゆっくりで辛そで、昨日の午前中は少し動きが有ったが夜にはグッタリとして殆んど動かなく寝てます、
そしていつもの姿勢(歩く時、座っている時)よりも頭部を下げてます(前のめりになりそうなぐらい)
食事は昨日の朝方に少しだけ食べた後吐いて、それ以来食べてません、水はたまに起きて少し飲みます。(食事は市販の高齢猫用キャットフード)
乱文、長文で申し訳御座いません、どうか宜しくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
15歳以上の年齢の猫ちゃんが食欲元気なしということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
我が家に住み着いたということは、猫ちゃんは外で生活しているということでしょうか?
なにか持病は持っていますでしょうか?猫白血病や猫エイズなど。
明らかに異常を感じたのは昨日とされていますが、だんだん痩せてきている、水を沢山飲むようになった、などということはないでしょうか?
病院には連れていけそうにないということでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

返信が遅くなりまして申し訳御座いません。

食事と寝るとき以外は外出してます(家の近くで遠くに行きません)、トイレも外です。様子が変わる前は約5年前ぐらいは割りと肉付きもよく少し肥ってましたが、徐々に痩せてきて現在は肥ってた時の半分ちかく位に体重が減少してます、水は外出から帰って来ると飲みますがそう言えば良く飲むようになったと思います。今まで病気など無かったので病院に行ってないので病気の有無はわかりません。現在ゴールデンウィーク中なので病院が休みなのでゴールデンウィーク明けには病院に行きますが、それまでの対処法など有れば宜しくお願い致します。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
猫ちゃんは15歳と高齢ですし、体重減少や飲水量の増加、などの症状が以前からあったということであれば、今回の症状は外傷(例えば交通事故など)を除けば、慢性疾患、特に腎臓病(や心臓病、糖尿病)などに罹っておりいよいよ具合が悪くなったという可能性があるのではないかと思います。腎臓病により低カリウム血症になると筋肉に力が入らないため特に首が持ち上がらなくなる状態になります。
連休中も午前中は開いている病院がお探しになれば結構あるとは思います。
連休明けにしか病院に行けないということであれば、ご相談者様にお出来になることは、なんとかして猫ちゃんに食べてもらうことが非常に重要だと思います。
ただし、強制給餌は慣れていませんとなかなかできるものではないため、おいしくて食べやすい食事を用意してあげることになると思います。
ご記入いただきました病状からしまして、固形食はおそらく食べれる状態ではないと思いますので、スープ状の食事がよろしいかと思います。
例えばモンプチのピュアスープなどが候補になると思います。これをレンジにて少し温めて(温め過ぎないことです。)あげると風味が増しますので食欲が出て舐めてくれるかもしれません。
また例えば赤ちゃんを拭くときに使用するような柔らかい布巾で清潔なものを利用してそれにスープを含ませて、猫ちゃんの口に含ませるようにして与えるという方法もあると思います。
またスポーツドリンクであればそれを3倍に水で希釈して(原液は濃いため)それを湿らせた布で口に含ませてあげるなどで水分を少しでも摂れるようにされることをお勧めいたします。
状況としましては、なかなか厳しいものがありますが、できれば連休中に開いている病院を探して受診されますことが一番よろしいかとおもいます。
それがやはり難しいということであれば、上記のような方法にて水分をなんとか摂らせてあげることをお勧めいたします。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問