JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

はい。トイプードル6歳メスです。14日に針で5ミリくらいのいぼを検査したら肥満細胞腫と判断されました。

質問者の質問

はい。トイプードル6歳メスです。14日に針で5ミリくらいのいぼを検査したら肥満細胞腫と判断されました。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
6歳のトイプードルのワンちゃんが肥満細胞腫と診断されたということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
ご質問としましては、治療をどうしたらよいかということでしょうか?
なるべく具体的にご質問をご記入お願い致します。
またワンちゃんに今現在吐き気など消化器症状はないでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

21日にオペするんですが。針さしたところの周りの皮膚が少しピンクがかっていて、悪いものが広がったのかと心配で。。。犬は元気です。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
21日に切除するということですね。
肥満細胞腫は犬の場合、基本的は悪性腫瘍になります。ヒスタミンを腫瘍細胞が放出するため、じんましんのような感じの皮膚炎がでる可能性があります。
手術の時には、出来物周辺の皮膚も広範囲に切除しますので、取り残しはないようにされるとおもいます。
肥満細胞腫なので、もしその皮膚炎が気になるようでしたら、様子を見ないで受診されて、先生に皮膚の状態を確認していただくことをお勧めいたします。
必要に応じてステロイドの注射や抗ヒスタミン剤の注射をしていただくことをお勧めしたいです。
とりあえず手術までは、ステロイド、抗生剤、胃薬、などを処方されているかと思いますが、もしされていないのであれば、やはり受診されて薬を処方していただくことをお勧めいたします。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。一週間もあけて大丈夫なのか不安で不安で。。薬は塗り薬だけいただいています。

質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。一週間もあけて大丈夫なのか不安で不安で。。薬は塗り薬だけいただいています。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
肥満細胞腫と一口に言いましても、悪性度が高いものから低いものまであります。
そのため、切除した組織は必ず病理検査に提出して、分裂細胞数などを調べて悪性度をしっかり評価する必要があります。
確かになるべく早めに切除したほうが、不安が少ないとは思いますが、手術まで時間がかなり悪場合には、やはり、塗り薬だけでは、心配なようでしたらば、本日中に受診されて、皮膚の状態を確認していただき、必要に応じて飲み薬を処方していただく方が望ましいと思います。
1週間待っている間にどんどん皮膚炎が酷くなる可能性ないとは言えませんので、このまま不安な状態で待つのは心労が大きいでしょう。
少なくともその皮膚炎の範囲を含めて塗り薬をしっかりつけることをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

私が心配なのは、マージン3センチでよかったものが、時間おいたことによって、病理検査でステージが上がってしまうんじゃないかって。。。ピンクになってる皮膚にもう広がってるんじゃないかって。。。だから3センチ取っても取りきれないんじゃないかっておもうのです。。はっきり言ってどう思われますか?

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.

ご返事ありがとうございます。

悪性度が上がることはないです。

悪性度が高い場合に大きくなるスピードが速いということです。

皮膚の辺縁から3cmで切除するということであれば、腫瘍がおおきくなればそれだけ大きく広く切り取ることになるということです。 そのため切除は可能です。

1週間の間に切り取る範囲が広がらないように、必要ならば注射や内服をすることが望ましいです。切り取る範囲が広がればそれだけワンちゃんの負担が大きくなりますので。

質問者: 返答済み 2 年 前.

腫瘍自体はもうわからないくらいになってます。ピンクの皮膚のところに広がってるんじゃないかって、その部分も切除するとなったら大変な大きさになるので。。皮膚炎とかじゃなくただ他よりピンクいろなんです。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
いぼは5mmでしたよね。私は皮膚のピンクの範囲は何センチかまだお伺いしてませんが、何センチですか?
そのことは主治医の先生伝えてあるのでしょうか?
先生にそれを診せることを躊躇される理由は何でしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

先生が1週間に1日しか担当じゃないんです。。。

周囲は10センチくらいです。。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
直径10cm位ということですね。
場所にもよりますが、体の背中とかであれば、切除可能です。
ただし今後もどんどん広がる可能性があるため、やはり一度受診されることをお勧めいたします。
担当の先生が週1回しか来ないとしても他の先生がその担当者と連絡を取って適切に治療してくれるはずです。
ご自宅でじっとしているのはよろしくないです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

いま行ってきました。

ヒスタミンのせいだろうと。

赤くなるのはまれだけど、針で刺したから腫瘍が広がったということじゃなく、ヒスタミンが反応しえるんだろうとのこと。

今心配もわかりますが、病理検査の結果後だと。

場所は右腕脇の少し背中よりです。

アガリクスとβグルカン飲ませてるせいでしょうか。。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
アガリスクやβグルカンが原因ではないです。
先生が診た所見ではFNAをして針を刺したので、肥満細胞腫からヒスタミンが放出されて、そのため、皮膚にアレルギー反応が生じて腫れたということだと思います。
脇の部分であれば、皮はたっぷりあるため、しっかり切除すれば、取り残すことはないと思います。
注射を打っていただくとか飲み薬をいただいくかされたでしょうか。
質問者: 返答済み 2 年 前.

いいえ。なにも。アレルギー反応したところは取らなくていいんですか?

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.

ご返事ありがとうございます。

返答が遅くなりまして申し訳ございませんでした。

赤くなっている部分につきましては、それがアレルギー反応による炎症だけであれば、その部分には腫瘍細胞は広がっていませんので、切除しなくても大丈夫ということになります。

腫瘍細胞が広がっていないかどうかにつきましては、針で刺して調べてみて腫瘍細胞があるかどうかで、調べることになると思います。

質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。心配で涙がでます。

明日です。怖いです。家族は心配しすぎと非難されるので誰にも言えません。祈るしかありません。うまく取りきれるように。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
内臓の腫瘍などではなくて皮膚を切除する手術ですから、手術自体はそれほどワンちゃんの負担にはならないと思います。
また何かございましたらご連絡いただければと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。

少し眠れそうです。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
ご相談者様も明日の手術に向けてワンちゃんと一緒に体調を整えてください。