JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

5才(体重4キロ弱)の避妊済みの雑種(長毛)雌猫 完全室内飼いです 2〜3年前からお腹の毛がうすく地肌が見えてるこ

ユーザー評価:

5才(体重4キロ弱)の避妊済みの雑種(長毛)雌猫 完全室内飼いです
2〜3年前からお腹の毛がうすく地肌が見えてることでお聞きしたいです
年に1度ワクチンをうってもらっている先生に聞いたところ
「抜けているのでは無く、ざらざらした舌でなめる為に毛が切れている」との説明でした
最近は前足の内側のあたりまで盛んになめている為、お腹からすねまでうすくなってきています
ストレスとかなのか
ノミ等の為にかゆみがあるのであれば
どんな検査をしてもらえばいいのでしょうか
このままにしておいていいものか
気になりながら月日が経っています
食事も排泄も問題無く過ごしています
それと関係は無いと思いますが
避妊手術は腹腔鏡手術でしましたので
剃りはしましたがお腹は切っていません
術後は毛も生えて普通に毛繕いをしていました
2年後くらいからお腹をなめまくり始めた感じです
よろしくお願いします
こんばんは。
5歳の避妊雌の猫ちゃんで、お腹の毛とすねまで毛が薄くなっているということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
お腹やすねの毛の薄いのは左右対称でしょうか?
4kg弱とのことですが、太っている、あるいはお腹がぽってりしているでしょうか?
皮膚に赤いポツポツなどの湿疹はありますでしょうか?
ノミダニ予防はされてはいないでしょうか?
今までにされた検査は毛を調べる検査位でしょうか?
ご返事お待ちしております。
すいませんが、一旦席を外しますので、ご返答させていただきますのは、明日未明になります。
それまでの間に、私の方からさせていただきましたご質問にお答えしていただけますでしょうか。
また便に毛が混じっているかどうかや、毛玉を吐くことが週何回位あるかもおしえていただけますでしょうか?
宜しくお願い申し上げます。
質問者: 返答済み 2 年 前.

返事が遅くなりすみません

左右対称に薄いです

太っているというほどのお腹ぽってりではありません

皮膚に赤いポツポツはありません

白いお腹に疎らに薄く毛が生えている と言った感じです

1才くらいの頃に一度ノミ予防の薬を首のところにしたことがあります

その後は毛の検査等はしていません

1日に1回は便に毛玉が混ざっています

吐くことは月に数回ですが

カリカリを食べた直後以外は、ネコ草か透明な液状のものです

ご返事ありがとうございます。
ご記入いただきました猫ちゃんの症状からは、緊急性は無いと思います。
完全室内飼育(ベランダなどにも出ない)ということであれば、ダニが付く可能性はほぼないと思います。
しかし皮膚病の場合、ノミ予防はされておかれることをお勧めいたします。
検査によってノミを見つけることは困難な場合も多いので、一般的には月1回背中側の首に垂らすタイプのノミ予防薬(アドバンテージやレボリューションなど)を数か月つけてみて皮膚の状態が改善するかどうかを観てみることが一般的です。
改善が無い場合には、ノミによる痒みや炎症の可能性はほぼないと言えます。
またこれも試験的治療になりますが、抗生剤と抗ヒスタミン剤を2-3週間飲ませてあげることで、症状の改善があるかどうかを調べることもしばしばなされます。
感染症が除外できた場合には、他に心因性(ストレスなど)、アトピー性皮膚炎、などが考えらえます。
心因性の場合、最初は暇なので、毛づくろいをしている程度のことが、だんだん過剰に毛づくろいをし過ぎて毛が薄くなるという場合があります。
このような場合にも抗ヒスタミン剤(アタラックスなど)が有効な場合があります。
あるいはジルケーン(ミルク由来のカゼインを成分とする、心を落ち着かせるサプリ、副作用はないとされています。)のようなサプリを使用されることで、ストレスが軽減されて舐めなくなることもあります。
検査の方法としましては、他にカビの培養検査(毛を培養ビンに入れてカビが育ってくるかを調べる検査、10-14日で結果判定できます。)、麻酔下にて皮膚の一部を切り取って調べる検査(皮膚バイオプシー検査)などがあります。
血液検査にて好酸球の増加などアレルギーの兆候がないかどうかを調べてみて、効きそうであれば、ステロイド(プレドニゾロン)の内服を飲んでみることが有効な場合があります。特に痒みを伴う場合には有効です。
しかしこの治療で完治することはないので、皮膚のかゆみを抑えることが治療の主たる目的になります。
長毛種ということですので、日頃からブラッシングしてあげて(1日3分程度)、抜け毛のケアをしていただくことは重要だと思います。
また猫によっては関節の痛み(関節炎)が原因で皮膚を舐めている場合もあります。
その場合にはNsaidsの消炎剤を使用することで、一時的に症状が改善する場合があります。
月に数回の嘔吐ということであれば、それほど回数が多いというわけではないですが、毛玉を吐くということであれば、ラキサトーンなどを舐めさせてあげて、消化管での毛玉の鬱滞を予防することで、胃のむかつきなどからくる不快感を軽減できるかもしれません。
印象としましては、心因性やアトピーの疑いが強いと思いますが、感染症による脱毛はしっかり除外する必要があるため、ノミ、細菌、カビなどは治療や検査をされてしっかり除外しておくことをお勧めいたします。
皮膚病の診断は除外診断(つまり原因となりうる可能性を消去していく方法)になりますので、時間が多少かかりますが命の危険のある病気ではないため、数か月単位でじっくり治療や検査をされることになります。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございました

このサイトでは1ヶ月前に脱走騒ぎがありお世話になり、以前から気になっていた毛のことを聞いてみようと思い相談しました

まず。ノミ、細菌、カビ等の検査を確認して 他の要因もあたってみます

詳しい説明をありがとうございました

ご返事ありがとうございます。
脱走のときのご質問欄も拝見しました。何かストレスでもあるのでしょうかね。
猫ちゃんとの生活をより楽しく過ごすためには、猫のことを良く知ることも重要です。
もう読まれているかもしれませんが、ねこのきもち などの雑誌は負担の予防やお手入れなど含めまして獣医師でもためになることが書いてありますので、参考になさってみてください。
また何かございましたらご連絡いただければと思います。
お大事にしてください。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問