JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

昨年7月に保護した成猫の雄です(年齢不明)。 8月に元気がなくなり、リンパ節腫脹がみられ、呼吸が浅く早くなりました

解決済みの質問:

昨年7月に保護した成猫の雄です(年齢不明)。
8月に元気がなくなり、リンパ節腫脹がみられ、呼吸が浅く早くなりました。確定診断ではありませんが、臨床症状から悪性リンパ腫とのことで、抗ガン剤ではなくステロイドでの治療を受けることにしました。
幸いお薬に反応がよく、リンパ節腫脹も消失し、調子がよかったのですが、2月末に腹水胸水が溜まりました。
原因を調べるために、血液検査とレントゲンを撮りました。
強度の貧血、アルブミンの低下等が認められ、レントゲンでは、肺葉の境界に白い影(水)があり、心臓はぼんやり写っている状態、腹膜は途中からぼやけてきれいに見えないということで、猫伝染性腹膜炎との診断を受けています。
水を抜くには麻酔のリスクが高いということ、またステロイドの反応がよかったことからも、今回もステロイドでの治療を受けています。
その後胸水が増え、肩呼吸になったため、ラシックスを投与してみました。
それが、効いて水が抜けていたのですが、昨夜くらいからまた呼吸状態が悪化しています。
現在は呼吸数60回くらい、鼻翼呼吸の状態です。
かかりつけの病院がお休みで、連絡が撮れなかったのですが、この状態で、ステロイドを使用してもよいでしょうか?
皮下注用のお薬をもらっています。
少しでも楽になってもらいたいのですが、使用するこので悪化させてはと、躊躇しています。
もちろん、今すぐ夜間救急を受診した方がよいのはわかっているのですが、受診が負担になりそうです。
多分最後も近いのだと覚悟はしていますが、今自分に出来ることが、あれば教えていただけないでしょうか。
宜しくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
japavet :

こんんばんわ

japavet :

ご質問ありがとうございます。

japavet :

それは心配ですね。

japavet :

正直なところ、文面だけで判断するのは困難であることはご理解ください。

japavet :

そのうえでのお話ですが、ステロイド剤を今日打って、それで一気に悪化するということは考えにくいです

japavet :

効果があるかどうかはわかりませんが、打ってみるメリットとデメリットを考えたときに

japavet :

打つメリットの方が大きいかと思います。

japavet :

今できることをとなった場合にはステロイドの注射しかないかと思います。

japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問