JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

昨日、飼い猫が猫伝染性腹膜炎の可能性が高いと診断されました。現在の猫の様子は、元気消失と食欲不振がみれ、体重は軽くな

解決済みの質問:

昨日、飼い猫が猫伝染性腹膜炎の可能性が高いと診断されました。現在の猫の様子は、元気消失と食欲不振がみれ、体重は軽くなり痩せた印象です。多頭飼いはしておらず、純血の完全室内猫です。生後一歳8ヵ月です。
インターネットや獣医師からの説明で、根治は難しく、対処療法しかまだない病気だとしりましたが、一日でも永く、生きていて欲しいのです。昨日退院し錠剤の抗生物質と抗炎症の薬を処方され、与えています。免疫力をあげるために食事や睡眠、トイレへのストレスがないよう考えていますが、食べる量はすくなく、水も飲みません。症状が良くなる方法は、ありませんでしょうか。最後まで諦めませんが、最後が来るとは思いたくないのです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
猫ちゃんが猫伝染性腹膜炎の可能性が高いということですね。
猫伝染性腹膜炎の場合には残念ですが、今のところ有効な治療方法は見つかっていません。
対症療法として、今処方されているような抗生剤、輸液療法(皮下点滴など、特に食欲のない場合特に重要)、栄養管理(必要ならば経鼻カテーテルや食道チューブの設置)、輸血療法(貧血が進行した場合などに)、また抗炎症療法としてプレドニゾロン(恐らく今処方されている抗炎症剤)による治療になります。
インターフェロンは効果がはっきりしないとされています。
最終的に猫ちゃんの具合が良くなるかどうかは、今のところ人知のおよぶところではありませんが、最後まで今できる治療をしっかりされることをお勧めいたします。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問