JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

一月前、別の飼い猫が目やにを出していたので、動物病院で目薬をもらい、治療していました。順調でしたので、もう一匹の飼い

解決済みの質問:

一月前、別の飼い猫が目やにを出していたので、動物病院で目薬をもらい、治療していました。順調でしたので、もう一匹の飼い猫に、眼病予防のつもりで、薬を指したところ、飛び上がって痛がった?感じでした。その後、目やにが止まらなくなり、動物病院で見てもらったら、風邪だと言われ、2週間効くという抗菌剤?の注射を受けました。鼻風邪のようでもあったので。めやには止まらず、目薬は続けたほうがいいということで、一日数回指しましたが、悪化。目薬をジェル状のものに代えて、目に塗り込みましたが、目に白い膜がかぶった状態になり、いかにも変だと思って、2~3日後に、また動物病院に飛んでいって訴えたところ、角膜が腫瘍?とか、陥没?といわれました。ヒアレイン0.3%のミニ点眼剤2日分をもらい、2日後にまた見せてくださいと言われました。その猫は、腎臓を患っていて、2年前から4日置きに点滴を受けていますが、2回、危険な状況を脱しており、信頼のできる先生です。しかし、猫の目の状況から、どうしたものか悩んでいます。アドバイスをください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ
ご質問ありがとうございます。
おそらく角膜潰瘍かと思います。
角膜潰瘍は外傷やひどい炎症などに続発します。
今の目薬に変えて調子はどうですか?
また、目をこするなどはしていないですか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

たぶん、はじめの目薬で炎症を起こしたと思われます。点眼薬から、ジェルに代え、また、ストップして、ヒアレインで様子見2日間。

右目のみ点眼薬をさしたので、右目のみその状況です。明日、また連れて行って、見てもらいますが、右目をつぶったままです。

このままで

質問者: 返答済み 2 年 前.

たぶん、はじめの目薬で炎症を起こしたと思われます。点眼薬から、ジェルに代え、また、ストップして、ヒアレインで様子見2日間。

右目のみ点眼薬をさしたので、右目のみ、その状況です。明日、また連れて行って、見てもらいます。目をこすったりは、していませんが、片目をつぶったままです。

このままで良いのか、心配でなりません。

質問者: 返答済み 2 年 前.

追伸

目を失明するおそれがないか、この治療の方向でいいのか、

教えてください。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.

返信ありがとうございます。

角膜潰瘍の治療は基本的に、ヒアレインなどによる角膜の保護と、抗生剤の点眼による感染予防です。

それでもよくならない場合は、自己血清の点眼や、イヌ用コンタクトレンズによる保護いうものもあります。

ですので、ヒアレインは治療法としてはあっていると思います。

明日の状態がよくなってなければ治療方法を上にあげたような方法に変えてもらう必要があります。

失明の恐れは絶対にないとは言い切れません。

今の治療でよくなってきているのかを明日しっかり診てもらってください。

質問者: 返答済み 2 年 前.

別の猫の点眼薬を使用した時、炎症を起こしたのか、それともやはり風邪から発症したのでしょうか?

目に薄い膜が張っている状態が続いてますが、何か良い方法はないのか、治療のもっと具体的な方途を知りたいです。

いまでは、言われるままに1ヶ月過ぎても、改善していないので焦っているのですが・・・。しかたないのですか?

有効な治療法を是非教えてください。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.

点眼薬による炎症なのか、風邪なのかは文面からだけでは申し訳ありませんが、わかりようはありません。

具体的な治療法は先ほど書いた通り、

1.ヒアレインや抗生剤による点眼

2.自己血清点眼

3.犬用コンタクトレンズ

それでもよくならなければしゅん膜フラップなどの外科的方法です。

japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中