JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

来月3歳になるブリティッシュショートヘアのメス猫を完全室内飼いをしています。6ヶ月で避妊手術をした以外には特記する既往歴はありません。体重は6kg程度です。先週日曜、今週日曜日に起

質問者の質問

来月3歳になるブリティッシュショートヘアのメス猫を完全室内飼いをしています。6ヶ月で避妊手術をした以外には特記する既往歴はありません。体重は6kg程度です。先週日曜、今週日曜日に起きた症状について質問です。激しめの追いかけっこの途中、急に遊びを止めてゆっくりと伏せてしまい、視線がぼーっと虚になる状態を呈しました。2回とも、20秒前後で自分で起きて歩き、また伏せて休憩し、その後に食事をして寝てしまいました。目視での明らかな呼吸苦などはありませんでした。寝て起きてから食欲や活気、排泄などはいつもと変わりません。
二度とも激しめの運動中であったため、心筋症などのしっかんではないかなど心配しております。明日かかりつけ医で心エコー予定でおりますが心配です。
追加情報 (オプション):
性別: 男性
年齢: 2
猫のニックネーム: すみれ
試行済み:
一度めな症状が出た際はかかりつけ医に夜間電話し、経過観察の指示に従った。二度目の症状の翌日に再度かかりつけ医に電話し、明日の心エコー検査予定となりました。
料金を編集する
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
3歳の猫ちゃんで、運動の途中でうずくまったということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
走り回っている最中に突然うずくまったということでしょうか?
そのとき、口を開けて呼吸していましたでしょうか?
目が左右に揺れる症状はなかったでしょうか?
他の質問欄にて、再投稿されていますが、より具体的にはどのようなことをお知りになりたいのでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.
走り回っていて急に走るのをやめてゆっくり伏せるような形になり、ぼーっとしました。二回目3回目はやや体が左右に揺れる感じを伴いました。印象としてはぱたっと倒れたりするより下半身からよろよろという感じです。いずれも数十秒でまた歩き出し、その後にむしゃむしゃ食事をします。口呼吸や鼻翼呼吸はありません。目は揺れるというよりぼーっと一点を見る感じです。昨日かかりつけ医受診で心雑音が確認されました。心エコーは興奮しすぎてぎゃくに発作を誘発しかねないし負担になる恐れから断念しました。しかし症状と聴診か 肥大型心筋症疑いとしてACE阻害薬が開始になりました。
ここ数日できになる症状としては、運動中の異変の他には、横になっていることが多い、床の匂いをかぐことご増えた、毛づくろいが増えた、などです。
やはり心筋症でしょうか。
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
まずはじめにどんなに詳しくご記入いただきましても問診や文章だけから心筋症かそうでないかを診断することはできませんのでご了承くださいね。
2回目3回目ということは、立て続けにおきたということでしょうか?それともそれぞれ単発でおきたことなのでしょうか?
心筋症からご記入されたような症状がおきるとしたら、心臓からの血液の駆出障害による脳への血流低下による一時的な低血圧や低酸素状態による失神や意識障害(ぼーとしたりふらついたり)ということになります。
だとしたら、少々休むことで心拍が落ち着いて血流状態が改善すれば、もとに戻ります。
その時心臓でなにがおきるか、可能性としては、不整脈、心拍数の上昇による空打ち状態の2つが考えられます。
この可能性を調べるために、まずはしっかり聴診をした後に、心電図検査が必要になります。
心臓の断層像を調べるためにはエコー検査が必要になります。
心筋症にはいろいろなタイプがあるために、主治医の先生のように肥大型心筋症と決めることはできないですが、心臓に関係した症状の疑いはあると思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ありがとうございます。
診断ができないことは重々承知しております。
発作ですが、一回目は二週間前、二回目はその一週間後、3回目はその三日後、そして昨日午前中に受診してからの帰宅後昼に一回と夜に一回です。激しい運動は避け、本人が遊びたがりおもちゃを咥えてきたときなどに様子を見て遊ぶようにしています。三回目以降の発作は運動強度を抑えていたせいか発作も軽かったように思います。
主治医の先生は検査に激しく抵抗しパニックになることでの心臓への影響を考えてエコーや採血などを中止されましたが、やはりしたほうがいいのでしょうか。
発作の出る間隔が短くなっているので心配です。排泄や食欲に変化はありません。
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
検査をした方がよいかどうかということにつきましては、恐らくほぼすべての獣医師がした方がよいとお答えすると思います。
ただ、ご相談者様の猫ちゃんは検査しようとすると、異常に興奮するため、検査をしたくてもできないということなのです。
そのために、主治医の先生は診断的治療(つまり仮に心臓が悪いものと仮定して治療をしてみてその効果を注意して観てみる。)をされています。
これによって症状が改善する場合には、やはり心臓が悪い、という可能性(あくまでも可能性です。確定診断ではないです。)が高くなると思います。
できれば検査をしたほうがよいのは決まっているのですがそれが難しいため、今現在は薬を処方して猫ちゃんの症状がどう変わるか見ている段階に入っています。
そのため、ご相談者様が今するべきことは、処方された薬をしっかり飲ませてあげて、猫ちゃんをできるだけ安静に保ち、同じような症状がでないかどうかを、注意して観てあげることなのです。
薬の効果を判定するためにはだいたい最低でも2週間位飲ませてみる必要があります。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ありがとうございます。
先生の仰られること、頭では理解しておりましたが、改めて反芻いたしました。
最愛の猫のこと、過度な医療を望むことではなく、寄り添い不安を軽減し、最善を尽くしたいと思います。
しかし不安な気持ちでいっぱいで情けなく思います。
発作が出始めてからは過度な運動を避け、本人がおもちゃを咥えて持ってきたりした際に運動負荷を避けた遊びをごく短時間で行うようにしています。また、びっくりするようなことをさけるよう気をつけております。
また、食事摂取量、排泄、発作が起きた場合はその状況や時間、などを記録しています。
他にすべきことはありますでしょうか。また、気をつけることなどありますでしょうか。
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
今は薬の効果やできるかぎり安静することで、症状が改善するかどうかをためしに観察している段階です。
発作のような症状は毎回数十秒続いて回復するということであれば、可能であればデジカメや携帯を手元に置いておき、猫ちゃん今度同じ症状がでたときにすかさず動画撮影されることをお勧めいたします。
それを主治医の先生に見せていただくことで、診断の助けになる可能性があります。
またグッタリしたときの心拍数も数えられるように、日頃から猫ちゃんの前胸部に手を当てるか股動脈に指を当てて心拍数が分かるようにされることをお勧めします。
10秒で何回拍動したかを数えて、それを6倍すれば、1分間の心拍数が計算できます。
詳しいやりかたは次回受診の際に主治医の先生に教えていただくとよろしいかと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ありがとうございます。
あわてず、昨日から開始したフォルテコールの内服で経過を見ていきたいと思います。
HR計測ですが、お腹に手を当てられるのを好まず、嫌がられてなかなかできません。又動脈も同様です。
発作のような症状はメディアに記録してみます。
今は横になっていることが多いですが、部屋を行き来したり、おもちゃを咥えて待ってきたり、キャットタワーに登り外を眺めたり、食事、トイレ足にすりすりとしてきたりはします。
今現在、RRは安静時で24〜26回/分、部屋の行き来や机などに飛び乗ったりした後など軽度の労作後で30後半から40前半です。
全く遊ばなくするのもストレスになると思い、以前発作が出たときのような動きは含めないごく短時間のものを様子を見ながらならつづけていいでしょうか。もちろん猫から遊びを求めてきたときに限ります。
心エコーなど詳しい評価ができずにいるため心筋症疑いと考えてもどの程度なのかわからず不安です。呼吸苦や食事を摂らないなどはないため、安静と内服で様子を見ていくことで、あまり慌てなくて良いと考えてもいいでしょうか。もちろん急に症状が悪化する可能性があることは承知しています。
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
心臓病の場合は運動による心拍数の増加を極力避ける必要があります。
軽度の運動でも思わぬ負担になっていることがあります。
まずはここ2週間は原則運動はなしにしていただき、症状がおきないかどうか様子をみることをお勧めいたします。
冷静に経過を観察する時期であることは繰り返しお伝えしてあります。
質問者: 返答済み 2 年 前.
わかりました。
おもちゃはしばらく隠しておこうと思います。
猫が自分の意思で動いているのはそっと見守ります。
ありがとうございます。
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
お大事になさってください。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問